蝉川泰果の名前の読み方と由来は?出身高校・大学などプロフィールまとめ!

国内男子プロゴルフ界に、新たに蝉川泰果選手という将来有望な若手選手が現れました。

ツアー史上6人目のアマチュア優勝を達成し飛ぶ鳥を落とす勢いですが、蝉川泰果選手をよく知らない方には名前の読み方には戸惑うかもしれません。

また、名前の由来にはあのスター選手が関わっていました。

名前の読み方と由来の他、蝉川泰果選手の出身高校・大学などプロフィールも気になります。

今回は、蝉川泰果選手の名前の読み方と由来、出身高校・大学などプロフィールを見ていきます。

スポンサーリンク

蝉川泰果の名前の読み方

蝉川泰果選手の名前の読み方は「せみかわ たいが」です。

蝉川泰果選手を知っていない方には、なかなか読みにくい名前なのではないでしょうか。

調べてみると、「蝉川(せみかわ)」という名字も珍しく全国で約50名ほどしかいないようで、兵庫県、愛媛県、広島県などにみられる名字とのことです。

「参考資料 名字由来net」:
https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E8%9D%89%E5%B7%9D

有名人では蝉川泰果選手以外には思い浮かばないですね。

名前の「泰果(たいが)」も読めないというわけではないですが、”やすか”や”やすが”とも読めるので迷うところではあります。

「泰果(たいが)」という名前の由来には深い意味があるので、次に詳しく見ていきます。

蝉川泰果の名前の読み方
蝉川泰果 ⇒ 「せみかわ たいが」

蝉川泰果選手の名前の由来

蝉川泰果選手の名前の「泰果」の由来はタイガー・ウッズに因んで父親・佳明さんが名付け、祖父が漢字を考えました。

名付け親の父親・佳明さんもハンディキャップ5のシングルゴルファーで競技に出場する腕前なのですが、息子に「海外でも通用する英語の名前を付けたかった」ということで最初はジョージ、ジョン、ポールなどが候補にあがったようです。

しかし、イメージに合う漢字がないという理由で断念し、タイガー・ウッズの名が浮かび「タイガ→たいが→泰果」とイメージにピッタリで命名が決まりました。

蝉川泰果選手が大学に進学するまではゴルフに行くのも父親・佳明さんが同行し、ゴルフ一筋の青春時代を過ごしてきました。

親子二人三脚で“タイガーチャージ”ならぬ“泰果チャージ”で、アマチュアながら国内トップゴルファーに駆け上がってきました。

蝉川泰果の出身高校・大学などプロフィール

蝉川泰果選手は2001年(平成13年)1月11日、兵庫県加東市に生まれ、ゴルフは1歳の時、おもちゃ屋さんの「トイザらス」でプラスチックのクラブを買ってもらったのをきっかけに始めました。

2歳の時には早くも練習場デビューを果たし、小学校3年生で競技デビューしました。

2015年の兵庫県ジュニア・兵庫県中学校ゴルフ選手権、2017年の関西高等学校ゴルフ対抗戦・関西ジュニアゴルフ選手権、2018年の国体、2019年の信夫杯争奪日本大学ゴルフ対抗戦、2020年の大学ゴルフ交流戦で優勝するなど活躍を続け、2022年10月には世界アマチュアランキングで1位となりました。

プロのトーナメントでも優勝争いを演じ、2022年6月には下部ツアーの「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」でABEMAツアー初出場で初優勝すると、2022年9月には「パナソニックオープン」でツアー史上6人目のアマチュア優勝、同年10月の「日本オープン」でもアマチュア優勝するという快挙を成し遂げました。

蝉川泰果選手は出身高校までは地元・関西の興国高校に在学していましたが、出身大学(在学中)は松山英樹選手や金谷拓実選手などを輩出した名門・東北福祉大学で主将を務め、2022年10月31日にはプロ転向しました。

平均飛距離300ヤードを越えるドライバーショットの飛距離を武器に、プロゴルファーとしてさらなる活躍が期待されます。

蝉川泰果選手の経歴・プロフィールは、以下の通りです。

蝉川泰果の経歴・プロフィール
名前
蝉川泰果(せみかわ たいが)

生年月日
2001年(平成13年)1月11日

身長・体重
175cm・77kg

血液型
A型

出身地
兵庫県加東市

出身大学
東北福祉大学(在学中)

出身高校
興国高校(大阪府)

出身中学校
兵庫教育大学附属中学校(兵庫県)

出身小学校
兵庫教育大学附属小学校(兵庫県)

得意クラブ
ドライバー

プロ転向
2022年10月31日

ツアー優勝
通算2勝
日本オープン2022(アマチュア)
パナソニックオープン2022(アマチュア)

所属
ライオンズカントリー倶楽部

ツアー成績などは2022年11月1日時点のものです。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

蝉川泰果のクラブセッティングは?ドライバーからパター・ボールまで!
今回は、ドライバーからパター、ボールまで蝉川泰果選手のクラブセッティングについてまとめました。飛距離300ヤードを超えるドライバーショットを武器にアマチュアとして日本オープンまで制した蝉川泰果選手のクラブセッティングは?

蝉川泰果の名前の読み方と由来~まとめ

今回は、蝉川泰果選手の名前の読み方と由来、出身高校・大学などプロフィールを見てきました。

蝉川泰果選手の名前の読み方は「せみかわ たいが」で、名前の由来はタイガー・ウッズに因んで父親・佳明さんが名付け祖父が漢字を考えました。

出身高校は大阪府の興国高校で、出身大学は松山英樹選手や金谷拓実選手などを輩出した名門・東北福祉大学(在学中)です。

平均飛距離300ヤードを越えるドライバーショットの飛距離を武器に、蝉川泰果選手は2022年9月に「パナソニックオープン」でツアー史上6人目のアマチュア優勝、同年10月の「日本オープン」でもアマチュア優勝し、将来を期待されている若手有望選手のひとりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

国内男子ツアー
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント