パターではグローブ外すほうがいい?メリットとデメリットは?

スポンサーリンク

パターではグローブ外すゴルファーのほうが多数派だと思っていましたが、最近では特に女子プロゴルファーでグローブを外さないでパターをしているプロが目につきます。

ショットと違いパターの時はクロスハンドグリップなどさまざまな握り方があり、非常に繊細なフィーリングが求められます。

中にはイップスになってしまうゴルファーもいて、ゴルファーはみんなさまざまな工夫をしています。

パターではグローブ外すほうがいいのかどうかも無視できない問題で、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回は、パターではグローブ外すほうがいいのか、メリットとデメリットなどを考えてみます。

スポンサーリンク

パターではグローブ外すほうがいい?

現在はグローブを外す派が多数を占めていますが、以前からもグローブを外さずにパターをする超一流プロはいます。

有名なところでは青木功プロやレクシー・トンプソンあたりですが、最近では河本結選手や松田鈴英選手など国内女子ツアーでも見られています。

逆に、パターの時だけでなくショットの時も素手でプレーする選手もいます。

海外ではフレッド・カプルスやロレーナ・オチョア、国内では不動裕理プロなどです。

グローブを外さない派は少数派なのは変わりませんが、グローブを外す派もどちらのタイプもフィーリングというか感覚を重視しているのがポイントです。

パターではグローブ外すほうがいいのかどうかは、結局はゴルファーのフィーリング次第だといえます。

パターでグローブを外す~ルール上はどうか?

では、ゴルフのルールにおいてグローブの使用は、どのように決められているのでしょうか?

確認しておきましょう。

2019年の用具規則では、グローブは、

プレーヤーがクラブを握る援助となる手袋をはめることができる。ただし、手袋は単純でなければならない。

2019年用具規則 機器と他の用具 2. 手袋(規則4.3) より引用

と、規定されています。

ゴルフのルールにおいて、グローブを外す外さないはゴルファーの意思によって自由に決めていいということになります。

スポンサーリンク

パターでグローブ外すメリットとデメリット

パターではグローブ外すほうがいいのかどうかは、ゴルファーのフィーリング次第だというのはわかりました。

では、パターの時にグローブを外すメリットとデメリットを見ていきましょう。

グリーン上のフィーリングに悩んでいるゴルファーの参考になればと思います。

パターでグローブ外すメリット

パターでグローブを外す最大のメリットは、やはり素手なのでフィーリングがダイレクトに伝わりやすいということでしょう。

ショット以上により繊細なタッチを要求されるパットの時は、グローブを外すメリットが大きいと見ています。

その他にもグローブを外すメリットは、以下のようなものがあります。

・汗などで蒸れずにプレーできる

・手首から先の日焼けあとが残りづらい

パターでグローブ外すデメリット

パターでグローブを外すデメリットですが、グローブを外さない派はこれがイヤでグローブを外さないわけです。

少数派とはいえ、そこにはちゃんと理由があります。

・手先のフィーリングが敏感になりすぎる

・グリップの滑りが気になる

・単純にグローブを外すのが面倒くさい

パターでグローブ外す場合の注意点

最後にパターでグローブを外す場合の注意点です。

グローブを外すということは、ひとつグリーン上で作業が増えることになります。

パターの打順が回ってきているのに、グローブを外すのに手間取っている同伴プレイヤーを見たことはありませんか?

グリーン上だけではありません。

次のホールのティーイングエリアで、グローブをつけるのに手間取ることもあります。

たかがグローブを外すだけと思ってしまいますが、もたつくとスロープレーになりかねません。

グローブを外さない派の中には、グローブの着脱の時間を気にして同伴プレイヤーに迷惑をかけないようにという配慮からグローブを外さないゴルファーもいるほどです。

パターのフィーリングがどうのこうのという前に気をつけたいところです。

パターでグローブ外すメリットとデメリット~まとめ

今回は、パターではグローブ外すほうがいいのか、メリットとデメリットなどを考えてみました。

パターではグローブを外すほうがいいのかどうかは、ゴルファーのフィーリング次第で自由です。

グローブを外すメリットは、フィーリングがダイレクトに伝わりやすい、蒸れない、日焼けあとがつきづらいなどがあります。

逆にデメリットとしては、手先のフィーリングが敏感になりすぎる、グリップの滑りが気になる、面倒くさいなどがありますが、グローブの着脱時間によるスロープレーには十分注意したいところです。

たかがグローブ、されどグローブです。

パターのフィーリングに悩んでいるゴルファーは、ぜひいろいろ試していただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント