ゴルフクラブを電車に持ち込みはOK?邪魔になるかどうかで判断!

ゴルフに行く時は車で行くケースが多いかもしれませんが、時と場合によっては電車を利用することもあるかもしれません。

この時、気になるのがゴルフクラブです。

大きいキャディーバッグだと周りに迷惑をかけるのではないかと思いますし、そもそもゴルフクラブを電車に持ち込みをしてもいいのかどうかもわかりません。

今回は、「ゴルフクラブを電車に持ち込みはOK?邪魔になるかどうかで判断」と題して、ゴルフクラブの電車への持ち込みについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフクラブを電車に持ち込みはOK?

「車がないとゴルフに行けない」と思っている方も多いかもしれませんが、関東などは駅から送迎のクラブバスを走らせているコースも多く、電車でゴルフ場に行くのは珍しいことではありません。

しかし、電車の場合、ゴルフクラブをどうするのかは悩ましいところです。

遠距離であれば迷わずゴルフ宅急便を利用するところですが、比較的近いゴルフ場となると宅急便代もバカになりません。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフクラブの送り方は?宅急便・郵送でカバー・ダンボール梱包も?

そして結論としては、ゴルフクラブを電車に持ち込みは大丈夫です。

「手回り品」として持ち込みを認められています。

参考:「手回り品」(JR東日本公式サイト)
⇒ https://www.jreast.co.jp/kippu/20.html

実際に筆者も首都圏の電車内でキャディーバッグを担いで持ち込みしているゴルファーは見たことがありますし、持ち込み自体に問題はありません。

ただ、重いゴルフクラブを持ち込みするのは体力も使いますし、かなり面倒なことは確かです。

このあたりをどう考えるかもポイントになるでしょう。

スポンサーリンク

ゴルフクラブの電車への持ち込みは邪魔になるかどうかで判断

ゴルフクラブを電車に持ち込みするのは大丈夫なことはわかりましたが、ゴルフクラブ(キャディーバッグ)の置き場所やマナーの点など気にならないことがないわけではありません。

他の乗客に迷惑をかけるようでは、いくら持ち込みOKとはいっても気が引けます。

ゴルフクラブの電車への持ち込みは他の乗客の邪魔になるかどうかで判断するのがいいでしょう。

いくつか気になることをあげてみましょう。

ゴルフクラブ(キャディーバッグ)の電車内での置き場所

まずは、ゴルフクラブ(キャディーバッグ)の置き場所です。

一般的な電車の場合は、車両の最前部か最後尾、あるいは出入口付近にスペースがあればに立てて置くのがいいでしょう。

また、新幹線の場合は最後部座席の後ろのスペースになるかと思います。

しかし、新幹線の一部路線では2020年、最後部座席の後ろのスペースは予約制になるので頭に入れておいたほうがいいでしょう。

電車でも新幹線でも狭い通路など、他の乗客の邪魔になる場所への持ち込みは避けるのがマナーです。

電車の混雑具合でゴルフクラブの持ち込みを判断

空いている電車ならゴルフクラブの電車への持ち込みも何の問題にもならないと思いますが、混雑している場合はそうもいきません。

いくら持ち込みOKとはいっても、ゴルフクラブ(キャディバッグ)の置き場所は乗客1人分ぐらいのスペースをとってしまいます。

ぎゅうぎゅう詰めの電車内では白い目で見られ、邪魔者扱いされることもあります。

それに持ち込んだ本人も大変です。

ラッシュアワーの電車などは言わずもがなです。

利用する電車の混み具合を考えて、持ち込むかどうかを判断するのがいいでしょう。

まとめ

今回は、「ゴルフクラブを電車に持ち込みはOK?邪魔になるかどうかで判断」と題して、ゴルフクラブの電車への持ち込みについて見てきました。

ゴルフクラブを電車に持ち込みするのはOKですが、他の乗客の邪魔にならないかどうかは十分に配慮する必要があります。

ゴルフクラブ(キャディーバッグ)の電車内での置き場所や電車の混み具合などを考えて判断し、またゴルフ宅急便とのメリット・デメリットも考えて決めましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント