ゴルフ場のリンクスの意味とは?特徴やイギリスと日本の名門コースも

ゴルフ場には、山岳コースや丘陵コースなどさまざまなタイプがありますが、そんな中でリンクスと呼ばれるゴルフ場があります。

リンクスはイギリスで開催される全英オープンゴルフの開催コースにもなっており、有名なセントアンドリュースもリンクスコースのひとつです。

しかし、日本にはその数も少なく、あまり馴染みがないというゴルファーも多いかと思います。

ゴルフ場のリンクスの意味とは、どんなものなのでしょうか?

今回は、ゴルフ場のリンクスの意味・特徴とは何か、さらにイギリスと日本の名門コースも見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフ場のリンクスの意味とは?

ゴルフのメジャー大会は、4大会のうち3大会がアメリカで開催されていて、開催コースはどのゴルフ場も非常に手入れが行き届いていてきれいな印象を受けます。

しかし、ひとつ残ったメジャー大会である全英オープンゴルフの開催コースはあまり整備されていないように見えます。

荒涼とした吹きっさらしの原っぱのようなところで、マスターズゴルフの開催コースであるオーガスタナショナルGCとはまさに対照的です。

これがいわゆるリンクスの印象になるかと思いますが、具体的にゴルフ場のリンクスの意味とは、イギリス・スコットランドの海岸線沿いに作られた自然の地形を生かした比較的フラットな砂地の多いゴルフ場のことをいいます。

また、スコットランドではリンクスの言葉自体がゴルフ場を意味します。

スポンサーリンク

ゴルフ場のリンクスの特徴

ゴルフ場のリンクスの意味はわかりましたが、リンクスには独特の特徴があります。

リンクスのあるスコットランドはゴルフ発祥の地であり、リンクスの特徴はそのままゴルフ場本来のあるべき姿ともいえるでしょう。

ゴルフ場のリンクスの主な特徴には、以下のようなものがあります。

・海岸線沿いにある

・自然の傾斜やコブなどがそのままにしてある

・バンカーが多く、しかも小さくて深い

・ゴルフ場のレイアウトが海岸線に沿っていて、折り返しがゴーイングアウト・カミングイン

・高い木がない、または非常に少ない

イギリスの名門リンクス~セントアンドリュースなど

このようにリンクスは見た目には殺風景でここでメジャー大会が開催されるのかと思う方もいらっしゃると思いますが、ゴルフ場として見るとゴルフのおもしろさを引き出すには最高の条件を備えています。

だからこそ全英オープンゴルフの舞台として選ばれているともいえます。

イギリスの名門リンクスは数多くあり、あげればキリがないほどですが、代表的なリンクスとして全英オープンゴルフ開催コースの10コースをあげます。

☆セントアンドリュース・リンクス

☆ミュアフィールド

☆ターンベリー・ホテル・ゴルフコース・アンド・スパ

☆カーヌスティ・ゴルフリンクス

☆ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフクラブ

☆ロイヤル・トゥルーン・ゴルフクラブ

☆ロイヤル・リヴァプール・ゴルフクラブ

☆ロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブ

☆ロイヤル・バークデール・ゴルフクラブ

☆ロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブ

日本のリンクスコース~筆者厳選のおすすめ3コース

リンクスコースはイギリスだけでなく、日本にもあります。

数はイギリスほど多くはありませんが、リンクスの雰囲気は十分に楽しむことができます。

そんな日本のリンクスコースの中から、筆者がおすすめする3つのリンクスを紹介したいと思います。

川奈ホテルゴルフコース・富士コース

大島コースと富士コースがありますが、おすすめは何といっても富士コースです。

2004年までは国内男子ツアーの「フジサンケイクラシック」が開催され、現在は国内女子ツアーの「フジサンケイレディスクラシック」が開催されているC・H・アリソン設計の名門中の名門コースです。

筆者はなぜか13番の川奈灯台が印象に残っていますが、上がり3ホール(16・17・18番)の難しさはテレビを見ていても伝わってきます。

所在地:静岡県伊東市川奈1459

夏泊ゴルフリンクス

あまり知られていないかもしれませんが、1995年の日本プロゴルフ選手権の舞台となったゴルフ場です。

最終日の強風吹き荒れる中での佐々木久行選手の大逆転優勝は、まさにリンクスの醍醐味が詰まった最終日でした。

青森県北部の陸奥湾から突き出た半島に位置しており、三方を海に囲まれたシチュエーションはリンクスにうってつけの地理条件です。

それだけにひとたび風が吹き始めれば、手を付けられない難コースとなります。

所在地:青森県東津軽郡平内町東田沢10-230

ザ・サザンリンクスゴルフクラブ

沖縄県本島南部に位置する太平洋の大海原を臨むリンクスで、切り立った海岸線の絶壁上にあり、名物の7・8番ホールは続けて海越えのホールになっています。

眺めは絶景で最高なのですが、プレッシャーも大きく風が吹けば、景色を楽しむ余裕もなくなるかもしれません。

所在地:沖縄県八重瀬町字玻名城697

まとめ

今回は、ゴルフ場のリンクスの意味・特徴とは何か、さらにイギリスと日本の名門コースも見てきました。

ゴルフ場のリンクスの意味とは、海岸線沿いに作られた自然の地形を生かした比較的フラットな砂地の多いゴルフ場のことで、イギリス・スコットランドではリンクスの言葉自体がゴルフ場を意味します。

リンクスは独特で馴染みが薄いかもしれませんが、リンクスコースが持つ特徴はゴルフ本来のおもしろさを引き出すには最高のゴルフ場といえます。

全英オープンゴルフに他のメジャー大会とは違う独特のおもしろさがあるのは、そのためでしょう。

日本にもリンクスの雰囲気を楽しめるゴルフ場がありますから、機会があればぜひ足を運んでみて下さい。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント