ザ・メモリアルトーナメント2023の日程と賞金は?テレビ放送と歴代優勝者も

アメリカ男子プロゴルフツアーのザ・メモリアル・トーナメント2023が、アメリカ・オハイオ州のミュアフィールド・ビレッジGCで開催されます。

2014年のザ・メモリアル・トーナメントでアメリカ・ツアー初優勝を飾った松山英樹選手も再び優勝という栄冠を目指して出場を予定しています。

通常のトーナメントより高額の賞金とフェデックスカップ・ポイントが設定されており、選手たちにとってはメジャー大会に次ぐビッグトーナメントといえます。

ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程やテレビ放送予定などは、どうなっているのでしょうか?

今回は、ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程と賞金、テレビ放送予定、歴代優勝者などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程と賞金

ザ・メモリアル・トーナメントの開催は通常は毎年5月末から6月にかけての時期ですが、2023年大会は例年通り6月1日(木)~4日(日)までの4日間の日程での開催となります。

準メジャーともいえる大会ということで、賞金総額2,000万ドル、優勝賞金360万ドルの高額賞金に加え、優勝者は3年間のシード権が獲得できるというビッグトーナメントです。

開催コースはジャック・ニクラス設計のオハイオの名門「ミュアフィールド・ビレッジGC」です。

日本からは松山英樹選手と比嘉一貴選手の2名が出場予定です。

ザ・メモリアル・トーナメント2023の賞金など概要は、以下の通りです。

ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程と賞金など概要
開催日程
2023年6月1日(木)~4日(日)

開催コース
ミュアフィールド・ビレッジ・ゴルフコース(アメリカ・オハイオ州)
7,533ヤード・パー72

賞金総額
2,000万ドル

優勝賞金
360万ドル

フェデックスカップ・ポイント
550ポイント(優勝者)

前年優勝者
ビリー・ホーシェル(アメリカ)

日本人出場選手
松山英樹、比嘉一貴

スポンサーリンク

ザ・メモリアル・トーナメント2023のテレビ放送

ザ・メモリアル・トーナメント2023のテレビ放送は、BSは「BSJapanext」(BS263ch)で、CSは「ゴルフネットワーク」で予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

BS:BSJapanext(BS263ch)
3日目 6月4日(日) 午前6:00〜午前8:30(生中継)
最終日 6月5日(月) 午前6:00〜午前8:30(生中継)

CS:ゴルフネットワーク
1日目 6月2日(金)
午前3:00〜午前7:00(生中継)、午後8:00~午後11:00(録画)

2日目 6月3日(土)
午前3:00〜午前7:00(生中継)、午後10:00~翌午前1:00(録画)

3日目 6月4日(日)
午前1:30〜午前7:00(生中継)、午後10:00~翌午前1:00(録画)

最終日 6月5日(月)
午前1:30〜午前7:00(生中継)、午後8:00~午後11:00(録画)

※放送時間は、変更になる場合があります。

ザ・メモリアル・トーナメントの歴代優勝者

続いて、ザ・メモリアル・トーナメントの歴代優勝者を見ていきましょう。

最多優勝回数はタイガー・ウッズ(アメリカ)の5回で、以下、ジャック・ニクラス(アメリカ)とヘール・アーウィン(アメリカ)、ケニー・ペリー(アメリカ)の3回、グレッグ・ノーマン(オーストラリア)とトム・ワトソン(アメリカ)の2回と続きます。

2014年には日本人で唯一、松山英樹選手が優勝しています。

連覇記録はタイガー・ウッズ(アメリカ)の3連覇(1999~2001年)のみです。

ザ・メモリアル・トーナメントの歴代優勝者は、以下の通りです。

ザ・メモリアル・トーナメントの歴代優勝者
2023年 ビクトル・ホブラン(ノルウェー)
※デニー・マッカーシー(アメリカ)とのプレーオフ
2022年 ビリー・ホーシェル(アメリカ)
2021年 パトリック・カントレー(アメリカ)
※コリン・モリカワ(アメリカ)とのプレーオフ
2020年 ジョン・ラーム(スペイン)
2019年 パトリック・カントレー(アメリカ)
2018年 ブライソン・デシャンボー(アメリカ)
※ 安秉勲(韓国)、カイル・スタンリー(アメリカ)とのプレーオフ
2017年 ジェイソン・ダフナー(アメリカ)
2016年 ウィリアム・マクガート(アメリカ)
※ジョン・カラン(アメリカ)とのプレーオフ
2015年 ダビド・リングメルト(スウェーデン)
※ジャスティン・ローズ(イングランド)とのプレーオフ
2014年 松山英樹(日本)
※ケビン・ナ(アメリカ)とのプレーオフ
2013年 マット・クーチャー(アメリカ)
2012年 タイガー・ウッズ(アメリカ)
2011年 スティーブ・ストリッカー(アメリカ)
2010年 ジャスティン・ローズ(イングランド)
2009年 タイガー・ウッズ(アメリカ)
2008年 ケニー・ペリー(アメリカ)
2007年 崔京周(韓国)
2006年 カール・ペターソン(スウェーデン)
2005年 バート・ブライアント(アメリカ)
2004年 アーニー・エルス(南アフリカ)
2003年 ケニー・ペリー(アメリカ)
2002年 ジム・フューリク(アメリカ)
2001年 タイガー・ウッズ(アメリカ)
2000年 タイガー・ウッズ(アメリカ)
1999年 タイガー・ウッズ(アメリカ)
1998年 フレッド・カプルス(アメリカ)
1997年 ビジェイ・シン(フィジー)
1996年 トム・ワトソン(アメリカ)
1995年 グレッグ・ノーマン(オーストラリア)
1994年 トム・レーマン(アメリカ)
1993年 ポール・エイジンガー(アメリカ)
1992年 デヴィッド・エドワーズ(アメリカ)
1991年 ケニー・ペリー(アメリカ)
1990年 グレッグ・ノーマン(オーストラリア)
1989年 ボブ・トゥエイ(アメリカ)
1988年 カーティス・ストレンジ(アメリカ)
1987年 ドン・プーリー(アメリカ)
1986年 ハル・サットン(アメリカ)
1985年 ヘール・アーウィン(アメリカ)
1984年 ジャック・ニクラス(アメリカ)
1983年 ヘール・アーウィン(アメリカ)
1982年 レイモンド・フロイド(アメリカ)
1981年 キース・ファーガス(アメリカ)
1980年 デビッド・グラハム(オーストラリア)
1979年 トム・ワトソン(アメリカ)
1978年 ジム・シモンズ(アメリカ)
1977年 ジャック・ニクラス(アメリカ)
1976年 ロジャー・モルトビー(アメリカ)

ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程と賞金~まとめ

今回は、ザ・メモリアル・トーナメント2023の日程と賞金、テレビ放送予定、歴代優勝者などについて見てきました。

ザ・メモリアル・トーナメント2023の開催日程は6月1日(木)~4日(日)までの4日間、賞金は賞金総額2,000万ドル、優勝賞金360万ドルの高額賞金で、加えて優勝者は3年間のシード権を獲得します。

ザ・メモリアル・トーナメント2023のテレビ放送は、BSは「BSJapanext」(BS263ch)、CSは「ゴルフネットワーク」で予定されています。

歴代優勝者では最多優勝回数がタイガー・ウッズ(アメリカ)の5回、連覇記録はタイガー・ウッズ(アメリカ)の3連覇(1999~2001年)のみ、日本人では唯一、松山英樹選手が優勝しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント