SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手とテレビ放送

スポンサーリンク

国内男子プロゴルフツアーの開幕戦となるSMBCシンガポールオープン2022が、シンガポールのセントーサゴルフクラブで1月20日(木)~1月23日(日)の4日間の日程で開催されます。

前年2021年大会は新型コロナウイルスの影響により中止に追い込まれましたが、熱帯のシンガポールで2022年シーズンの熱い戦いがいよいよ始まります。

日本はまだ真冬という季節ということもあり、この時期はハワイなど海外の試合に出場する選手が多くなると思われますが、SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手はどうなっているでしょうか?

今回は、SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手とテレビ放送、賞金などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手

毎年1月は日本は真冬のため、海外の試合に出場することになるのですがこのSMBCシンガポールオープン2022には、毎年多くの日本人選手が出場します。

アメリカツアーは出場権を持つ選手が限られているため、暖かいシンガポールの試合が国内ツアーに組み込まれたことは選手にとってもうれしいことでしょう。

しかも国内ツアー次戦はSMBCシンガポールオープン2022の約3か月後になることから、試合数の少ないこの時期としては貴重な試合といえます。

SMBCシンガポールオープン2022の出場選手は132名が予定されていますが、毎年多くのトッププロがシンガポールへ渡ります。

しかし、今年2022年はシンガポール政府が特別ビザの発給を停止したため、日本人選手の出場は例年より少なめになりました。

SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手は、以下の通りです。(1月18日時点)

SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手(18名)
阿久津未来也、浅地洋佑、岩井亮磨、大塚智之、大西魅斗、岡田絃希、織田信亮、桂川有人、小斉平優和、小林伸太郎、小林正則、篠優希

※出場選手は、変更になる場合があります。

スポンサーリンク

SMBCシンガポールオープン2022のテレビ放送とライブ配信

SMBCシンガポールオープン2022のテレビ放送は、BSテレ東、CSゴルフネットワークで生中継、または録画中継が予定されています。

CSゴルフネットワークでは1・2日目を生中継、3日目と最終日を録画中継します。

BSテレ東では3日目と最終日を生中継し、1・2日目は「テレビ東京スポーツYou Tubeチャンネル」でライブ配信予定です。

詳しい放送・配信スケジュールは、以下の通りです。

BS:BSテレ東
3日目 2022年1月22日(土) 午後1:00~午後2:00(生中継)
最終日 2022年1月23日(日) 午後1:00~午後4:30(生中継)

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2022年1月20日(木) 午後2:00~午後6:00(生中継)
2日目 2022年1月21日(金) 午後2:00~午後6:00(生中継)
3日目 2022年1月22日(土) 午後10:00~翌午前1:00(録画)
最終日
2022年1月23日(日) 午後10:15~翌午前1:15(録画)
2022年1月24日(月) 午後6:30~午後9:30(録画)

※放送時間は変更になる場合があります。

ライブ配信:テレビ東京スポーツYou Tubeチャンネル
1日目 2022年1月20日(木) 午後2:00~午後6:00
2日目 2022年1月21日(金) 午後2:00~午後6:00

※配信時間は変更になる場合があります。

SMBCシンガポールオープン2022の賞金など概要

シンガポールオープンは、毎年1月にシンガポールで開催されるアジアンツアーと日本ゴルフツアーの共同開催のトーナメントです。

2012年まではアジアンツアーとヨーロピアンツアーの共催でしたが、スポンサーの撤退により2013年から2015年まで中断し、2016年から日本との共催でトーナメントが復活したという経緯があります。

したがって、アジアンツアーと日本ゴルフツアーの共開となってからは、今年2022年が6回目というトーナメントです。

ヨーロピアンツアーとの共催の頃は賞金総額600万ドルとアジアンツアー最高賞金額を誇りましたが、2022年大会は賞金総額125万ドル、優勝賞金22万5,000ドルとなっています。

SMBCシンガポールオープン2022の日程・賞金など概要は、以下の通りです。

SMBCシンガポールオープン2022の日程・賞金など概要
開催日程
2022年1月20日(木)~1月23日(日)

開催コース
セントーサゴルフクラブ・セラポンコース(シンガポール)
7,411ヤード・パー71

賞金総額
125万ドル(約1億4,300万円)

優勝賞金
22万5,000ドル(約2,860万円)

前年優勝者
マット・クーチャー(アメリカ)

SMBCシンガポールオープンの歴代優勝者と優勝スコア

2022年 サドム・ケーオカンジャナ(タイ)-13
2021年 新型コロナウイルスの影響により中止
2020年 マット・クーチャー(アメリカ)-18
2019年 ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)-18
2018年 セルヒオ・ガルシア(スペイン)-14
2017年 プラヤド・マークセン(タイ)-9
2016年 宋永漢(韓国)-12

SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手~まとめ

今回は、SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手とテレビ放送、賞金などについて見てきました。

SMBCシンガポールオープン2022の日本人出場選手は、シンガポール政府が特別ビザの発給を停止したため例年より少なめの18名となっています。(1月18日時点)

賞金は総額125万ドル、優勝賞金22万5,000ドルで、SMBCシンガポールオープン2022の熱戦の模様は、BSはBSテレ東で、CSはゴルフネットワークでテレビ放送が、「テレビ東京スポーツYou Tubeチャンネル」でライブ配信が予定されています。

いよいよ開幕する国内男子プロゴルフツアーですが、どんなシーズンになるのか期待が高まります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

国内男子ツアー
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント