ゴルフのスコアの記号がテレビによって違う?ホールインワンは?

テレビでゴルフ中継を見ていると、初心者の頃はスコア記号に意味がよくわからないことがありました。

丸や三角や二重丸など、なんとなくわかる場合もありますが、テレビ局によってスコアの記号の表し方が違っていることもあります。

ゴルフのスコアの記号は、どういう意味なのでしょうか?

今回は、「ゴルフのスコアの記号がテレビによって違う?ホールインワンは?」と題して、ゴルフのスコアの記号について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴルフのスコアの記号がテレビによって違う?

テレビで放送でのゴルフのスコアの表し方は、特に共通したルールなどはありません。

テレビ局は視聴者がわかりやすいように独自に決めています。

各テレビ局は、主に記号か数字でスコアを表しているというのが現状になります。

しかし、記号は似たり寄ったりといった印象があり、初心者がわかりにくいのは記号だったり数字だったりとスコアの表し方が統一されていないことが原因のひとつとしてあるように思われます。

では、テレビによるゴルフのスコアの表し方を記号と数字の両方から見ていきましょう。

ゴルフのスコアの表し方~記号(二重丸・丸・三角など)の場合

まず、記号から見ていきます。

テレビでスコアを表す場合、わかりにくいのは記号の場合だと思います。

二重丸・丸・三角など知っていれば何ということはないのですが、初心者の頃は???マークが灯ることも十分に考えられます。

これらをわかりやすく整理すると、

★ ⇒ アルバトロス
◎ ⇒ イーグル
○ ⇒ バーディ
- ⇒ パー
△ ⇒ ボギー
□ ⇒ ダブルボギー
■ ⇒ トリプルボギー

という意味になります。

一度、覚えてしまえばあとは自然に慣れていきますから、徐々に違和感がなくなってくるはずです。

これ以上のスコアに関しては、記憶が定かではありませんが、数字で表していたように思います。

これ以下のスコアに関しては実際に見たことがありませんが、やはり数字で表すのしょう。

スポンサーリンク

ゴルフのスコアの表し方~数字の場合

数字の場合は、とてもシンプルです。

パー(0)を起点として、打数を引いたり足したりして表すだけです。

整理すると、以下のようになります。

-3 ⇒ アルバトロス
-2 ⇒ イーグル
-1 ⇒ バーディ
- ⇒ パー
+1 ⇒ ボギー
+2 ⇒ ダブルボギー
+3 ⇒ トリプルボギー

単純に打数を引くか足すだけなので、ほとんど迷うことはないでしょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフのスコアに鳥の名前が多いのはなぜ?バーディーの由来は?

☞ ゴルフのボギーの意味と由来は?スコアの種類と呼び方の基本

ゴルフのスコアの記号~ホールインワンは?

ではゴルフのスコアの記号で、ホールインワンはどうでしょうか?

ショートホール(パー3)でのホールインワンなら簡単です。

ショートホール(パー3)でのホールインワンはイーグルと同じですから、記号の場合は、「◎」、数字の場合は、「-2」ですね。

しかし、ホールインワンはショートホール(パー3)に限ったことではありません。

問題は、ミドルホール(パー4)とロングホール(パー5)でのホールインワンです。

ミドルホール(パー4)でのホールインワンはアルバトロス、またはダブルイーグルといわれ、「★」、または「-3」で表されます。

ロングホール(パー5)でのホールインワンは、コンドル、またはトリプルイーグルといわれ、テレビでは見たことがありません。

数字で表すなら「-4」ということになりますが、記号はあるのかどうかわかりませんが、もしテレビで出たなら、おそらく数字で表すものと思われます。

本当に滅多に見れるものではありませんが…。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ホールインワンの確率は?達成したらお祝いや記念品など費用が大変!

☞ ゴルフのアルバトロスの意味と語源は?確率はホールインワンより低い

まとめ

今回は、「ゴルフのスコアの記号がテレビによって違う?ホールインワンは?」と題して、ゴルフのスコアの記号について見てきました。

ゴルフのスコアの表し方はテレビ局によって記号か数字か異なりますが、簡単なので一度覚えてしまえば徐々に違和感がなくなってくるはずです。

初心者にとってはテレビ局によって記号と数字が混在しているのが、わかりにくい原因ではないしょうか。

スコア表記も統一されるのが一番いいのは間違いないところではありますが、なかなかそういう声は出てこないようですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント