TOTOジャパンクラシックの出場資格と賞金!歴代優勝者とコースも

TOTOジャパンクラシックは日米共催の大会で、1973年にLPGAジャパンクラシックの大会名で始まりました。

日本国内で唯一のアメリカ女子ツアーの公式戦で、世界のトッププロのプレーが間近で見られるとあって他の国内トーナメントとは一線を画しています。

日米共催のため出場資格も日米で異なり、歴代優勝者の顔触れも国際色豊かです。

今回は、TOTOジャパンクラシックの出場資格と賞金、歴代優勝者とコースなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

TOTOジャパンクラシックの出場資格

TOTOジャパンクラシックは日米共催のため、出場選手はアメリカ女子ツアー43名、国内女子ツアー35名の計78名です。

いつもの国内女子ツアーより出場選手の枠に限りがあり、出場資格を獲得できるのはその年に活躍している上位選手に限られることになります。

出場資格は日米で異なり、出場資格の詳細は以下のようになっています。

アメリカツアーの出場資格(全米女子プロゴルフ協会所属選手):
ボランティア・オブ・アメリカクラシック(2019年の場合・10月3日~10月6日開催)までの賞金ランキング上位43名

国内女子ツアーの出場資格(日本女子プロゴルフ協会所属選手):
富士通レディース(2019年の場合・10月18日~20日開催)までの賞金ランキング上位35名

※ただし、2020年のTOTOジャパンクラシックは新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本女子ツアーの単独開催となったため、アメリカツアーの出場枠がなくなり10月12日時点の世界ランキング上位43名の選手にも出場資格が与えられることになりました。

スポンサーリンク

TOTOジャパンクラシックの賞金

TOTOジャパンクラシックは3日間、54ホールのストロークプレーで予選カットはなく獲得賞金はすべて賞金ランクに加算されます。

アメリカツアーの強豪選手も多数参加するため、通常の国内での大会よりもレベルは上がりますが、それでも予選カットがないというのは選手にとっては大きなモチベーションアップになるでしょう。

TOTOジャパンクラシックの賞金は、賞金総額150万ドル(約1憶6,500万円)、優勝賞金22万5,000ドル(約2,475万円)となっています。(2019年まで)

ただし、2020年は新型コロナウイルスによる渡航制限のため、日本女子ツアーの単独開催となり賞金総額は1億6,000万円となっています。

TOTOジャパンクラシックの歴代優勝者とコース

2000年以降のTOTOジャパンクラシックの歴代優勝者を見てみると、アニカ・ソレンスタム選手(スウェーデン)の5連覇が光りますが、日本ツアーからの優勝者も多く上田桃子選手は2度の優勝があります。

TOTOジャパンクラシックは全米女子プロゴルフ協会(LPGA)の公式戦でもあるので、優勝者はアメリカツアーの出場権も獲得できます。

日本ツアーの選手にはTOTOジャパンクラシックの優勝を足掛かりに、ぜひアメリカツアーに挑戦してもらいたいものです。

2000年以降のTOTOジャパンクラシックの歴代優勝者と開催コースは、以下の通りです。

TOTOジャパンクラシックの歴代優勝者(2000年以降)と開催コース
2020年 ?太平洋クラブ美野里コース(茨城県)
2019年 鈴木愛(日本)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2018年 畑岡奈紗(日本)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2017年 フォン・シャンシャン(中国)太平洋クラブ美野里コース(茨城県)
2016年 フォン・シャンシャン(中国)太平洋クラブ美野里コース(茨城県)
2015年 アン・ソンジュ(韓国)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2014年 イ・ミヒャン(韓国)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2013年 テレサ・ルー(台湾)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2012年 ステイシー・ルイス(アメリカ)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2011年 上田桃子(日本)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2010年 申ジエ(韓国)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2009年 宋ボベ(韓国)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2008年 申ジエ(韓国)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2007年 上田桃子(日本)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2006年 カリー・ウェブ(オーストラリア)近鉄賢島カンツリークラブ(三重県)
2005年 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2004年 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2003年 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2002年 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)
2001年 アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)
2000年 ローリー・ケーン(カナダ)瀬田ゴルフコース・北コース(滋賀県)

TOTOジャパンクラシックの出場資格と賞金~まとめ

今回は、TOTOジャパンクラシックの出場資格と賞金、歴代優勝者とコースなどについて見てきました。

TOTOジャパンクラシックの出場資格は日米で異なり、通常のトーナメントより狭き門になっています。

賞金は賞金総額150万ドル(約1憶6,500万円)、優勝賞金22万5,000ドル(約2,475万円)で、歴代優勝者には日米両ツアーのトッププロの名が並び顔触れも国際色豊かです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント