松山英樹が出場!ロケットモーゲージクラシック2020の結果速報!

アメリカ男子プロゴルフツアーのロケットモーゲージクラシック2020が、アメリカ・ミシガン州のデトロイトゴルフクラブで7月2日~5日まで4日間の日程で開催される予定です。

日本から出場を予定しているのは松山英樹選手のみで、前年の第1回大会に続いての出場となります。

前年はまずまずの結果だっただけに今週のロケットモーゲージクラシック2020では、さらに上の納得できる結果を残したいところです。

今回は、松山英樹選手が出場するロケットモーゲージクラシック2020の結果速報などを見ていきます。

スポンサーリンク

松山英樹のロケットモーゲージクラシック2020の結果速報

松山英樹選手にとってツアー再開後初の出場となったRBCヘリテージ2020では、まさかの予選落ちという結果に終わりました。

ツアー中断前のツアー選手権1日目までは好調を持続していただけに、期待を裏切ってしまうことになったのは残念でした。

ツアー再開後2戦目の出場となるロケットモーゲージクラシックは今年が2回目の開催となる比較的新しいトーナメントですが、松山英樹選手は第1回となった前年2019年にも出場して上位争いを演じ13位タイという結果を残しています。

相性は悪くなさそうですし、今週のロケットモーゲージクラシック2020でぜひ本来のゴルフを取り戻してほしいところです。

松山英樹選手のロケットモーゲージクラシック2020の結果速報は、2日目を終えて通算5アンダー55位タイでカットラインギリギリで予選を通過し決勝ラウンドに進んでいます。

松山英樹のロケットモーゲージクラシック2020~2日目の結果速報

松山英樹選手の2日目は、6バーディー、2ボギーの68でラウンドし、トップと7打差の通算5アンダー55位タイでカットラインギリギリの予選通過となりました。

3日目の組み合わせとスタート時間は、ルーク・ドナルド(イングランド)との組み合わせで、22時15分(日本時間4日)にアウトコースからスタートの予定です。

松山英樹の2日目の順位とスコア:55位タイ -5(71・68)

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
PAR 4 4 4 5 3 4 5 4 3 36
Score 35
Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN
PAR 4 3 4 4 5 3 4 5 4 36 72
Score 33 68

◎:イーグル、○:バーディー、-:パー、△:ボギー、□:ダブルボギー、■:トリプルボギー

スポンサーリンク

松山英樹のロケットモーゲージクラシック2020~1日目の結果速報

松山英樹選手の1日目は、4バーディー、3ボギーの71でラウンドし、トップと6打差の1アンダー87位タイのスタートとなりました。

2日目の組み合わせとスタート時間は、1日目と同じくパトリック・リード(アメリカ)とブライソン・デシャンボー(アメリカ)との組み合わせで、20時45分(日本時間3日)にインコースからスタートの予定です。

松山英樹の1日目の順位とスコア:87位タイ -1(71)

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
PAR 4 4 4 5 3 4 5 4 3 36
Score 34
Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN
PAR 4 3 4 4 5 3 4 5 4 36 72
Score 37 71

◎:イーグル、○:バーディー、-:パー、△:ボギー、□:ダブルボギー、■:トリプルボギー

松山英樹の1日目の組み合わせとスタート時間

松山英樹選手の1日目の組み合わせとスタート時間は、パトリック・リード(アメリカ)とブライソン・デシャンボー(アメリカ)との組み合わせで、2時00分(日本時間3日)にアウトコースからスタートの予定です。

ロケットモーゲージクラシック2020の結果速報

ロケットモーゲージクラシック2020の結果速報は2日目を終えて、ウェブ・シンプソン(アメリカ)、クリス・カーク(アメリカ)の2選手がトップに立っていますが、3位以下は大混戦になっています。

ロケットモーゲージクラシック2020~2日目の結果速報

1位T -12 ウェブ・シンプソン、クリス・カーク
3位T -11 ブライソン・デシャンボー、マシュー・ウルフ、マーク・ハバード、リチ・ワレンスキー 、シェームス・パワー、ライアン・アーマー
9位T -10 ケビン・キスナー、セップ・ストレイカ
11位T -9 ドック・レドマン、J.J.スパウン、マット・ウォリス、トロイ・メリット、ハドソン・スワフォード、ブランドン・ハジー、ブライアン・スチュアード、ティレル・ハットン、キャメロン・トリンゲール

55位T -5 松山英樹、他

ロケットモーゲージクラシック2020~1日目の結果速報

1位T -7 ケビン・キスナー、ドック・レドマン、スコット・ストーリングス
4位T -6 エミリアノ・グリジョ、クリス・ストラウド、ブライソン・デシャンボー、ピーター・マルナティ、チェース・サイファート、J.J.スパウン、マット・ウォリス
11位T -5 アダム・ハドウィン、ライン・ギブソン、ルーカス・グローバー、ジェームズ・ハーン、クリス・カーク、リッキー・ファウラー、リチ・ワレンスキー 、ヘンリク・ノールランダー、シェームス・パワー、ハドソン・スワフォード、マーク・ハバード、ジョージ・マクニール、ジョンソン・ワグナー 、ブランドン・ハジー

87位T -1 松山英樹、他

ロケットモーゲージクラシック2020のテレビ放送予定

ロケットモーゲージクラシック2020のテレビ放送は、BSはNHKで、CSはゴルフネットワークで生中継が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

BS:NHK-BS1
3日目 2020年7月5日(日) 午前5:00〜午前7:00 生中継
最終日 2020年7月6日(月) 午前5:00〜午前7:00 生中継

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2020年7月3日(金) 午前4:00〜午前7:00 生中継
2日目 2020年7月4日(土) 午前4:00〜午前7:00 生中継
3日目 2020年7月5日(日) 午前2:00〜午前7:15 生中継
最終日 2020年7月6日(月) 午前2:00〜午前7:15 生中継

※放送時間は変更になる場合があります。

ロケットモーゲージクラシック2020の賞金・コースなど概要

ロケットモーゲージクラシック2020の賞金・コースなど概要は、以下の通りです。

ロケットモーゲージクラシック2020の賞金・コースなど概要
開催日程
2020年7月2日(木)~7月5日(日)

