ゴルフが雨で中止の基準は?途中でやめるのもキャンセル料がかかる?

ゴルフは自然を相手にするスポーツですが、の日のゴルフが好きではない方も多いと思います。

少しぐらいの雨なら中止になるなんてことはありませんし、実際にコンペが雨で中止になったということも聞いたことがありません。

では、どの程度の雨ならゴルフが中止になるんか、その基準のようなものはあるのでしょうか?

また、キャンセル料も気になりますが、途中でやめるのもキャンセル料がかかるのでしょうか?

今回は、ゴルフが雨で中止の基準と途中でやめるのもキャンセル料がかかるのか、を見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフが雨で中止の基準は?

雨の日のゴルフが楽しいという人はあまり多くないとは思いますが、少々の雨では中心にならないのもゴルフというスポーツの特徴かもしれません。

ゴルフが雨で中止になる基準を数字で表すのは難しく、ゴルフコースの芝生(主にグリーンやフェアウェイ)の状態が大きいのではないでしょうか。

例えば、雨足が多少強くてもグリーンやフェアウェイの状態がプレーに影響なければ、中止になる理由もないともいえます。

つまり、ゴルフが雨で中止の基準はそのゴルフコースの芝生の状態次第といえるでしょう。

よって水はけのよいゴルフコースは多少の雨なら耐えられると思いますし、逆に水はけが悪くすぐに水が浮いてくるゴルフコースは中止になる可能性は高いと思います。

ただ、ゴルフコースの芝生の状態次第ではありますが、一応どの程度の強さの雨なら中心になるのか降水量による基準も見ていきましょう。

スポンサーリンク

降水量1mm以下の雨の場合

降水量1mm以下の雨であれば、弱い雨で、ほとんどプレーに影響を与えることはないでしょう。

雨といっても気になるほどのものではありません。

雨具もなしでいけますので、中止になることは考えられないレベルです。

降水量2mm前後の雨の場合

降水量2mm前後の雨が私たちが普通にイメージする雨ではないでしょうか。

プレーにも影響を与えますし、グリップや芝生の状態なども気になり始めるレベルです。

中心になるほどの雨ではありませんが、雨具を着用して雨に濡れながらのプレーとなります。

降水量3mm以上の雨の場合

降水量3mm以上の雨からは、強い雨で微妙な状況となります。

プレーにはかなりの影響を与えますし、グリップや芝生の状態なども注意しておかないといけないレベルです。

ゴルフコースの水はけの良し悪しや強い雨が降り続くのか、などで中止になるかどうかが決まるでしょう。

ゴルフが雨で途中でやめるのもキャンセル料がかかる?

ところで、ラウンドを開始する時には雨もたいしたことがなく十分にラウンドできるコンディションだったのに、だんだん雨足が強くなって途中でやめるとなった場合は、キャンセル料はかかるのでしょうか?

この場合、ゴルフコース側の判断でクローズドになった場合は、キャンセル料はかかりません。

自己判断で途中でやめる場合は、ゴルフコースによってさまざまです。

少しでもラウンドすれば通常通り100%の料金を徴収するコースもあれば、ハーフ終了から徴収、またはプレーしたホール数に応じて徴収する、などです。

次回のラウンドで使える食事券や割引券を配布して、プレーフィーは1ラウンド分徴収するというコースもあります。

雨で途中でやめるキャンセル料というよりは、プレーフィーといったほうがいいかもしれませんね。

ゴルフコースのキャンセル料~かかる?かからない?

続いて雨が降った場合のゴルフコースのキャンセル料の問題です。

前日まで天気予報をを見ながら雨だったらキャンセルしようという人も多いと思います。

ゴルフコースがクローズドになった場合は、当然キャンセル料はかかりません。

問題はクローズにならない場合ですが、ここまでゴルフが雨で中止になる基準を見てきておわかりのように、少々の雨でゴルフコースがクローズドになることはほとんどありません。

となるとゴルフコースはキャンセル料が発生することになるのですが、これがゴルフコースによって異なります。

最近は、直前にキャンセルしてもキャンセル料がかからないゴルフコースも増えているようです。

平日は特にそうです。

なのでキャンセル料に関しては、予約の際に確認しておくのもひとつの方法だと思います。

まとめ

今回は、ゴルフが雨で中止の基準と途中でやめるのもキャンセル料がかかるのか、を見てきました。

ゴルフが雨で中止の基準は、そのゴルフコースの芝生の状態次第で、降水量3mm以上でゴルフコースがクローズドになる可能性があります。

また、雨のため途中でやめる場合は、キャンセル料というよりはプレーフィーがかかり、料金はコースによってさまざまです。

最近は、直前にキャンセルしてもキャンセル料がかからないゴルフコースも増えているようですが、キャンセル料に関しては、予約の際に確認しておくといいでしょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの傘はなぜ大きいの?必要なサイズと使い方に秘密あり!

☞ ゴルフのラウンドで必要な持ち物は?雨の日もこれで安心!

コメント