ゴルフのラウンドの平均所要時間は?9時スタートだと終了時間は?

歩くスポーツというイメージがあるゴルフですが、18ホール1ラウンドするとかなりの距離を歩くことになりそうです。

ということは、それだけ所要時間もかかりそうです。

特に初心者のうちはボールがあちこちに飛んで行ってしまい、同伴プレイヤーにも迷惑をかけてしまいそうで、心配です。

ゴルフのラウンドの平均所要時間はどれくらいなのでしょうか?

9時スタートだと終了時間の目安は何時ごろなのでしょうか?

今回は、ゴルフのラウンドにかかる平均所要時間と、9時スタートの場合の終了時間について見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフのラウンドの平均所要時間

ゴルフ・コースの側からは、ハーフ2時間が推奨されていますが、現実的には込み具合に左右されるケースが多いように思います。

例えば、平日と土日祝日では、ラウンドの平均所要時間はやはり違ってきます。

土日祝日ではハーフ2時間半前後、ひどい場合は3時間ということもありますね。

さすがにハーフ3時間かかると毎ホール待たされていることが多いですから、うんざりもしてきます。

これらのことを総合的に考えるとゴルフの1ラウンドの所要時間は早くて4時間、平均所要時間としては約5時間ほどになるのではないでしょうか。

これに昼食休憩が約1時間加わることになります。

スポンサーリンク

ゴルフのラウンド~9時スタートだと終了時間は?

では、ゴルフのラウンドで、9時にスタートだとすると終了時間は何時ごろになるでしょうか?

9時のスタートだとゴルフ・コースには8時を目安に到着しておきたいところです。

準備を終えて、9時スタート→11:30前半のハーフ終了→約1時間昼食休憩→12:30後半スタート→15:00後半のハーフ終了、となります。

1ラウンド5時間として計算しています。

したがって、9時スタートだと終了時間は15時がひとつの目安になるかと思われます。

また、ラウンド終了後、風呂に入るとさらに30分~1時間かかります。

もちろん、その日の込み具合で多少前後しますが、おおよその目安にはなるでしょう。

ゴルフのラウンドの平均所要時間が長くならないための注意点

ハーフ3時間もかかるとうんざりすると書きましたが、そうならないためにもいくつか工夫が必要です。

マナーといわれる部分もありますが、快適なラウンドのためですので、覚えておいて損はありません。

まず、ゴルフ・コースには1時間前を目安に到着して、ラウンドの準備をするようにしましょう。

ラウンド中は慌てる必要はありませんが、進行を妨げないよう自分の打順が来たならスムーズに打っていけるようにします。

・自分や同伴プレイヤーの打球から目を離さない(ロスト・ボール防止のため)

・クラブは数本持って行く

・パットのラインは同伴プレイヤーがアドレスに入る前後に読んでおく

などが基本となります。

また、コンペの時などは、ハンディが4人合わせて100以下になるような組み合わせにしましょう。

初心者ばかりの組み合わせは避け、実力的にバランスをとることがポイントです。

ゴルフのラウンドの平均所要時間~まとめ

今回は、ゴルフのラウンドにかかる平均所要時間と、9時スタートの場合の終了時間について見てきました。

ゴルフのラウンドの所要時間は早くて4時間、平均所要時間としては約5時間ほどで、これに昼食休憩が約1時間加わります。

したがって、1ラウンド5時間として計算すると、9時スタートだと終了時間は15時がひとつの目安になります。

毎ホール待たされては、せっかくのゴルフもテンションが下がってしまいます。

前の組が詰まるのは防ぎようがありませんが、自分たちの組が原因で詰まるようなことはないようにしたいですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント