コリン・モリカワのクラブセッティングとプロフィール!両親は日系?

2019年にプロデビューし、2020年にはメジャー初出場初優勝を飾り、瞬く間にスターダムを駆け上ってしまったのがコリン・モリカワ選手です。

名前や見た目からもわかるように、もしかしたら日系人なのではないかと思って親しみを感じた方も多いのではないかと思います。

そんなコリン・モリカワ選手のゴルフを支える14本のクラブセッティングは、なかなかにユニークで個性的なものがありました。

今回は、コリン・モリカワ選手のクラブセッティングやプロフィールなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コリン・モリカワのクラブセッティング

コリン・モリカワ選手のクラブセッティングは、ドライバー・スプーン・ユーティリティが各1本、アイアンが4番~PWの7本、ウエッジが3本、パターが1本の合計14本という構成です。

14本中、13本が契約先のテーラーメイドのクラブですが、なぜかウエッジが1本だけタイトリストのモデルを採用しています。

コリン・モリカワ選手ならではの工夫が見られるのがアイアンのセッティングで、4・5番と6番~PWで違うモデルを採用しています。

ロングヒッターではないとはいえ、なかなかにハードなクラブセッティングとなっています。

※クラブセッティングは、2020年全米プロゴルフ選手権のものです。

コリン・モリカワのドライバー

テーラーメイド:「SIM」(8度)
シャフト:三菱ケミカル「ディアマナD+ LIMITED70」(TX)

コリン・モリカワ選手の使用ドライバーは、テーラーメイドの「SIM」です。

ツアーの中ではそんなに飛ぶタイプではないもののロフト角も8度、シャフトのフレックスもTXとハードなセッティングです。

コリン・モリカワのフェアウェイウッド

3W(スプーン)
テーラーメイド:「SIM」(15度)
シャフト:三菱ケミカル「ディアマナD+ LIMITED80」(TX)

コリン・モリカワ選手のフェアウェイウッドは、ドライバーからの流れで「SIM」です。

コリン・モリカワのユーティリティ

3U
テーラーメイド:「SIM MAX レスキュー」(19度)
シャフト:テンセイ「CK Pro ホワイト・ハイブリッド100」(TX)

コリン・モリカワ選手が使用するユーティリティは、テーラーメイドの「SIM MAX レスキュー」です。

地面とソールの接地面積を減らす「Vスチールソール」を採用することで、抜けの良さを追求したモデルで、テーラーメイドのかなり多くの契約プロが採用していることから扱いやすさは抜群と思われます。

コリン・モリカワのアイアン

4番・5番
テーラーメイド:「P750 ツアープロト」
6番~PW

テーラーメイド:「P730」
シャフト:ダイナミックゴールド「ツアーイシュー」(X100)

コリン・モリカワ選手の使用アイアンは、4番と5番がテーラーメイドの「P750ツアープロト」でややグースの入ったキャビティ・モデル、6盤~PWがテーラーメイドの「P730」でほとんどストレートネックのマッスルバック・モデルを使用しています。

男子プロでは3番、あるいは4番アイアンをやさしめのモデルを採用するケースは見られますが、4番と5番というのは珍しいのではないでしょうか。

コリン・モリカワ選手のクラブセッティングの中では最大の工夫といえるでしょう。

コリン・モリカワのウエッジ

テーラーメイド:「ミルド グラインド ウェッジ」 (52度・60度)
タイトリスト:「ボーケイ SM8 ウエッジ」(56度)
シャフト:ダイナミックゴールド「ツアーイシュー」(S400)

コリン・モリカワ選手の使用ウエッジは、テーラーメイドの「ミルド グラインド ウェッジ」とタイトリストの「ボーケイ SM8 ウェッジ」です。

コリン・モリカワ選手のクラブセッティングの中で唯一、テーラーメイド以外のメーカーのクラブが入っているのがウエッジです。

ロフト角は、52度・56度・60度という規則的なセッティングで自然な流れですが、56度のみタイトリストというのが不思議なところです。

昔から使って馴染んでいるのかどうか理由ははっきりはわかりませんが、クラブセッティングの中で異彩を放っているのは確かです。

コリン・モリカワのパター

テーラーメイド:「TP Soto プロトタイプ」

コリン・モリカワ選手の使用パターはテーラーメイドの「TP Soto プロトタイプ」で、オーソドックスなピンタイプを使用しています。

コリン・モリカワの使用ボール

テーラーメイド:「TP5 ボール」

コリン・モリカワの使用ボールはテーラーメイドの「スパイダー・ツアー・ブラック」で、「高弾道・低スピン」の新5層構造のボールです。

飛距離性能だけでなく、柔らかい打感でスピン性能も優れたモデルです。

コリン・モリカワのプロフィール~両親は日系?

続いて、コリン・モリカワ選手のプロフィールを見ていきましょう。

コリン・モリカワ選手は名前や見た目からも日系人なのではないかと思いますが、父親Blaineさんが日系人、母親Debbieさんは中国系で父方の祖父母はハワイ出身、本人曰く「3世か4世だと思う」とのことです。

生まれはアメリカ・ロサンゼルスのアメリカ国籍のアメリカ人で、日本には2回来たことがあるそうですが、和食が大好きで世界一の食べ物と評しています。

ちなみに日本語はまったく話せないそうです。

コリン・モリカワ選手は2019年にプロ転向すると、6戦目の「バラクーダ選手権」で早くも初優勝を飾ると、2020年には「ワークデイ・チャリティオープン」でツアー2勝目、メジャー初出場となった「全米プロ選手権」でも優勝するという大躍進を見せています。

コリン・モリカワ選手のプロフィールは、以下の通りです。


名前
コリン・モリカワ

生年月日
1997年2月6日

身長・体重
175cm・72kg

出身地
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス

出身校
カリフォルニア州立大学バークレー校

ドライバー平均飛距離
296ヤード(2020年8月)

プロ転向
2019年

ツアー優勝
通算3勝(アメリカツアー3勝)
※メジャー1勝(2020年全米プロゴルフ選手権)

契約
テーラーメイド

ツアー成績は2020年8月11日現在のものです。

コリン・モリカワのクラブセッティング~まとめ

今回は、コリン・モリカワ選手のクラブセッティングやプロフィールなどを見てきました。

コリン・モリカワ選手のクラブセッティングは、ドライバー・スプーン・ユーティリティが各1本、アイアンが4番~PWの7本、ウエッジが3本、パターが1本の合計14本という構成です。

クラブ契約はテーラーメイドですが、ウエッジ1本のみタイトリストのモデルを使用していることと、アイアンが4・5番と6番~PWで違うモデルを採用しているのが特徴といえます。

また、コリン・モリカワ選手は名前や見た目から日系人なのではないかと思いますが、父親Blaineさんが日系人、母親Debbieさんは中国系で、本人曰く「3世か4世だと思う」とのことで、プロフィールは名前以外はすべてアメリカ人です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※プロゴルファーは状況に応じて使用クラブを変えるため、実際使用するクラブセッティングは異なる場合があります。

コメント