開催コース
デトロイトゴルフクラブ(アメリカ・ミシガン州)
7,340ヤード・パー72

賞金総額
750万ドル

優勝賞金
131万4,000ドル

前年優勝者
ネイト・ラシェリー(アメリカ)-25

ロケットモーゲージクラシック2020の出場選手

キャメロン・デービス(オーストラリア)、デイビッド・ハーン(カナダ)、ジェームズ・ハーン(アメリカ)、ドック・レドマン(アメリカ)、ザック・ブレア(アメリカ)、ベン・マーティン(アメリカ)、スコット・ハリントン(アメリカ)、ジェイミー・ラブマーク(アメリカ)、ロビー・シェルトン(アメリカ)、キーガン・ブラッドリー(アメリカ)、ジミー・ウォーカー(アメリカ)、ライアン・アーマー(アメリカ)、アンドリュー・パットナム(アメリカ)、ジェイソン・ダフナー(アメリカ)、トロイ・メリット(アメリカ)、ケビン・ナ(アメリカ)、トニー・フィナウ(アメリカ)、グレイソン・マレー(アメリカ)、ラッセル・ノックス(スコットランド)、パットン・キザー(アメリカ)、ラント・グリフィン(アメリカ)、ルーカス・グローバー(アメリカ)、ローリー・サバティーニ(スロバキア)、スコット・ストーリングス(アメリカ)、ザン・シンジュン(中国)、トム・ホウグ(アメリカ)、リチ・ワレンスキー(アメリカ)、ブライアン・ハーマン(アメリカ)、ブロンソン・バーグーン(アメリカ)、スコッティー・シェフラー(アメリカ)、アダム・ハドウィン(カナダ)、エミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)、ボー・ホーグ(アメリカ)、ジェームズ・ニコラス(アメリカ)、マイケル・グリジック(カナダ)、ウェス・ローチ(アメリカ)、カート・キタヤマ(アメリカ)、ベン・テイラー(イングランド)、ドミニク・ボツェリ(アメリカ)、チェッソン・ハドレー(アメリカ)、ヘンリク・ノールランダー(スウェーデン)、ライアン・ブローム(アメリカ)、ノ・ソンユル(韓国)、リッキー・バーンズ(アメリカ)、ティム・ウィルキンソン(ニュージーランド)、ワインドハム・クラーク(アメリカ)、ハリー・ヒッグス(アメリカ)、ジョナサン・バード(アメリカ)、ウェズリー・ブライアン(アメリカ)、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)、ハロルド・バーナーIII(アメリカ)、潘政琮(台湾)、マシュー・ウルフ(アメリカ)、ビジェイ・シン(フィジー)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、バッバ・ワトソン(アメリカ)、ブレンドン・トッド(アメリカ)、パトリック・リード(アメリカ)、ブライソン・デシャンボー(アメリカ)、松山英樹(日本)、ショーン・ステファニ(アメリカ)、パトリック・ロジャース(アメリカ)、ルーク・リスト(アメリカ)、アルジュン・アトワル(インド)、マット・ジョーンズ(オーストラリア)、マイケル・トンプソン(アメリカ)、セップ・ストレイカ(オーストリア)、ジョージ・マクニール(アメリカ)、テイラー・グーチ(アメリカ)、ロブ・オッペンハイム(アメリカ)、クレイマー・ヒコック(アメリカ)、ダグ・ギム(アメリカ)、ピーター・クエスト(アメリカ)、ビンセント・ワーリー(アメリカ)、マーク・アンダーソン(アメリカ)、ザック・スーカー(アメリカ)、ピーター・アーレイン(アメリカ)、ブランドン・ハジー(アメリカ)、李京勲(韓国)、マーベリック・マクネリ(アメリカ)、クリス・カーク(アメリカ)、アダム・シェンク(アメリカ)、ビル・ハース(アメリカ)、ジョシュ・ティーター(アメリカ)、サム・バーンズ(アメリカ)、ブランデン・グレイス(アメリカ)、ブライアン・ゲイ(アメリカ)、パット・ペレス(アメリカ)、タイラー・ダンカン(アメリカ)、グレッグ チャーマーズ(オーストラリア)、ケビン・ティウェイ(アメリカ)、オースティン・クック(アメリカ)、マイケル・キム(アメリカ)、イム・ソンジェ(韓国)、ブラント・スネデカー(アメリカ)、ティレル・ハットン(イングランド)、ウェブ・シンプソン(アメリカ)、ネイト・ラシュリー(アメリカ)、リッキー・ファウラー(アメリカ)、シャール・シュワーツェル(南アフリカ)、ピーター・マルナティ(アメリカ)、キャメロン・トリンゲール(アメリカ)、クリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ)、ルーカス・ビエルゴール(デンマーク)、ボ・バン・ペルト(アメリカ)、ボウ・ホスラー(アメリカ)、ロジャー・スローン(カナダ)、アーロン・バデリー(オーストラリア)、ロバート・ストレブ(アメリカ)、ジョセフ・ブラムレット(アメリカ)、カイル・スタンリー(アメリカ)、ウィル・ゴードン(アメリカ)、ハンク・レビオダ(アメリカ)、ネルソン・ラウタロ レデスマ(アルゼンチン)、クリストファー・ヴェンチュラ(ノルウェー)、チャンドラー・フィリップス(アメリカ)、チェース・サイファート(アメリカ)、J.J.スパウン(アメリカ)、ブライアン・スチュアード(アメリカ)、スコット・ブラウン(アメリカ)、ジョン・センデン(オーストラリア)、マット・ウォリス(イングランド)、サム・ライデル(アメリカ)、キャメロン・パーシー(オーストラリア)、エリック・ファンローエン(南アフリカ)、シェームス・パワー(アイルランド)、キム・シウ(韓国)、J.T.ポストン(アメリカ)、マーティン・トレイナー(アメリカ)、ダニー・ウィレット(イングランド)、スティーブ・ストリッカー(アメリカ)、ケビン・チャッペル(アメリカ)、ケビン・キスナー(アメリカ)、アーロン・ワイズ(アメリカ)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)、ルーク・ドナルド(イングランド)、ハドソン・スワフォード(アメリカ)、テド・ポッターJr(アメリカ)、アレクサンデル・ノーレン(スウェーデン)、マット・エブリー(アメリカ)、ロベルト・カストロ(アメリカ)、クリス・ストラウド(アメリカ)、ファビアン・ゴメス(アルゼンチン)、マーク・ハバード(アメリカ)、ラファエル・カブレラベロ(スペイン)、D.J.トレイハン(アメリカ)、ジョンソン・ワグナー(アメリカ)、クリス・ベイカー(アメリカ)、ライアン・ブレーム(アメリカ)、タイラー・マクンバー(アメリカ)、サヒト・テガラ(アメリカ)、トム・ルイス(イングランド)、マイケル・ゲラマン(アメリカ)、ドニー・トロスパー(アメリカ)、ライン・ギブソン(オーストラリア)、セバスチャン・カッペルン(デンマーク)

松山英樹のロケットモーゲージクラシック2020の結果速報~まとめ

今回は、松山英樹選手が出場するロケットモーゲージクラシック2020の結果速報などを見てきました。

松山英樹選手のロケットモーゲージクラシック2020の結果速報は、2日目を終えて通算5アンダー55位タイで予選を通過し決勝ラウンドに進んでいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント