ゴルフのシングルプレーヤーの割合と意味は?必要期間や平均スコアも

ゴルフを始めて90を切るようになると、シングルプレーヤーになりたいという思いが芽生えてくるのではないでしょうか?

シングルプレーヤーになるためには、厳しい練習を長い期間続けて平均スコアを上げていかなければならないというイメージがあり、アマチュアゴルファーにとってはかなりの難関だと思います。

実際、ゴルフのシングルプレーヤーはかなり少ないと聞きます。

ゴルフのシングルプレーヤーとはどういう意味で、割合はどれくらいなのでしょうか?

今回は、ゴルフのシングルプレーヤーの割合と意味、なるまでの期間や平均スコアなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

ゴルフのシングルプレーヤーの意味

通常、世間一般でシングルといえば独身を意味しますが、ゴルフではまったく当てはまりません。

では、ゴルフのシングルプレーヤーの意味は、どういうものなのでしょうか?

ゴルフのシングルプレーヤーとは、ハンディキャップが0~9までの一桁のアマチュアゴルファーのことを意味します。

このシングルプレーヤーの中でもハンディキャップが1~5までのゴルファーのことを片手シングルと分けて呼んだりもします。

さらにハンディキャップが0になると、スクラッチプレーヤーと呼ばれ、このレベルまで達すると周りのゴルファーからは尊敬の眼差しで見られることになります。

さらにさらにスクラッチプレーヤーよりうまくなると、プラス・ハンディという領域まであります。

また逆にゴルフがうまくなりすぎると、仕事をしていないのではないか、と疑惑の目(?)を向けられたりすることもあります。(笑い)

ゴルフのシングルプレーヤーの割合

では、気になるゴルフのシングルプレーヤーの割合はどれくらいなのでしょうか?

一般的にゴルフ人口に占めるシングルプレーヤーの割合は5~7%程度といわれていますから、20人に約1人の割合です。

5~7%程度と聞くと「それぐらいかなぁ」とも思いますが、20人に約1人と聞くとかなり少ないと感じるのではないでしょうか。

日本のゴルフ人口を約700万人として、この5%をシングルプレーヤーとして計算すると人数としては約35万人ということになります。

こうして見ると、シングルプレーヤーって本当に少ないんだなぁ、と実感します。

尊敬されるのも納得です。

スポンサーリンク

ゴルフのシングルプレーヤーになるまでの必要期間と平均スコア

これほどまでにゴルフのシングルプレーヤーになることは難しいですが、現実的にシングルプレーヤーになるまでの必要期間平均スコアはどうでしょうか?

ゴルフのシングルプレーヤーになるためにはかなりの練習量が求められますが、実はどちらも環境に左右されるようです。

ゴルフのシングルプレーヤーになるまでの必要期間

ゴルフのシングルプレーヤーになるまでの必要期間は、ゴルファーによって個人差が大きいといえます。

シングルプレーヤーの平均年齢はざっくり見て50歳前後に多いですが、例えば二十歳からゴルフを始めたとすると20~30年かかることになります。

しかし、実際にはどうでしょうか。

集中的にゴルフに励んだゴルファーは割と早く、数年ほどでシングルプレーヤーになっているように思います。

学生時代にゴルフ部に所属していたゴルファーなどはシングルプレーヤーになるのはやはり早いでしょう。

日本のゴルフはどうしても経済的な事情がからむので、ある程度の収入に達した年齢のほうがゴルフに熱心に打ち込めるのではないかと思います。

ゴルフのシングルプレーヤーの平均スコア

理論的には、シングルプレーヤーは平均スコア81以内で回り、ハンディキャップを9までに抑えなくてはいけません。

ただ実際には、コースの難易度(コースレート)が加味されて、平均スコアはもう少し打ってもシングルプレーヤーにはなれます。

コースによって異なりますが、平均スコア85ぐらいでも十分に可能です。

難易度(コースレート)が高いコースをホームコースにしているゴルファーと、難易度(コースレート)の低いコースをホームコースにしているゴルファーでは平均スコアに差が出てくることになりますから個人差が生じてきます。

コースによっては、ハーフ42~43でもシングルプレーヤーになれる可能性があるということです。

なんだか少し希望が出てくるような気がします。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフコースのホールの難易度は何でわかる?ハンディキャップが目安

☞ ゴルフコースの難易度はコースレートで決まる?その意味や平均も紹介

まとめ

今回は、ゴルフのシングルプレーヤーの割合と意味、なるまでの期間や平均スコアなどについて見てきました。

ゴルフのシングルプレーヤーの意味は、ハンディキャップが0~9までの一桁のアマチュアゴルファーのことで、割合はゴルフ人口の5~7%程度、20人に約1人といわれています。

シングルプレーヤーになるまでの期間や平均スコアには個人差があり、集中的にゴルフに励んだゴルファーは割数年ほどでシングルプレーヤーになれますし、平均スコアはコースによって異なり、85ぐらいでも十分に可能です。

憧れのシングルプレーヤーではありますが、頑張ればなんとかなるかもしれませんね。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの飛ばし屋はアマチュアで何ヤード?ドライバーの平均飛距離も

☞ ゴルフのブービー賞とは?ブービーメーカーとの意味の違いや由来

☞ ゴルフのボギーの意味と由来は?スコアの種類と呼び方の基本

☞ ゴルフのOKパットとは?距離の基準と数え方にルールはある?

コメント