全米オープンゴルフ2020の松山英樹ら日本人出場選手の結果速報!

アメリカ男子プロゴルフツアーのメジャー第2戦の全米オープンゴルフ2020が、 アメリカ・ニューヨーク州のウイングドフットGC・ウエストコースで9月17日~20日までの4日間の日程で開催されます。

新型コロナウイルスの影響により、開催が危ぶまれ例年とは異なる日程で開催されることになりましたが、日本からは松山英樹選手をはじめとした4名の日本人選手が出場します。

日本人選手の中には新たに出場資格を得た選手もいますが、はたしてどんな結果が待ち受けているのでしょうか?

今回は、全米オープンゴルフ2020の松山英樹選手ら日本人選手の結果速報、テレビ放送予定などについて見ていきます。

スポンサーリンク

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手

気になる日本人選手では松山英樹選手、石川遼選手、今平周吾選手が全米オープンゴルフ2020の出場権を獲得しています。

松山英樹選手は2018・2019年シーズンのアメリカツアー最終戦進出者など、今平周吾選手は3月15日時点の世界ランク70位以内、石川遼選手は2019年の国内男子ツアー賞金ランク2位以内(賞金王の今平選手が世界ランク資格で出場資格を得ているため石川遼選手が繰り上げ)により全米オープン2020への出場資格を獲得しています。

本来であれば、出場資格がなかったのが今回の特例により出場資格を得たのが石川遼選手で、「有資格者を除く2019年の日本男子ツアー賞金ランク上位2人の枠」により賞金ランク3位で滑り込み、5年ぶり5度目となる全米オープンゴルフ出場となります。

また、アマチュア選手ではまだ確定ではありませんが、世界アマチュアランキング1位の金谷拓実選手(東北福祉大4年)に出場の可能性があります。(出場決定!)

全米オープンゴルフ2020に日本人出場選手
松山英樹
石川遼
今平周吾
金谷拓実(アマチュア)

日本人出場選手の組み合わせとスタート時間

松山英樹
1日目:20時56分(アウト)ジョーダン・スピース、パトリック・リード
2日目:2時16分(イン)ジョーダン・スピース、パトリック・リード
3日目:2時30分(アウト)バッバ・ワトソン
最終日:2時19分(アウト)ルイ・ウェストヘーゼン

石川遼
1日目:21時29分(アウト)チャールズ・ハウエルIII、マックス・ホーマ
2日目:2時49分(イン)チャールズ・ハウエルIII、マックス・ホーマ
3日目:22時06分(アウト)パトリック・カントレー
最終日:23時01分(アウト)アダム・スコット

今平周吾
1日目:2時49分(イン)金谷拓実、アン・ビョンフン
2日目:21時29分(アウト)金谷拓実、アン・ビョンフン
3日目:23時56分(アウト)イム・ソンジェ
最終日:21時22分(アウト)ローリー・サバティーニ

金谷拓実
1日目:2時49分(イン)今平周吾、アン・ビョンフン
2日目:21時29分(アウト)今平周吾、アン・ビョンフン

スポンサーリンク

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報

日本人出場選手の結果速報は、予選ラウンド2日間を終えて松山英樹選手・石川遼選手・今平周吾選手が予選を通過、金谷拓実選手がカットラインに1打及ばず予選落ちとなりました。

3日目には松山英樹選手がトップと5打差の4位タイに浮上し、最終日にメジャー初優勝を狙える位置につけました。

最終日は、2打差の2位からスタートしたブライソン・デシャンボー選手(アメリカ)が67でラウンドし、通算6アンダーで初のメジャー優勝を飾りました。

日本勢期待の松山英樹選手は78と崩れ、通算8オーバーの17位タイで大会を終えました。

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手と上位選手の結果速報は、以下の通りです。

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~最終日

全米オープンゴルフ最終日の結果
優勝
-6 ブライソン・デシャンボー(69・68・70・67)
2位   E マシュー・ウルフ(66・74・65・75)
3位 +2 ルイ・ウェストヘーゼン(67・74・68・73)
4位 +3 ハリス・イングリッシュ(68・70・72・73)
5位 +4 ザンダー・シャウフェレ(68・72・70・74)

17位T +8 松山英樹(71・69・70・78)、他

51位T +18 石川遼(72・74・74・78)、他

61位 +25 今平周吾(71・74・78・82)、他

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~3日目

全米オープンゴルフ3日目の結果
1位 -5 マシュー・ウルフ(66・74・65)
2位 -3 ブライソン・デシャンボー(69・68・70)
3位 -1 ルイ・ウェストヘーゼン(67・74・68)
4位T E 松山英樹(71・69・70)、ザンダー・シャウフェレ(68・72・70)

40位T +10 石川遼(72・74・74)、他

55位T +13 今平周吾(71・74・78)、他

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~2日目

全米オープンゴルフ2日目の結果
1位 -4 パトリック・リード(66・70)
2位 -3 ブライソン・デシャンボー(69・68)
3位T -2 ジャスティン・トーマス(65・73)、ラファエル・カブレラベロ(68・70)、ハリス・イングリッシュ(68・70)
6位 -1 ジェイソン・コクラック(68・71)
7位T E 松山英樹(71・69)、他

33位T +5 今平周吾(71・74)、他
49位T +6 石川遼(72・74)、他
以下、予選落ち
63位T +7 金谷拓実(72・75)、他

89位T +10 タイガー・ウッズ(73・77)、他

119位T +13 フィル・ミケルソン(79・74)、他

全米オープンゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~1日目

全米オープンゴルフ1日目の結果
1位 -5 ジャスティン・トーマス(65)
2位T -4 パトリック・リード(66)、マシュー・ウルフ(66)、トーマス・ピーターズ(66)
5位T -3 ルイ・ウェストヘーゼン(67)、ローリー・マキロイ(67)、リー・ウェストウッド(67)

33位T +1 松山英樹(71)、今平周吾(71)
57位T +2 石川遼(72)、金谷拓実(72)

全米オープンゴルフ2020のテレビ放送予定

全米オープンゴルフ2020のテレビ放送は、地上波ではテレビ朝日で、CSではゴルフネットワークで生中継が予定されています。

ゴルフネットワークでは前日の練習ラウンドも生中継される予定なので、各選手の仕上がり具合など通常はあまり見ることができない場面も見られそうです。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波-テレビ朝日
1日目 2020年9月18日(金) 午前3:06~午前4:55(生中継)
2日目 2020年9月19日(土) 午前2:50~午前8:00(生中継)
3日目 2020年9月20日(日) 午前2:00~午前8:00(生中継)
最終日 2020年9月21日(月) 午前2:00~午前7:00(生中継)

CS-ゴルフネットワーク(再放送あり)
練習ラウンド 2020年9月17日(木) 午前0:45~午前5:30(生中継)
1日目 2020年9月17日(木) 午後7:30~翌午前8:00(生中継)
2日目 2020年9月18日(金) 午後7:30~翌午前8:00(生中継)
3日目 2020年9月19日(土) 午後9:00~翌午前8:30(生中継)
最終日 2020年9月20日(日) 午後8:00~翌午前8:00(生中継)

※放送時間は変更になる場合があります。

全米オープンゴルフ2020の出場資格

2020年の全米オープンゴルフは新型コロナウイルス感染拡大の影響で予選会は開催されないことが決定しています。

その影響で従来とは異なる出場資格で出場選手144人を決めることになり、予選会中止によって空いた枠が他のカテゴリーに振り分けられる形となりました。

変更、あるいは新たに設定された全米オープンゴルフ2020の主な出場資格は、以下の通りです。

・世界ランク70位タイまでの選手(3月15日時点)

・「全米プロゴルフ選手権」でトップ10フィニッシュした上位3名の選手(有資格者を除く)

・「メモリアル・トーナメント」、「3Mオープン」、「WGCフェデックス・セントジュード招待」、「バラクーダ選手権」、「ウィンダム選手権」のトップ10フィニッシュした上位2名の選手(有資格者を除く)

・フェデックスカップ最終結果の上位5名の選手(有資格者を除く)

・コーンフェリーツアーのレギュラーシーズンポイント上位5名+ファイナル上位5名の選手(有資格者を除く)

・ヨーロッパ男子ツアーの新しく発表されたイングランド連戦の結果と全米クラブプロ選手権の上位3名の選手

・2019年日本ツアーの賞金ランキング上位2名の選手(有資格者を除く)

・その他2019年のサンシャインツアー、アジアンツアー、オーストラリアンツアーの賞金ランキング上位選手(有資格者を除く)

・世界アマチュアランキング上位7人で出場権のない選手(8月19日時点)

その他残りの枠は、8月23日時点の世界ランキングをもとに決定されます。

全米オープンゴルフ2020のの日程・賞金など概要

毎年、開催コースが変わる全米オープンゴルフですが、2020年は14年ぶりにニューヨーク州のウイングドフットGCで開催されます。

日程は全米オープンゴルフとしては異例の9月開催で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客試合となります。

全米オープンゴルフ2020の日程・賞金など概要は、以下の通りです。

第120回全米オープンゴルフ2020の日程・賞金など概要
開催日程
2020年9月17日(木)~9月20日(日)

開催コース
ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース(アメリカ・ニューヨーク州)
7,477ヤード・パー70

賞金総額
1,250万ドル

優勝賞金
225万ドル

フェデックスカップポイント
600点

前年優勝者
ゲーリー・ウッドランド(アメリカ)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

全米オープンゴルフの優勝賞金は?歴代優勝者と開催コースも!
こちらでは、全米オープンゴルフの賞金総額と優勝賞金はいくらか、さらに歴代優勝者と開催コースについてまとめました。実力世界一を決める大会であるとともに現在の世界最高賞金額のゴルフトーナメントなのが全米オープンゴルフです。その破格の賞金額はいくらか?

ウイングドフットゴルフクラブでの過去の全米オープン優勝者

ウイングドフットGCでは、過去に5回の全米オープンゴルフ開催があります。

前回大会で初めてアメリカ人以外の選手が優勝していますが、優勝スコアはほとんどがオーバーパーとなっておりコースの難しさを証明しているといえます。

1929年 ボビー・ジョーンズ(アメリカ)+14
1959年 ビリー・キャスパー(アメリカ)+2
1974年 ヘール・アーウィン(アメリカ)+7
1984年 ファジー・ゼラー(アメリカ) -4
2006年 ジェフ・オギルビー(オーストラリア)+5

全米オープンゴルフ2020~まとめ

今回は、全米オープンゴルフ2020の松山英樹選手ら日本人選手の結果速報、テレビ放送予定などについて見てきました。

全米オープンゴルフ2020の出場資格は新型コロナウイルスの影響で予選会中止になったため、空いた枠が他のカテゴリーに振り分けられる形となりました。

その結果、日本人選手では松山英樹選手、石川遼選手、今平周吾選手、金谷拓実選手(アマチュア)が全米オープンゴルフ2020の出場を予定しています。

全米オープンゴルフ2020の日本人選手の結果速報は、以下の通りです。

松山英樹:17位T+8(71・69・70・78)
石川遼:51位T+18(72・74・74・78)
今平周吾:61位+25(71・74・78・82)
金谷拓実:予選落ち+7(72・75)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント