WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせとルールは?テレビ放送も

アメリカ男子プロゴルフツアーの世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC)のWGCデルテクノロジーズマッチプレー2022が、3月23日(水)から27日(日)まで5日間の日程で、テキサス州のオースティン・カントリークラブで開催されます。

普段のストロークプレーのトーナメントとは異なり、WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022はマッチプレーという形式で行われます。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせルールは、どういうものになっているのでしょうか?

今回は、WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせとルール、テレビ放送予定などについて見ていきます。

スポンサーリンク

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせ

まずWGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせですが、64人の出場選手が各4人ずつで16のグループに分かれて行われます。

組み合わせは、各グループに世界ランク1位から16位から1名、17位から32位から1名、33位から48位から1名、49位から64位から1名が抽選で選ばれ、16のグループに分けられます。

出場選手と各グループの組み合わせは、以下の通りです。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の出場選手と組み合わせ
グループ1
ジョン・ラーム、パトリック・リード、キャメロン・ヤング、セバスチャン・ムニョス

グループ2
コリン・モリカワ、ジェイソン・コクラック、セルヒオ・ガルシア、ロバート・マッキンタイア

グループ3
ビクトル・ホブラン、ウィル・ザラトリス、キャメロン・トリンガーリ、セップ・ストラカ

グループ4
パトリック・カントレー、イム・ソンジェ、シーマス・パワー、キース・ミッチェル

グループ5
スコッティ・シェフラー、マシュー・フィッツパトリック、トミー・フリートウッド、イアン・ポールター

グループ6
ジャスティン・トーマス、ケビン・キズナー、マーク・レイシュマン、ルーク・リスト

グループ7
ザンダー・シャウフェレ、トニー・フィナウ、ルーカス・ハーバート、金谷拓実

グループ8
ダスティン・ジョンソン、マックス・ホマ、マシュー・ウルフ、マッケンジー・ヒューズ

グループ9
ブライソン・デシャンボー、テーラー・ゴーチ、リー・ウェストウッド、リチャード・ブランド

グループ10
ルイ・ウーストハイゼン、ポール・ケーシー、コーリー・コナーズ、アレックス・ノレン

グループ11
ジョーダン・スピース、アダム・スコット、ジャスティン・ローズ、キーガン・ブラッドリー

グループ12
ビリー・ホーシェル、トーマス・ピータース、トム・ホジー、ミンウ・リー

グループ13
ティレル・ハットン、ダニエル・バーガー、キム・シウー、クリスティアン・ベゾイデンハウト

グループ14
ホアキン・ニーマン、ケビン・ナ、ラッセル・ヘンリー、マーベリック・マクネリ

グループ15
アブラム・アンセル、ウェブ・シンプソン、ブライアン・ハーマン、バッバ・ワトソン

グループ16
ブルックス・ケプカ、シェーン・ローリー、ハロルド・バーナーIII、エリック・ファンローエン

スポンサーリンク

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022のルール

続いて、WGCテクノロジーズデルマッチプレー2022のルールについてです。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022は、18ホールのマッチプレー方式が基本的な競技ルールです。(18ホールで決着がつかない場合はサドンデスで決着)

予選落ちはなく、すべての出場選手に賞金が与えられるルールとなっています。

5日間の競技日程のうち、1日目から3日目までは各グループで総当たりのマッチが行われ、勝ち1ポイント、引き分け0.5ポイントで各組の総ポイント1位の選手16名が4日目から行われる決勝トーナメントに進出します。

4日目以降はトーナメント形式で、4日目にベスト16と準々決勝、最終日に準決勝と決勝、3位決定戦が行われます。

ルールも普段のトーナメントと違い独特ですが、競技日程も5日間と長丁場に渡り、決勝・3位決定戦まで進むと合計計7マッチをプレーするという過酷なサバイバルマッチといえます。

WGCテクノロジーズデルマッチプレー2022のスケジュール(競技日程)
1日目:3月23日(水)
総当たりマッチ・グループ第1試合

2日目:3月24日(木)
総当たりマッチ・グループ第2試合

3日目:3月25日(金)
総当たりマッチ・グループ第3試合

4日目:3月26日(土)
決勝トーナメント
午前:ベスト16、午後:ベスト8

最終日:3月27日(日)
決勝トーナメント
午前:準決勝、午後:決勝・3位決定戦

スポンサーリンク

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022のテレビ放送

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022は、BSではNHK-BS1で、CSではゴルフネットワークでテレビ放送が予定されています。

NHK-BS1は4日目と最終日、ゴルフネットワークは1日目から最終日までの全ラウンドを生中継の予定です。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

BS:NHK-BS1
4日目 2022年3月27日(日)
午前7:00〜午前9:00(生中継)

最終日 2022年3月28日(月)
午前6:00〜午前8:00(生中継)

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2022年3月24日(木)
午前3:00〜午前9:00(生中継)、午後7:00~午後10:00(録画)

2日目 2022年3月25日(金)
午前3:00〜午前9:00(生中継)、午後2:30~午後5:30(録画)

3日目 2022年3月26日(土)
午前3:00〜午前9:00(生中継)、午後2:30~午後5:30(録画)

4日目
2022年3月26日(土) 午後11:00〜翌午前7:15(生中継)
2022年3月27日(日) 午後7:00~午後10:00(録画)

最終日
2022年3月27日(日) 午後11:00〜翌午前8:15(生中継)
2022年3月28日(月) 午後6:30~午後9:30(録画)

※放送時間は変更になる場合があります。

スポンサーリンク

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022のネット中継予定

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022はテレビ放送の他、「ゴルフネットワークプラス」「GOLF TV」「DAZN」でインターネットによるライブ配信も予定されています。

視聴にはいずれも視聴契約が必要です。(「ゴルフネットワークプラス」は「ゴルフネットワーク」契約者は無料)

「ゴルフネットワークプラス」はテレビ放送と同じ放送時間で、「GOLF TV」と「DAZN」の配信スケジュールは以下の通りです。

ネット中継:GOLF TV、DAZN
1日目 2022年3月23日(水)
午後11:30〜翌午前9:00(生中継)

2日目 2022年3月24日(木)
午後11:30〜翌午前9:00(生中継)

3日目 2022年3月25日(金)
午後11:30〜翌午前9:00(生中継)

4日目 2022年3月26日(土)
午後9:30〜翌午前7:00(生中継)

最終日 2022年3月27日(日)
午11:00〜翌午前8:00(生中継)

「GOLF TV」の視聴や料金など詳細は、こちらからどうぞ↓
「GOLF TV」

「DAZN」の視聴や料金など詳細は、こちらからどうぞ↓
「DAZN」

「ゴルフネットワークプラス」の視聴や料金など詳細は、こちらからどうぞ↓
「ゴルフネットワークプラス」

※配信時間は変更になる場合があります。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の出場資格など概要

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の出場資格は、世界ランキング上位64位までの選手です。

出場資格を持っている選手が欠場する場合は、下位のランクの選手に出場権が繰り下がって与えられます。

日程は3月23日(水)~27日(日)までで、通常のトーナメントより1日多い5日間となっています。

優勝者は、優勝賞金216万ドル(約2億5,000万円)とフェデックスカップ・ポイント550ポイント、PGAツアーの3年間のシード権などを獲得します。

前年2021年大会は、ビリー・ホーシェル(アメリカ)が決勝でスコッティ・シェフラー(アメリカ)を下し、ツアー通算6勝目をあげています。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の出場資格など概要は、以下の通りです。

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の出場資格など概要
開催日程
2022年3月23日(水)~3月27日(日)

開催コース
オースティン・カントリークラブ(アメリカ・テキサス州)
7,108ヤード・パー71

賞金総額
1,200万ドル

優勝賞金
216万ドル

フェデックスカップ・ポイント
550ポイント(優勝者)

前年優勝者
ビリー・ホーシェル(アメリカ)

日本人出場選手
金谷拓実

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

WGCデルテクノロジーズマッチプレーのルールと賞金は?歴代優勝者も
こちらでは、WGCデルテクノロジーズマッチプレーのルールと賞金、優勝者などについてまとめました。世界ゴルフ選手権(WGC)第3戦となるのは今では珍しいマッチプレールールのWGCデルテクノロジーズマッチプレーです。ルールは勝ち進むほど過酷に!

WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせ~まとめ

今回は、WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせとルール、テレビ放送予定などについて見てきました。

まとめると、WGCデルテクノロジーズマッチプレー2022の組み合わせは、64人の出場選手が各4人ずつで16のグループに分かれ、ルールは18ホールのマッチプレー方式で1日目から3日目までは各グループで総当たりのマッチ、4日目にベスト16と準々決勝、最終日に準決勝と決勝、3位決定戦というスケジュールで開催されます。

テレビ放送はNHK-BS1とCSゴルフネットワークで生中継が、ネット中継は「ゴルフネットワークプラス」と「GOLF TV」、「DAZN」でインターネットによるライブ配信が予定されています。

マスターズゴルフ2022の開催まで約2週間となり、選手の調整も最終段階に入っています。

マッチプレーという試合形式ですが、選手にとっては優勝するかどうかはともかく、いい形で終わることが重要といえるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アメリカ男子ツアーマッチプレー
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント