男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキング!年間最多勝記録は?

スポンサーリンク

ゴルフでは賞金王やメジャー優勝など、さまざまな名誉や記録がありますが、歴代優勝回数年間最多勝記録もそのひとつです。

ランキングを見ると記録保持者はやはり往年の名選手ばかりで、もう今後も破られないような驚くような記録ばかりです。

いずれもゴルファーの強さを示す指標となりますが、男子女子ゴルフでは何勝が最多記録なのでしょうか?

今回は、男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングと年間最多勝記録は何勝なのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキング

まず、男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングですが、男子女子ともに往年の名選手の名がずらりと並んでいます。

最近の選手はトップ10になんとか食い込むといった傾向がありますが、それだけ現代はレベルが上がって実力が拮抗しているということなのでしょう。

ひとりの選手が突出して優勝を独占するのは難しい時代になっています。

男子ゴルフの歴代優勝回数ランキング

男子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップは尾崎将司プロの94勝で、2位の青木功プロの51勝を大きく引き離す圧倒的な記録です。

1973年国内ツアー制度が開始して以降94勝ですが、これ以前の優勝を含めると国内112勝、海外1勝で、世界最多優勝記録でもあります。

初優勝は1971年の日本プロゴルフ選手権で、最後の優勝は2002年の全日空オープンでしたが、最後の優勝はツアー優勝最年長記録(55歳)でもあります。

男子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップ10は、以下の通りです。

男子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップ10
1位:94 尾崎将司
2位:51 青木功
3位:48 中嶋常幸
4位:32 尾崎直道
5位:31 片山晋呉
6位:30 倉本昌弘
7位:28 杉原輝雄
8位:21 池田勇太
9位タイ:20 谷口徹、中村通、グラハム・マーシュ

※記録は1973年国内ツアー制度開始以降のものです。

女子ゴルフの歴代優勝回数ランキング

一方、女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップは樋口久子プロの69勝で、2位が涂阿玉プロ(台湾)の58勝、3位が不動裕理プロの50勝と3名のプロが50勝の大台に乗せています。

最近では若い世代の選手の活躍が目立つようになりましたが、逆に上の世代の優勝は少なくなっている傾向が見られ、選手の全盛期が短くなっている印象も受けます。

今後、樋口久子プロの69勝の記録更新はもちろんのことですが、50勝の大台に乗せるのも容易なことではないように思われます。

女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップ10は、以下の通りです。

女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップ10
1位:69 樋口久子
2位:58 涂阿玉(台湾)
3位:50 不動裕理
4位:45 大迫たつ子
5位:44 岡本綾子
6位:41 森口祐子
7位:29 吉川なよ子
8位:28 アン・ソンジュ(韓国)
9位:25 全美貞(韓国)
10位タイ:24 福嶋晃子、申ジエ(韓国)

スポンサーリンク

男子女子ゴルフの年間最多勝記録

続いて、男子女子ゴルフの年間最多勝記録を見ていきましょう。

年間最多勝記録は男子女子ゴルフ、日米にかかわらず古い時代の記録がほとんどで、今後、更新する選手が現れるかどうか注目されます。

男子ゴルフの年間最多勝記録

男子ゴルフの年間最多勝記録は、尾崎将司プロ(1972年)と中嶋常幸プロ(1983年)の9勝です。

しかし上には上がいて、アメリカ男子ツアーではバイロン・ネルソンの18勝(1945年)が年間最多勝記録で、2位がサム・スニードの11勝(1950年)、3位がタイガー・ウッズの9勝(2000年)と続きます。

日米ともにかなり古い記録で、最も新しい記録がタイガー・ウッズの2000年です。

尾崎プロと中嶋プロの9勝でも十分凄い記録ですが、その2倍の18勝ですから試合に出れば勝つという感じだったのではないでしょうか。

タイガー・ウッズの全盛期ともいえる2000年頃もそういった雰囲気がありました。

女子ゴルフの年間最多勝記録

女子ゴルフでは、不動裕理選手が2003年に達成した10勝が年間最多勝記録です。

2位は7勝が3名で、同じく不動裕理プロが2004年、イ・ボミプロ(韓国)が2015年、鈴木愛プロが2019年に達成しています。

アメリカ女子ツアーでは、ミッキー・ライト(アメリカ)の13勝(1963年)が年間最多勝利記録で、2位は同じくミッキー・ライト(1964年)とアニカ・ソレンスタム(スウェーデン・2002年)の11勝です。

日米ともに二ケタ台の凄い記録ですが、今後、年間二ケタ優勝する選手が現れてくれるのを期待したいところです。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ゴルフのグランドスラム達成者は何人?メジャー最多優勝回数も!
こちらでは、ゴルフのグランドスラム達成者は何人なのか、またメジャー最多優勝回数は何回なのかをまとめました。メジャー大会で優勝することは大きな名誉ですがグランドスラムともなれば、さらに達成は困難を極めます。そんな歴史にも名を残す大偉業の達成者は何人?

男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキング~まとめ

今回は、男子女子ゴルフの歴代優勝回数ランキングと年間最多勝記録は何勝なのか、見てきました。

ゴルフの歴代優勝回数ランキングトップは、男子は尾崎将司プロの94勝、女子は樋口久子プロの69勝、年間最多勝記録は男子が尾崎将司プロと中嶋常幸プロの9勝、女子は不動裕理プロの10勝です。

いずれも凄い記録ばかりで、選手の全盛期が短くなっている現代のゴルフでは記録更新は難しいかもしれません。

勢いのある突出した実力を持つ若手選手が出現することを期待したいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント