冬ゴルフは日没時間に注意してスタート!日没サスペンデッドって何?

冬のゴルフはオフシーズンということで、料金が安く、しかも空いているのがいいですよね。

しかし、だからといって暖かい時期と同じ感覚でいると思わぬ状況に出くわしたりします。

それは日没時間です。

プロの場合は日没サスペンデッドという規定があるので、翌日以降に競技を再開できますが、我々アマチュア・ゴルファーはそうはいきません。

冬のゴルフはどんなことに注意してスタートすればいいのでしょうか?

今回は、「冬ゴルフは日没時間に注意してスタート!日没サスペンデッドって何?」と題して、ゴルフと日没時間について見ていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

冬ゴルフは日没時間に注意してスタート

冬のゴルフは寒いというイメージがまず浮かぶと思いますが、忘れてはいけないのが日没時間が早いということです。

日が沈めばそれに伴って気温も低下していきますから、なるべく早い時間にラウンドを終了したいところですね。

目標としては、午後4時までラウンドを終了したいところです。

冬場は午後4時を過ぎると日没の影響で徐々に暗くなってくるからです。

かと言ってあまり朝早いスタートも寒くて辛いですから、スタート時間は午前9時~10時に設定しておくのがおすすめです。

ラウンド時間を5時間と仮定して昼食休憩が1時間加わると合計6時間ほどになります。

スタート時間が午前9時~10時であれば、午後3時~4時にラウンドが終了できる計算になります。

このように冬のゴルフは日没時間に注意してスタート時間を設定していつもより早めにラウンドを終了するようにしたいですね。

ラウンド終了後は、お風呂に入って冷えた体をゆっくり暖めるといいでしょう。

日没サスペンデッドって何?

サスペンデッドとは何らかの理由によって試合の続行が不可能になった場合に一時中断して、翌日以降に中断した時と同じ状態で試合を再開することをいいます。

この何らかの理由が日没で、ボールが見えなくなってサスペンデッドになった場合を日没サスペンデッドといいます。

日本のトーナメントではあまり見られませんが、アメリカツアーなど海外のトーナメントでは、よく見かけますね。

残りのホールは翌日の早朝にプレーされることがほとんどです。

サスペンデッドには日没の他に荒天、設備の故障・不備・事故などがあります。

プレーオフになってどうしてもその日のうちに競技を終了したい場合にゴルフ場の照明設備でグリーンを照らしながら続行したケースもあります。

まとめ

今回は、「冬ゴルフは日没時間に注意してスタート!日没サスペンデッドって何?」と題して、ゴルフと日没時間についてまとめました。

冬のゴルフは、日没時間が早いので目標としては、午後4時までラウンドを終了するようにスタート時間を設定するのがおすすめです。

ラウンド時間を5時間と仮定して昼食休憩が1時間加わると合計6時間ほどですから、スタート時間が午前9時~10時であれば、午後3時~4時にラウンドが終了できる計算になります。

また、日没によりボールが見えなくなってサスペンデッドになった場合を日没サスペンデッドといいますが、我々アマチュア・ゴルファーの普段のラウンドには縁がありません。

何かと暖かい時期とは勝手が違う冬のゴルフですが、工夫次第でいいゴルフになります。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の冬のゴルフに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 冬ゴルフにカイロは必需品!正しい使い方と効果的な貼る場所はどこ?

☞ ゴルフは冬はなぜボールが飛ばないの?飛距離に差が出る理由はこれ!

☞ ゴルフコースは冬に雪が降ったらどうする?営業できない時期はこれ!

コメント