ゴルフ観戦でサインをもらう方法とマナー!写真撮影はOK?

ゴルフ観戦に行って、プレーを見るのももちろん楽しみですが、お目当ての選手がいればサインをもらえればなおうれしいですし、いい思い出にもなります。

しかし、はじめての場合はサインをもらう方法やマナーなどわからないことも多いものです。

このゴルフ観戦のサインですがどんなタイミングで何にサインしてもらえばいいのでしょうか?

また、サインの他に写真撮影はOKなのでしょうか?

今回は、ゴルフ観戦でサインをもらう方法とマナー、また写真撮影はOKなのか、について見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフ観戦でサインをもらう方法~タイミングと場所

ゴルフ観戦でサインをしてもらいたい場合、一番気になるのがサインをしてもらうタイミングではないでしょうか?

ゴルフ観戦はの当然のことですが試合の日ですから、いつでもサインをしてもらえるわけではありません。

選手の邪魔をしては元も子もありません。

主なサインのタイミングとしては2つあって、ラウンドを終えてアテスト後クラブハウスに戻ってきた時か、その後の練習が終わった時です。

アテスト後、クラブハウスの前にはサインを求めるギャラリーたちが集まっています。

またラウンド後の練習の最後はパッティングで終わることが多いので、練習グリーンの周りか、さらにクラブハウス前に移動してサインをするというパターンが多いです。

サイン用のペンは、大会関係者がギャラリーを整理している場合は用意してくれている場合が多いですが、とっさにサインしてもらう場合などに備えて一応準備しておいたほうが無難です。

ただし色紙・スマホケースなどコースで販売していないものに関しては、事前に用意して行きましょう。

スポンサーリンク

サインをもらいやすいのは決勝ラウンドより予選ラウンド?

お目当ての選手のサインが欲しい人は、サインをもらいやすいのは何曜日かということも考えると思います。

決勝ラウンドより予選ラウンドのほうが、サインをしてもらえる確率が高いという見方もありますが、何とも言えません。

選手によっては、最終日のホールアウトしてすべて終わった後のほうがいいということもあります。

お目当ての選手が何曜日にサインすることが多いのかチェックしておく他ないでしょう。

ちなみに筆者の経験では、イ・ボミ選手は2日目の練習終了後にサインすることが多かったです。(あくまで筆者の観戦した範囲です)

ゴルフ観戦でサインをもらう時のマナー

気をつけなければいけないのは、ゴルフ観戦でサインをもらう時のマナーです。

最近は女子ツアーなどではファン・サービスには力を入れてくれているので、選手たちは極力サインには応じてくれますが、最低限のマナーには気を配るべきです。

まずサインをしてもらうタイミングとしては、ラウンド前やラウンド直後にサインを求めるのはマナー違反のようなので控えたほうがいいです。

なので、プレー中はもちろんですが、スタート前も選手は集中していますのでサインを求めるのは止めましょう。

ホールアウト後のプレーに影響がない、選手がリラックスしているタイミングでサインをしてもらうようにするのがマナーです。

また、サインをしてもらう場所もカート道路やギャラリーの通路は避けて、移動の邪魔にならない場所というのがが鉄則です。

過去には長蛇の列ができてしまい、安全上の問題でサイン会が途中で中心になったこともあります。

また、ひとりの選手から一度にたくさんのものにサインをしてもらうのも控えましょう。

1選手につき、ひとつ、多くても2つがマナーではないでしょうか。

ゴルフ観戦でサインといっしょに写真撮影はOK?

観戦中の写真撮影はNGですが、基本的にゴルフ観戦でプレー中はもちろん練習場、パッティング・グリーン、表彰式を含めコース内はすべて写真撮影禁止です。

ただホールアウト後、クラブハウスに戻る時に本人の許可が下りればOKの時もあるようですが、念のため、事前に大会関係者に確認したほうがいいでしょう。

でも筆者がゴルフ観戦で見た限りでは、選手が試合の日に写真撮影に応じているケースは見たことがありません。

また、大会前日にプロアマがあれば、その日だけはOKのことがありますし、トーナメントによっては選手とのチャリティー撮影会などがある場合もあります。

これらのイベントに関しては、各トーナメントの公式サイトやLPGAの公式サイトで確認しておくといいでしょう。

日本女子プロゴルフ協会公式サイト ⇒ https://www.lpga.or.jp/

ゴルフ観戦のサインは何にしてもらえる?

ゴルフ観戦のサインは何にしてもらえるかというとこれは結構幅広くサインしてもらえます。

代表的なところでは、キャップ、ボール、色紙あたりでしょうか。

ポロシャツ、Tシャツ、レインウェア、スマホケースなどギャラリーの持ってくるものほとんどにサインしてくれています。

また、サインしてもらうものを持ってきてなくて急遽サインしてもらいたい場合でも、当日にコースで買えるというのもいいですね。

まとめ

今回は、ゴルフ観戦でサインをもらう方法とマナー、また写真撮影はOKなのか、について見てきました。

まとめるとゴルフ観戦でサインをもらう方法は、タイミングとしてはラウンドを終えてアテスト後クラブハウスに戻ってきた時かその後の練習が終わった時で、場所はクラブハウス前か練習グリーンの周りが多いです。

また、ラウンド前やラウンド中、ラウンド直後にサインを求めるのはマナー違反で、写真撮影は基本的に禁止されています。

見ているとイ・ボミ選手のような人気選手の場合は大会関係者がアナウンスしてギャラリーを誘導していますので、その指示に従うのがいいと思います。

あとは、ファンがお目当ての選手に直接声をかけて、サイン会が始まるパターンが多いように思います。

ケース・バイ・ケースなので、その時の空気を読んで行動するといいのではないでしょうか。

ゴルフ観戦の選手のサインまでもらえれば、きっといい思い出になると思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント