ゴルフが18ホールの理由とは?歩くと距離はどれくらい?

スポンサーリンク

ゴルフの素朴な疑問として、よく聞かれるのがゴルフが18ホールになった理由です。

現在でこそ18ホールのストローク・プレイが標準になっているゴルフですが、昔は今とはずいぶん違うようでした。

いったいどういう理由で、ゴルフは18ホールになったのでしょうか?

また、18ホールもプレーしていると時間もかかりますが、歩く距離も相当な距離になるはず。

ゴルフコース18ホール歩くと、距離はどれくらいになるのでしょうか?

今回は、ゴルフが18ホールの理由と歩くと距離はどれくらいか、について見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフが18ホールの理由

まず、ゴルフコースが18ホールになった理由は諸説ありますが、最も有力なのはゴルフ発祥の地とされるスコットランドのセントアンドリュース・オールドコースに由来する説です。

今からは考えられないことかもしれませんが、昔のゴルフコースはホール数はまちまちで、そのゴルフ・コースによりけりでした。

実際にセントアンドリュースも当初は12ホールしかありませんでした。

その後、22ホールまで増えたのですが、1764年に市民生活に支障をきたしているという理由で市にコースの土地の一部を返還しなくてはならなくなり、18ホールになりました。

これが、ゴルフコースが18ホールになった理由で、これをきっかけに他のゴルフコースもセントアンドリュースを見本として18ホールに統一されていきました。

セントアンドリュースがR&Aの総本山となり、ゴルフ界に強い影響力を持つようになったことや第1~12回の全英オープンの開催コースだったプレストウィックが当初の12ホールから18ホールでの開催としたのも大きいですね。

ちなみに初めてストロークプレー形式でゴルフが行われたのは1759年で、コースはやはりセントアンドリュースでした。

昔のゴルフコースが必ずしも18ホールではなかった理由

昔のゴルフコースが必ずしも18ホールではなかった理由は、そもそもゴルフは昔はストローク・プレイではなく、マッチ・プレイで行われていたからです。

マッチ・プレイとなるとゴルフ・コースのホール数がいくつあるかはあまり関係なく、少ないホール数のゴルフコースなら同じホールを何度かプレーしていました。

例えば、世界最古のゴルフコースである「リース・リンクス」は1744年にはたったの5ホールでした。

逆にホール数の多いゴルフコースだと25ホールもあったようですが、これだとすべて回るとなると相当な時間がかかりそうですね。

ゴルフが18ホールの俗説

また俗説ではありますが、スコットランドのリンクスということでスコッチウイスキーにまつわる説もあります。

スコットランドのリンクスは、海からの強い風が吹きつけるため、非常に寒く、この寒さをしのぐために1ホール毎にスコッチウィスキーをグラス1杯飲んでいました。

そして、ちょうど全部飲み終えるのが18ホールを終えたころだったため、18ホールになったという説です。

ゴルフコースが18ホールになった理由としては、少々無理があるような気がしますが、なかなか味のある話ですね。

スポンサーリンク

ゴルフコース18ホールを歩くと距離はどれくらい?

ところで、このゴルフコースですが、18ホールを休憩なしでスルーでラウンドしたとしても、約4~5時間かかります。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの1ラウンドの平均所要時間は?9時スタートだと終了時間は?

日本ではハーフ終了で昼食休憩を挟みますから、ゴルフは一日がかりのイベントになってしまいます。

では、ゴルフコース18ホールを歩くと距離はどれくらいになるのでしょうか?

通常のゴルフコースのレギュラーティを使用するとして、日本では平均して6,000~7,000ヤードです。

これをメートルに換算するとざっくりした計算で約6km前後になります。

これにホールとホールの間を50mとして、50m×20で、+1km。

合計で約7kmとなりますが、実際にはボールを曲げたり、グリーン上でラインを読むのにさらに歩きますから、8~10kmほどになるでしょうか。

ただし、これは乗用カートを使用せず100%歩いた場合の話です。

乗用カートを使用した場合は、歩く距離は大幅に減りますので、あまり運動にならないかもしれません。

まとめ

今回は、ゴルフが18ホールの理由と歩くと距離はどれくらいか、について見てきました。

ゴルフが18ホールになったのは、1764年にセントアンドリュースが市にコースの土地の一部を返還しなくてはならなくなり、18ホールになったことが理由で、これが基準になりました。

また、ゴルフコース18ホールを歩くと距離は8~10kmほどになり、当然のことですが初心者はたくさん歩くことになります。

昔はマッチ・プレイが主体だったため、ゴルフコースのホール数はまちまちでしたが、現在は18ホールのストローク・プレイがほとんどです。

当たり前だった競技スタイルも定着したのは、わりと最近のことなんですね。

知っておいて損はないゴルフの歴史でもあります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント