ゴルフクラブが折れることってある?折れたら保険か修理か買い替え?

ゴルフクラブが折れた経験はありますか?

以前はテレビのゴルフ中継でミスショットに怒ったプロが叩きつけてゴルフクラブが折れるというシーンを見かけましたが、マナーも向上し最近はほとんど見られなくなりました。

はたして私たちアマチュア・ゴルファーが普段、ゴルフクラブを使っていて折れるということはあるのでしょうか?

また、万が一折れたらどうなるのでしょうか?

今回は、ゴルフクラブは折れることはあるのか、また折れた場合は保険か修理か買い替えのいずれかになってしまうのかを見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフクラブが折れることってある?

ゴルフクラブが折れるようなことがあれば、ラウンド中であれば動揺してしまいそうですね。

その後のことも考えてしまいますし…。

結論としては、ゴルフクラブが折れることは十分あり得ます。

やはりゴルフクラブも消耗品ですから、使い方や当たり所によってはシャフトが折れてしまうのは仕方がないことでもあります。

では、どんな場合にゴルフクラブが折れるのか、その原因を見ていきましょう。

ゴルフクラブが折れる原因①~ネックに力が加わる

まずゴルフクラブが折れる原因として真っ先に考えられるのが、ボールをクラブフェースではなくネックの部分でヒットしてしまうことです。

特にドライバーなどティーアップして打つ場合に多いです。

ヘッドとシャフトを接続している繋ぎ目の部分をホーゼルといいますが、この部分はそれほど強度が強くありません。

きちんとボールをミートできるゴルファーには心配ないですが、初心者など打点が安定しないゴルファーによくある折れ方です。

ゴルフクラブが折れる原因②~金属疲労などの経年劣化

次の原因は、金属疲労などによる経年劣化です。

ゴルフクラブも長く使っているとどうしても古くなって錆びも出てしまいやすいですし、経年劣化は免れません。

特に中古で購入したゴルフクラブは前の所有者がどういう使い方をしていたかもわかりませんし、どうしても折れるリスクは新品より高まります。

また、まれに不良品ということもありますが、この場合はゴルフ保険ではなくメーカー保証の適用となります。

ゴルフクラブが折れる原因③~キャディバッグからの出し入れ

最後は、キャディバッグからの強引な出し入れです。

たくさんの本数のゴルフクラブをキャディバッグに入れていると、取り出す際に他のゴルフクラブに引っかかってしまうことがよくあります。

強引にクラブヘッドをつかんで引っ張り出してしまうと弱いネック部分に大きな力が加わり、折れる原因になります。

何度も言いますが、ゴルフクラブが折れやすいのはシャフトとヘッドの繋ぎ目の部分なので、日頃からゴルフクラブを丁寧に取り扱うように心がけましょう。

スポンサーリンク

ゴルフクラブが折れたら保険か修理か買い替えか?

ゴルフクラブが折れることがあるのはわかりましたが、実際に折れてしまったらその後はどうすればいいのでしょうか?

これは大きくゴルフ保険に加入しているかどうかで分かれますので、しっかり覚えておきましょう。

ゴルフ保険に加入している場合

まず、ゴルフ保険に加入している場合は、ゴルフ場、またはゴルフ練習場敷地内でゴルフクラブが折れた時は保険金が支払われます。

ただし、支払われる金額は時価が原則で、購入金額がそのまま補償されるわけではありません。

大まかな手順としては、以下のようになります。

保険会社とゴルフ場に連絡→ゴルフ場に事故証明書を発行してもらう→折れたゴルフクラブの写真を撮影→ゴルフショップなどで修理の見積もりを取る

結構、手間がかかりますが、車の事故と似たような感じもしますね。

保険なのでそれ相応の手順が必要になりますが、保険会社によっても異なる部分もあるので要確認です。

ゴルフ保険に加入していない場合

ゴルフ保険に加入していない場合は、残念ながら修理か新品への買い替えになります。

修理の場合は新品シャフトとの交換になり、料金は新品のシャフト代+工賃となります。

修理の料金が高い場合や新しいモデルに交換したいという場合は、新品への買い替えになり、言うまでもなく新品のゴルフクラブの料金がそのままかかります。

修理か新品への買い替えか、どちらがいいのか、よく検討する必要があります。

まとめ

今回は、ゴルフクラブは折れることはあるのか、また折れた場合は保険か修理か買い替えのいざれかになってしまうのかを見てきました。

ゴルフクラブは折れることがあり、折れた場合はゴルフ保険に加入している場合は補償してもらい、加入していない場合は修理か新品への買い替えとなります。

ゴルフクラブが折れる原因はさまざまですが、通常の使用では滅多に折れることはないので丁寧に扱うことを心がけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフクラブの値段の違いは打ってわかる?選び方のポイントは?

☞ ゴルフクラブはメーカーがバラバラだとカッコ悪い?統一すべき?

コメント