ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由は?ラウンド後半の力みに注意!

スポンサーリンク

今日は調子よくラウンドしているなと思っていて、急に飛び出すのが、チーピンです。

時には原因がわからずに連発してしまうこともあり、こうなるとそれまでのゴルフは台無しです。

こんな経験をしたゴルファーは少なくないのではないでしょうか?

筆者もチーピンで痛い目にあったことがあり、他人事ではありません。

特にチーピンがよく出るのはゴルフのラウンドで疲れが出る後半なのですが、これはいったいなぜなのでしょうか?

今回は、ゴルフで疲れるとチーピンが出るの理由などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由

ゴルフで1発目にチーピンが出るのは、調子がいい時ほど突然出ることが多いのではないでしょうか?

自分では何も意識せず、それまで通りにスイングしているつもりなのになぜ?、と思いますよね。

やはりゴルフもスポーツですから疲れると自然に体は楽をしようとして、器用な手で操作しようとします。

ゴルフで疲れるのは上半身より下半身ですから、下半身の疲れにより体の回転が止まり、手が返ってしまいやすくなります。

これが、ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由です。

疲れを自覚していなくても体は正直で、わずかなズレがチーピンを誘発することもあります。

中には明らかに体重移動ができずに、右足に体重が残ったままの”明治の大砲”のスイングになってしまうゴルファーも見受けられます。

スポンサーリンク

チーピン対策はラウンド後半の力みに注意

ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由はわかりました。

となると疲れが出やすいラウンド後半には、チーピン対策が必要になります。

特に体が回らない時には、どうしても右手(利き腕が左の人は左手)に力が入りがちです。

ラウンド後半の力みには要注意です。

ラウンド後半で少しでも疲れを感じたり、あるいは疲れが出る少し前あたりから意識的に体の回転を先行させスイングする意識を持つといいでしょう。

また、メンタル的にはそれまでいいスコアでラウンドしていて自己ベスト更新を意識した時などに突如として乱れてチーピンを連発することも少なくありません。

自己ベスト更新などが頭にチラついたら、それはすでに平常心ではない証拠です。

そんな時は、もう一度スタートホールを迎えるつもりでリセットするのがおすすめです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフのチーピンの由来は?止まらない原因や防止するドリルも紹介!

ゴルフは疲れた時ほど下半身

ここまで読み進めると、

疲れ→下半身が止まる→体の回転が止まる→手が返る→チーピン

という流れになることがわかります。

となると、ゴルフでは疲れた時ほど下半身の動きがポイントとなります。

右手の力を抜くことも重要ですが、リズムよくダウンスイングを下半身から始めるスイングを意識しましょう。

また、加齢など理由で体力が低下して疲れてしまうという場合は、普段のトレーニングの重要になってきます。

ランニングやウォーキング、ストレッチなどを行い、下半身強化に努めるようにしましょう。

それと、ちょっとセコイ話になりますが、ラウンド中はなるべく体力を使わないようにするのもひとつの方法です。

少しでも体力を温存する作戦です。

特に山岳コースではアップダウンが激しいですから、そういう場所は乗用カートを利用するように心がけましょう。

まとめ

今回は、ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由などを見てきました。

ゴルフで疲れるとチーピンが出る理由は、下半身の疲れにより体の回転が止まり、手が返ってしまいやすくなるからです。

チーピン対策はラウンド後半の力みに注意し、積極的に体の回転を先行させるようにしましょう。

ゴルフは疲れた時ほど下半身を使うことがポイントといえます。

ラウンド後半のチーピンで悩んでいるゴルファーは、これを克服すればスコアも伸びるはずです。

ベストスコア更新を目指して、頑張りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフの疲れの取り方は?疲労感を軽減する食事・睡眠などの対策5選

☞ フックとドローの違いは何?スライスとフェードも同じじゃないの

☞ ドローとフェードはどっちがいい?メリットと飛距離の違いなど

コメント