冬ゴルフにカイロは必需品!正しい使い方と効果的な貼る場所はどこ?

スポンサーリンク

ゴルフというとまず寒さ対策ですね。

しっかり着込んでコースに出ますが、それでも真冬ともなれば寒さが身に沁みます。

まして、吹きさらしの場所が多いゴルフ・コースでは風が強い日などはいくら防寒対策をしていても寒くてしかたがありません。

そんな時、必需品なのがカイロです。

このカイロ、どこに貼るのが効果的なのでしょうか?

正しい使い方はご存知ですか?

今回は、冬ゴルフに必需品のカイロの正しい使い方と効果的な貼る場所はどこか、見ていきます。

スポンサーリンク

冬ゴルフにカイロは必需品

冬のゴルフはスイングの時に寒さで手がかじかんでしまってうまくスイングができない、といったことがよくあります。

どうしても寒さで体が固くなってしまうのが原因で、スムーズに体が動いてくれません。

また、寒さ対策で着込んで厚着になっているのも影響しているでしょう。

この冷えて固くなった体でゴルフをしてもショットが左右に散らばりやすいのは仕方がない、と諦めるのはまだ早いです。

冬のゴルフにはカイロが非常に効果的です。

しかもコースで周りを見ていると案外カイロを持っている人は少ないんですよね。

これはライバルに差をつけるチャンスかもしれません。

カイロをうまく使うことによって、少しでも体を温めてナイスショットにつなげていきましょう!

スポンサーリンク

冬ゴルフのカイロの正しい使い方と効果的な貼る場所はどこ?

カイロに正しい使い方なんてあるの?と思うかもしれません。

人間の体にはここを温めれば、血行がよくなったりして体が回りやすいという場所があります。

効果的な貼る場所や温める場所があれば、そこにカイロを使うのが正しい使い方です。

では、貼らない通常のカイロと貼るカイロの場合の2つに分けて見ていきましょう。

貼らない通常のカイロの場合

ズボンのポケット
まずはズボンのポケットの中です。ズボンのポケットのあたりは股関節の付け根で、鼠径部といわれる部分にあたります。ここには太い血管が走っており、ここを温めることで体全体が温まり、体の回転にもいい効果を期待できます。

手袋
冬のゴルフでは、指先がかじかんで思うようにグリップできなくなることが多々あります。特にアプローチやパッティングなど繊細なタッチを要求される時などは非常に困ります。そんな時には指の部分にカイロを入れられるような作られているミトンタイプの手袋がおすすめです。この手袋の中にカイロを入れて手を温めます。自分がショットする時以外は常時これで手を温めておけば相当違うでしょう。

背中
ゴルフのジャケットの中には、背中側にカイロを入れることができるポケットがついているタイプのものがあります。これならズボンのポケットと同様に体全体が温まり、とても便利です。

貼るカイロの場合

肩甲骨
気温が低くなると肩が凝るという方は多いと思いますですが、ゴルフも肩回りの血行をよくしておくことが大切です。肩甲骨を温めることで、肩の回転を普段通りにできるようにしましょう。2枚貼るのがおすすめです。

尾てい骨上部
尾てい骨の上部にはツボがあり、ここが冷えると体全体が冷えてしまいやすいです。また、骨盤内の臓器の血行もよくなります。


首回りは自律神経の密集エリアです。当然のことながら、ここを温めておくと血行がよくなります。タートルネックの裏側にカイロを貼ったり、小さな薄いハンドタオルにカイロを貼ったりして温めるのがいいでしょう。

まとめ

今回は、冬ゴルフに必需品のカイロの正しい使い方と効果的な貼る場所はどこか、見てきました。

冬のゴルフは体が固くなってしまい、思うように体が回らずショットが散らばってしまいます。

そんな時にはカイロを使って体を温めてナイスショットにつなげていきましょう。

カイロの正しい使い方は、貼らない通常のカイロはズボンのポケット・手袋・ジャケットなどに入れて、貼るタイプのカイロは肩甲骨・尾てい骨上部・首などに使用して体を温めます。

冬のゴルフにあるのとないのでは大違いなのが、カイロの存在です。

いわば冬のゴルフにカイロは必需品です。

カイロのあるなしで、スコアもだいぶ違ってくるかもしれません。

うまく使ってスコア・アップにお役立て下さい。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の冬のゴルフに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ゴルフは冬はなぜボールが飛ばないの?飛距離に差が出る理由はこれ!

☞ ゴルフコースは冬に雪が降ったらどうする?営業できない時期はこれ!

☞ 冬ゴルフは日没時間に注意してスタート!日没サスペンデッドって何?

コメント