ゴルフのメジャーとは?格付けが一番高い大会と普通のツアーとの違い

スポーツにはゴルフに限らずメジャーと呼ばれる大会があって、格付けが普通の大会よりも高く注目度が数段上がります。

ゴルフでは年に海外・国内ともに数試合のメジャー大会がありますが、そもそもメジャーとはどんな意味なのでしょうか?

また、メジャー大会の中でも格付けが一番高い大会と普通のツアーとの違いも気になります。

今回は、ゴルフのメジャーとは何か、その意味と格付けが一番高い大会、普通のツアーとの違いなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフのメジャーとは?

ゴルフのメジャーとは、ゴルフの大会において最も権威のあるトーナメントの総称をいいます。

ちなみに、同一年にすべてのメジャー大会で優勝することを「グランドスラム」と呼んでいます。

海外ツアー(アメリカツアー)では、男子4大会、女子5大会、国内ツアーでは男子・女子それぞれ4大会のメジャー大会があります。

それぞれ見ていきましょう。

ゴルフのメジャー大会~海外男子ツアー(アメリカツアー)

海外男子ツアー(アメリカツアー)では、メジャー大会は4試合です。
開催コースは、マスターズのみ固定で、他はローテーションでの開催となっています。
開催時期は、2019年から全米プロゴルフ選手権が5月開催(それまでは8月開催)となり、4月~7月にメジャー大会が毎月1試合開催される日程となりました。

マスターズ
コース:オーガスタ・ナショナルGC(アメリカ・ジョージア州)
4月開催

全米プロゴルフ選手権
コースはローテーション
5月開催

全米オープンゴルフ
コースはローテーション
6月開催

全英オープンゴルフ
コースはローテーション
7月開催

ゴルフのメジャー大会~海外女子ツアー(アメリカツアー)

海外女子ツアー(アメリカツアー)のみ、メジャー大会の試合数は5試合です。
開催コースは、ANAインスピレーションとエビアン選手権は固定で、他はローテーションでの開催です。
開催時期は、2019年からエビアン選手権が7月開催(それまでは9月開催)となり、4月~8月にメジャー大会が毎月1試合開催される日程となっています。

ANAインスピレーション
コース:ミッション・ヒルズCC(アメリカ・カリフォルニア州)
4月開催

全米女子オープンゴルフ
コースはローテーション
5月開催

全米女子プロゴルフ選手権
コースはローテーション
6月開催

エビアン選手権
コース:エビアン・リゾートGC(フランス)
7月開催

全英女子オープンゴルフ
コースはローテーション
8月開催

ゴルフのメジャー大会~国内男子ツアー

国内男子ツアーでは、メジャー大会は4試合です。
開催コースは、日本ゴルフツアー選手権とゴルフ日本シリーズが固定で、他はローテーションでの開催となっています。

日本ゴルフツアー選手権
コース:宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)
6月開催

日本プロゴルフ選手権
コースはローテーション
7月開催

日本オープンゴルフ
コースはローテーション
10月開催

ゴルフ日本シリーズ
コース:東京よみうりカントリークラブ(東京都)
12月開催

ゴルフのメジャー大会~国内女子ツアー

国内女子ツアーでは、メジャー大会は4試合です。
開催コースは、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップとLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップが固定で、他はローテーションでの開催となっています。

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ
コース:茨城ゴルフ倶楽部
5月開催

日本女子プロゴルフ選手権
コースはローテーション
9月開催

日本女子オープンゴルフ
コースはローテーション
10月開催

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
コース:宮崎カントリークラブ(宮崎県)
11月下旬 or 12月上旬開催

スポンサーリンク

ゴルフのメジャーで格付けが一番高い大会は?

続いて、ゴルフのメジャーで格付けが一番高い大会はどの大会なのでしょうか?

これは海外ツアー(アメリカツアー)と国内ツアーでやや異なるようです。

格付けが一番高いメジャー大会~海外ツアー(アメリカツアー)

海外ツアー(アメリカツアー)では男女ともに全米オープンゴルフ(全米女子オープンゴルフ)が格付けが一番高いメジャー大会といっていいでしょう。

理由としては、

・賞金の高さ

・コースの難易度

の2つがあげられます。

賞金に関しては他のメジャーの賞金額を大きく引き離しており、文句なしといったところです。

コースの難易度に関してもラフの深さ、グリーンの速さ・硬さなどどこをとってもツアー随一の難しさで実力世界一を決めるにふさわしいといえるでしょう。

格付けが一番高いメジャー大会~国内ツアー

国内ツアーにおいては、コースの難易度においては海外ツアー(アメリカツアー)と同様、男女ともに日本オープンゴルフ(日本女子オープンゴルフ)が実力日本一を決める大会としてふさわしいといえるでしょう。

ところが、賞金額を見てみるとメジャー以外の普通のツアーが頑張っていることもあって、高額なのは間違いないのですが実力日本一に見合う賞金額になっていないのが現状です。

国内ツアーではこのあたりをどう見るかですが、筆者としては日本オープンゴルフ(日本女子オープンゴルフ)に賞金を増額してもらって名実ともに格付けが一番高いメジャー大会になってほしいと思います。

ゴルフのメジャーと普通のツアーとの違い

ところで、メジャー大会は権威があるからメジャー大会なのですが、具体的には普通のツアーとの違いはどんなところにあるのでしょうか?

普通のツアーより何かと得られるものが大きいからメジャーと呼ばれるわけですが、普通のツアーとは主に次のような違いがあります。

・優勝した時には普通のツアーより長期のシード権を獲得できる

・各種ランキングの加算ポイントが大きい

・賞金額が大きい

・他のツアーの出場権を獲得できる

賞金王(賞金女王)になった場合にも同じようなメリットがありますが、メジャーでは1試合単発の優勝で獲得できるという違いがあります。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフ賞金王になるとどうなる?特典・メリットには何がある?

まとめ

今回は、ゴルフのメジャーとは何か、その意味と格付けが一番高い大会、普通のツアーとの違いなどについて見てきました。

ゴルフのメジャーとは、ゴルフの大会において最も権威のあるトーナメントの総称をいい、海外男子ツアー(アメリカツアー)と国内男子・女子ツアーは各4試合、海外女子ツアー(アメリカツアー)のみ5試合となっています。

格付けが一番高いメジャー大会は、海外ツアー(アメリカツアー)では男女ともに全米オープンゴルフ(全米女子オープンゴルフ)、国内ツアーでは難易度で日本オープンゴルフ(日本女子オープンゴルフ)ですが、賞金額では普通のツアーも頑張っています。

メジャー大会は普通のツアーと違い、長期のシード権や各種ポイントなどを獲得できるためゴルファーにとってメリットが大きい大会です。

そこに伝統と歴史も加わりますから、大きな名誉にもなります。

コメント