ゴルフ100切りまでの年数と達成する割合は?短期間で達成できる?

ゴルフ100切りとは、1ラウンド18ホールの合計スコアが100を切ることをいいますが、ゴルフを始めたばかりの人はまずこの100切りを目標にする方が多いと思います。

だれしもが短期間で達成したいと思いながらも、何年経っても100切りをできないゴルファーも少なくありません。

この100切りは、どれくらいの年数が必要で、達成者はどれくらいの割合なのでしょうか?

今回は、ゴルフ100切りまでの年数と達成する割合、短期間で達成できるか、について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフの100切りまでの年数

ゴルフでは100切りを達成できれば、一人前のゴルファーとして認められると思って頑張っている方は多いと思います。

このゴルフの100切りまでの年数は、アンケートなど調査したところによってかなりのバラつきが見られているようです。

ゴルフ・スクールなどは、100切りまでの年数は短めの印象があります。

そんな中で、100切りまでの年数は思ったよりも割と短期間で達成されており、ゴルフを始めて1~4年ほどが最も多く、さらに3年以内、1年以内と短期間になればなるほど割合が多くなっています。

この傾向は男女とも共通していますが、女性のほうがやや年数がかかって達成する傾向があります。

逆に年数が5年を超えると達成者は少なくなり、10年を超えるとまた増えています。

この場合は、技術よりも経験で100切りを達成しているという印象を受けます。

スポンサーリンク

ゴルフで100切りを達成するゴルファーの割合

ゴルフの100切りまでの年数がわかると、次に気になるのが100切りを達成するゴルファーの割合ではないでしょうか?

いったいゴルファーの何割が100切りを達成できるのでしょうか?

ゴルフ・ダイジェスト・オンラインの調査によると、

100切りを達成するゴルファーの割合=約3割

でした。

平均スコアなので難易度は厳しくなっていますが、なんと約7割のゴルファーが100切りを達成できないことになります。

さらに、

・年数10年未満のゴルファーの約8割は、平均スコアで100切りできない

・年数10年~20年未満のゴルファーでも6割以上が平均スコアで100切りできない

といった結果が出ています。

1度100切りを達成することができても、平均スコアで100切りとなるとさらに難易度が上がっています。

ゴルフで100切りを達成するゴルファーの割合の約3割を多いと見るか、少ないと見るかはなんともいえませんが、個人的には100切りは結構難しいことなんだなと感じました。

ゴルフの100切りは短期間で達成できる?

では、ゴルフの100切りは短期間で達成できるものなのでしょうか?

理論的には、パ-72のコースをボギーペースで回れればスコアは90で上がれることになり、余裕で100切りを達成することができます。

これを実現することができないから、100切りが難しいというイメージがありますが、考えようによっては特別な技術がなくても100切りはできるはずです。

以下に100切りを短期間で達成するために必要な要素をあげてみましたが、技術以外の要素が多いのがひとつのポイントです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフ100切りのコツは何?筆者が体験した3つの練習方法

コースマネージメント

100切りを短期間で達成するために最も重要なのが、このコースマネージメントではないでしょうか。

言い換えると18ホールをいかにミス少なく、無難に回れるかだといえます。

繰り返しますが、ボギーペースで回れればスコアは90です。

何もパーオンする必要はないのです。

100切りの達成には、割り切って全ホールでボギーオンを目指しましょう。

こう考えるだけで、精神的にはプレッシャーが少なくなって楽にラウンドできるはずです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフはメンタルスポーツ?弱いなら練習で鍛えるしかない?

ドライバー(ティーショット)

100切りを阻む大きな要因のひとつが、OBです。

そのほとんどがティーショットのドライバー・ショットといっていいでしょう。

ティーショットは、このクラブならOBになならない自信がある、というクラブを使いましょう。

スプーンでも7番アイアンでも何でも構いません。

ボギーオンでOKなのですから、7番アイアンでも3回打てば距離的にはグリーンに届くはずです。

パット数

もうひとつパット数の多さも100切りを阻む大きな要因のひとつです。

100を切れないゴルファーは3パットは当たり前、4パット以上もザラに見かけます。

これでは100切りはかなり難しいでしょう。

しかし、パットだけはある程度の練習が必要で逃れようがない部分だといえます。

技術的な部分では一番難しいともいえますので、パットだけは距離感やタッチをつかむ練習をして3パットを撲滅する必要があります。

クラブセッティング

目立たないようですが、自分に合ったクラブセッティングかどうかも重要です。

まずは打てないクラブは、ラウンドの時はキャディーバッグから思い切って抜きましょう。

練習では打てないクラブを頑張って打てるようになる、という考え方はいいと思いますが、ラウンドでは別問題です。

抜くか、あるいはやさしいクラブにチェンジするなどミスが出にくいクラブでラウンドするべきです。

ゴルフはルールの上では14本のクラブでラウンドできることになっていますが、これは14本以内であれば何本でもいいということでもあります。

自分の苦手なクラブは最初から抜いたクラブセッティングでラウンドするのも100切りを短期間で達成するために有効な手段といえるでしょう。

まとめ

今回は、ゴルフ100切りまでの年数と達成する割合、短期間で達成できるか、について見てきました。

ゴルフ100切りまでの年数は思ったよりも短期間で1年~4年以内が多く、10年以上では経験で100切りを達成するゴルファーもいます。

100切りの割合は約3割と安定して100を切るのは思ったよりも難しいことだとわかります。

しかし、100切りを短期間で達成するためにはパット数といった技術的な要素よりもコースマネージメントなど頭を使うことがかなりのウェイトを占めているようにも思います。

練習時間をあまり確保できなくてもいろいろ工夫することで、可能性が開けてくるともいえるでしょう。

ありらめずに頑張っていきましょう!

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフのシングルプレーヤーの割合と意味は?必要期間や平均スコアも

☞ ゴルフ初ラウンドのスコアはどれくらい?女性・男性別に初心者の場合

☞ ゴルフがうまくならない理由は?上達するための目標と対策はこれ!

コメント