ゴルフの賞金配分の仕組みは?何位まで出てタイの場合はどうなるの?

ゴルフのトーナメント中継を見ていて気になるのが賞金何位まで出るのか、また順位がタイの場合は賞金はどう配分される仕組みになっているのかということです。

賞金は優勝賞金にばかり目が行きがちで、一試合で何千万円も手にできるのを見ると羨ましくもなったりしますが、はたしてゴルフの賞金配分の仕組みはどうなっているのでしょうか?

今回は、ゴルフの賞金配分の仕組みはどうなっていて、何位まで出てタイの場合はどうなるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフの賞金配分の仕組み~賞金は何位まで出るの?

プロゴルフのトーナメントでは、予選通過すると賞金が受け取れる仕組みになっています。

予選を通過できる順位は、男子ツアーと女子ツアーで若干の違いがあり、国内男子ツアーでは60位タイ、女子ツアーでは50位タイまでが予選通過ラインとなっています。

男子ツアー60位タイ、女子ツアー50位タイまでなので、実際にはこれ以上の選手が予選通過することが多くなります。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの予選通過の仕組みは?決勝進出のスコアはどれくらい?

この予選通過するかどうかが分かれ道で、予選通過した選手には賞金が出ますが、予選落ちした選手は賞金ゼロとなります。

予選落ちすれば交通費や宿泊費、ラウンド代、キャディ費などすべて選手の自費となり大赤字になってしまいます。

予選通過するかどうかは、まさに天国と地獄です。

したがって、ゴルフの賞金は何位まで出るかは男子ツアー60位、女子ツアー50位までとなります。(国内ツアーの場合)

ただし、予選通過したアマチュアの選手は除きます。

スポンサーリンク

賞金配分と賞金額の仕組み

続いては賞金配分を見ていきたいと思います。

国内男子ツアーを例に見ると、優勝賞金は賞金総額の20%、2位10%、3位6.8%となり、以下順位が下がるにつれて賞金配分率が低くなる仕組みで、65位以下は一律0.219%となっています。

具体的に賞金額でいうと、賞金総額1億円のトーナメントの場合、優勝賞金は20%で2,000万円、予選通過の60位(単独)は22万9,000円ということになります。

ちなみに国内男子ツアーは他のツアーに比べて優勝賞金の配分率が高いのが特徴で、優勝争いなどをする上位選手には手厚く、やっと予選通過しただけのような下位の選手には、言い方は悪いですが冷たい賞金配分率となっています。

しかし、それでも予選通過した選手にはある程度出場経費を賄える金額を保証したものとなっていて、赤字にはならないような配慮のある賞金配分率となっています。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの賞金の配分はどうなってる?男子・女子と海外・国内で違う?

優勝 賞金総額の20%
2位 10%
3位 6.8%
4位 4.8%
5位 4%
6位 3.6%
7位 3.3%
8位 3.05%
9位 2.82%
10位 2.62%

20位 1.26%

30位 0.7%

40位 0.46%

50位 0.276%

60位 0.229%

65位以下 一律0.219%

全米オープンは予選落ちでも賞金が出る仕組み!

ゴルフの賞金は予選通過すると賞金が受け取れる仕組みと説明してきましたが、これに当てはまらないトーナメントがあります。

世界一高額の賞金額を誇る全米オープンゴルフです。

なんと全米オープンゴルフは予選落ちした選手にも賞金が出るという破格のトーナメントだったのです。

順位が何位までとかそういったこととは関係なく賞金が出るという選手にとっては大変ありがたいトーナメントです。

2017年の全米オープンゴルフでは日本からは池田勇太選手、谷原秀人選手、今平周吾選手の3選が出場して残念ながら予選落ちしていますが、それぞれ1万ドルの賞金を獲得しています。

わざわざアメリカまで出かけて行って赤字にならずに済むかトントンになるかという賞金額ですが、賞金ゼロとはかなり違いますよね。

全米オープンゴルフのような賞金など選手にとって手厚いトーナメントは、やりがいのあるトーナメントといえるでしょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 全米オープンゴルフの賞金総額と優勝賞金はいくら?歴代優勝者も!

ゴルフの賞金はタイの場合はどう配分される仕組み?

ではもうひとつゴルフにおいて順位がタイの場合、賞金はどう配分されるのでしょうか?

順位がタイの場合は、シンプルにタイになった選手の人数で賞金を均等割りします。

例えば、2位タイの選手が3人の場合は次の順位は3位ではなく5位となり、賞金は2~4位の賞金を合算して3で割った金額となります。

同じように2位タイの選手が5人の場合は次の順位は7位となり、賞金は2~6位の賞金を合算して5で割った金額となります。

単独〇位になるか〇位タイになるかは賞金額の面で非常に大きく、時には単独かタイかでシード権がかかるような場合もあります。

選手にとっては、1打でも疎かにできないことがおわかりいただけると思います。

まとめ

今回は、ゴルフの賞金配分の仕組みはどうなっていて、何位まで出てタイの場合はどうなるのかを見てきました。

ゴルフの賞金は何位まで出るのかは、男子ツアー60位、女子ツアー50位までとなります。(国内ツアーの場合)

例外として、全米オープンゴルフは予選落ちした選手にも1万ドルの賞金が出ます。(2017年)

また、順位がタイの場合はシンプルにタイになった選手の人数で賞金を均等割りする賞金配分の仕組みとなっています。

時には単独かタイかでシード権がかかるような場合もあり、何でもない1mほどのパットにしびれるというのもわかるような気がしますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他のゴルフの賞金に関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 男子ゴルフの世界4大メジャー2018結果まとめ!賞金や優勝者も

☞ 女子ゴルフの世界5大メジャー2018賞金と優勝者は?結果総まとめ

☞ マスターズゴルフの賞金配分はどうなってる?優勝賞金と賞金総額は?

☞ ゴルフでアマチュアは賞金をもらえない?副賞もダメで寄付ならOK!

コメント