時松隆光のクラブセッティング!ドライバーからアイアンのシャフトも

親しみやすいキャラクターとルックスから人気選手となり、2020年から選手会長に就任しているのが時松隆光選手です。

ゴルファーでは数少ないベースボール・グリップからのショットにもかかわらず正確性は抜群で、ツアーでも優勝を飾りトッププロの仲間入りを果たしています。

そんな時松隆光選手のクラブセッティングには私たちアマチュア・ゴルファーにも参考になる点をいくつも見つけることができました。

今回は、ドライバーからアイアン・ウエッジのシャフトなど時松隆光選手のクラブセッティングや使用ボールなどを見ていきます。

スポンサーリンク

時松隆光のクラブセッティング

時松隆光選手のクラブセッティングは、契約先のミズノを中心に構成されています。

以前はナイキとクラブ契約を結んでいましたが、2016年にナイキがクラブ・ボールの製作から事業撤退してからしばらくの間は契約フリーとなっていました。

その間、キャディーバッグの中にはさまざまなメーカーのクラブが入っていましたが、2019年4月にミズノとクラブ契約を結ぶことになりました。

構成は、ドライバー以下、フェアウェイウッドは3W(スプーン)と5W(クリーク)の2本、ユーティリティも3UTと4UTの2本、アイアンは5番~PWの6本、ウエッジが2本にパターという14本で、非常にオーソドックスなクラブセッティングです。

時松隆光選手は、クラブには“やさしさ”を求めているということもあって、私たちアマチュア・ゴルファーにも大変、参考になるクラブセッティングだといえます。

シャフトはドライバーからユーティリティまではカーボンシャフト、アイアンとウエッジはスチールシャフトを使用していますが、こちらはパワーのあるアマチュア・ゴルファーなら使いこなせるのではないでしょうか。

では、時松隆光選手のクラブセッティングを見ていきましょう。

スポンサーリンク

時松隆光のドライバー

ミズノ:「ST200X ドライバー」(10.5度)
シャフト:グラファイトデザイン「ツアーAD・MJ-6」(長さ45.5インチ・フレックス:X)

時松隆光選手の使用ドライバーは、ミズノ「ST200X」で、高初速・低スピンを実現し重心距離が短めに設定されたやさしいモデルです。

スイングや求める弾道に合わせてロフト角・ライ角のセッティングが可能な、”クイックスイッチ”を装着したドライバーです。

時松隆光のフェアウェイウッド

3W(スプーン)
キャロウェイ:「マーベリック・サブゼロ」(15度)
シャフト:グラファイトデザイン「ツアーAD・F-65」(長さ43インチ・フレックス:S)

5W(クリーク)
ミズノ:「ミズノプロ・フェアウェイウッド」(18度)
シャフト:グラファイトデザイン「ツアーAD・F-75」(長さ42インチ・フレックス:S)

時松隆光選手の使用するフェアウェイウッドは、3W(スプーン)がキャロウェイの「マーベリック・サブゼロ」、5W(クリーク)がミズノの「ミズノプロ」です。

クラブセッティングの中で多くがミズノのモデルを採用してる中で、3W(スプーン)がキャロウェイというのが目を引きます。

以前の3W(スプーン)もキャロウェイの「エピック」を使用していたので時松選手ならではのこだわりがある部分だと思われます。

時松隆光のユーティリティ

3UT・4UT(19度・22度)
ミズノ:「ミズノプロ・フライハイ」
シャフト:グラファイトデザイン「ツアーAD・HY-95」(フレックス:S)

時松隆光選手はロングアイアンを外して、ユーティリティを3UTと4UTの2本を入れています。

以前はウッド型ユーティリティー2本でしたが、現在はアイアン型ユーティリティの「ミズノプロ・フライハイ」2本に変更しています。

これならユーティリティがアイアンからの延長線上にあり、流れも違和感がないのではないでしょうか。

ユーティリティというよりはやさしいロングアイアンという感覚が持てます。

時松隆光のアイアン

5番~PW
ミズノ:「MP-66」
シャフト:N.S.PRO「プロトタイプ・システム3」(フレックス:S)

時松隆光選手の使用アイアンはミズノ「MP-66」で、契約フリーの頃から使い続けていることからも大きな信頼を寄せていることがわかります。

ミズノ「MP-66」はキャビティ・タイプの軟鉄鍛造アイアンで、コンパクトなヘッドにミズノ伝統のフォルムが大変美しいアイアンです。

ターゲットに対してまっすぐにアドレスを取りやすいだけでなく、ミスヒットにも強いやさしさも兼ね備えたモデルです。

時松隆光のウエッジ

51度・58度
ミズノ:「ミズノプロ・S18 ウエッジノンメッキ・ツヤなし」
シャフト:N.S.PRO「プロトタイプ・システム3」(フレックス:S)

時松隆光選手が使用するウエッジは、ミズノ「ミズノプロS18」で、51度と58度の2本体制です。

フェアウェイウッドとユーティリティを2本ずつ入れると、どうしてもウエッジは2本になってしまいますね。

時松隆光のパター

オデッセイ:「プロトタイプ ix #1」

時松隆光選手の使用パターは、オデッセイ「プロトタイプ ix #1」で、オーソドックスなピンタイプです。

以前は違うメーカーのパターを使用していたこともありましたが、形状はやはりピンタイプでした。

今後、パターを変えることはあっても長年慣れ親しんだピンタイプから離れることはなさそうです。

時松隆光の使用ボール

ブリヂストン:「ツアーB X ボール」

時松隆光選手の使用ボールは、ブリヂストンの「ツアーB X」で、スピンタイプの3ピース構造のボールです。

スピンタイプのボールですが、中弾道でしっかりした打感、飛距離・スピン性能に優れています。

時松隆光のクラブセッティング~まとめ

今回は、ドライバーからアイアン・ウエッジのシャフトなど時松隆光選手のクラブセッティングや使用ボールなどを見てきました。

時松隆光選手のクラブセッティングは、ドライバー以下、フェアウェイウッドは3W(スプーン)と5W(クリーク)の2本、ユーティリティも3UTと4UTの2本、アイアンは5番~PWの6本、ウエッジが2本にパターという14本で、非常にオーソドックスなクラブセッティングです。

時松隆光選手は、クラブには“やさしさ”を求めているので、クラブセッティングはアマチュア・ゴルファーも参考にしたいところです。

シャフトはドライバーからユーティリティまではカーボンシャフト、アイアンとウエッジはスチールシャフトで、使いこなすにはある程度のパワーが求められます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※プロゴルファーは状況に応じて使用クラブを変えるため、実際使用するクラブセッティングは異なる場合があります。

コメント