全英オープンゴルフ2019の賞金と開催コースは?歴代優勝者も

アメリカ男子プロゴルフツアーのメジャー最終戦全英オープンゴルフ2019が、北アイルランドのロイヤルポートラッシュGCで7月18日から開催されます。

久しぶりのイギリス本土以外での開催ということになり、アイルランドの選手にとっては大変大きな意味を持つ全英オープンゴルフになることでしょう。

そんな全英オープンゴルフ2019の賞金や開催コース、歴代優勝者はどんな感じでしょうか?

今回は、全英オープンゴルフ2019の賞金と開催コース、歴代優勝者、テレビ放送予定などについて見ていきます。

スポンサーリンク

全英オープンゴルフ2019の賞金・日本人出場選手など概要

今年2019年から全米プロゴルフ選手権がこれまでの8月開催から5月の開催となったため、全英オープンゴルフが男子ゴルフのメジャー最終戦となります。

メジャー大会では世界最古の大会で、今年2019年が148回目の開催です。

全米オープンゴルフが人工的に難しくしているのに対して、全英オープンゴルフは自然のままの難しさがあり、特に風が強く吹いた時の難しさは全英オープンゴルフの大きな見どころのひとつでしょう。

気になる全英オープンゴルフ2019の賞金額ですが、賞金総額は昨年の大会より25万ドル(約2,7000万円)アップして1,075万ドル、優勝賞金も4万5,000ドル(約490万円)アップして193万5,000ドル(約2億1,000万円)となっています。

以下、2位112万ドル、3位71万8,000ドル、4位55万8,000ドル、5位44万9,000ドル、10位22万3,000ドルで、予選落ちした場合でも最低5,000ドルの賞金が支給されます。

日本人出場選手は、松山英樹、稲森佑貴、今平周吾、藤本佳則、浅地洋祐、池田勇太、堀川未来夢、金谷拓実(アマチュア)の8選手の予定です。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 全英オープンゴルフ2019日本人出場選手と結果速報!松山優勝は?

全英オープンゴル2019概要
開催日程
2019年7月18日(木)~7月21日(日)

開催コース
ロイヤル・ポートラッシュGCダンルースコース(北アイルランド)

賞金総額
1,075万ドル

優勝賞金
193万5,000ドル

前年優勝者
フランシスコ・モリナリ(イタリア)

スポンサーリンク

全英オープンゴルフ2019の開催コース

全英オープンゴルフ2019の開催コースは、北アイルランドのロイヤル・ポートラッシュGCで、イギリス本土以外での開催は久しぶりで1951年以来68年ぶり2度目の開催となります。

歴史は古く1888年開場で、世界ゴルフ100選にも選出されており、ハリー・コルトの最高傑作のひとつといわれています。

全英オープンゴルフの開催コースは持ち回りになっていますが、ロイヤル・ポートラッシュGCは2019年からそのローテーションの加わることになりました。

近年の北アイルランド勢の活躍から、R&Aが考慮した結果だといわれています。

全英オープンゴルフは、リンクスコースでの開催が恒例となっていますが、このロイヤル・ポートラッシュGCもやはり全英オープンゴルフの舞台にふさわしいリンクスコースとなっています。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴルフ場のリンクスの意味とは?特徴やイギリスと日本の名門コースも

ロイヤル・ポートラッシュGCは全英オープンゴルフ開催に向けて大改造を行い、距離も長くなりバンカーも増え、いっそう難易度が上がっています。

トーナメントの開催は、1951年の全英オープンゴルフの他、アイリッシュ・オープン(1907年・1930年・1937年・1947年・2012年)、全英女子オープン(2011年)、全英シニア・オープン(1995~1999年・2004年)などがあります。

全英オープンゴルフ2019の過去10年の歴代優勝者と開催コース

全英オープンゴルフ2019の過去10年の歴代優勝者と開催コースは、以下の通りです。

アメリカ勢、ヨーロッパ勢、南アフリカと優勝者に偏りがないですね。

以前から日本人選手の優勝の可能性が高いメジャー大会は全英オープンゴルフといわれていますので、期待したいところです。

2018年 フランシスコ・モリナリ(イタリア) -カーヌスティGL
2017年 ジョーダン・スピース (アメリカ)-ロイヤルバークデールGC
2016年 ヘンリク・ステンソン (スウェーデン)-ロイヤルトゥルーンGC
2015年 ザック・ジョンソン (アメリカ)-セント・アンドリュース・オールドコース
2014年 ローリー・マキロイ (北アイルランド)-ロイヤル・リバプールGC
2013年 フィル・ミケルソン (アメリカ)-ミュアフィールド
2012年 アーニー・エルス (南アフリカ)-ロイヤルリザム&セントアンズGC
2011年 ダレン・クラーク (北アイルランド)-ロイヤル・セント・ジョージズGC
2010年 ルイ・ウーストハウゼン (南アフリカ)-セント・アンドリュース・オールドコース
2009年 スチュアート・シンク (アメリカ)-ターンベリー・アイルサコース

全英オープンゴルフ2019のテレビ放送予定

全英オープンゴルフ2019のテレビ放送は、地上波ではテレビ朝日で、CSではゴルフネットワークで生中継が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波-テレビ朝日
1日目 2019年7月18日(木) PM11:20~翌AM4:00 生中継
2日目 2019年7月19日(金) PM11:15~翌AM4:00 生中継
3日目 2019年7月20日(土) PM11:15~翌AM4:00 生中継
最終日 2019年7月21日(日) PM11:00~翌AM2:55 生中継

CS-ゴルフネットワーク
1日目 2019年7月18日(木) PM2:30~翌AM4:00 生中継
2日目 2019年7月19日(金) PM2:30~翌AM4:00 生中継
3日目 2019年7月20日(土) PM5:00~翌AM4:00 生中継
最終日 2019年7月21日(火) PM4:00~翌AM3:00 生中継

まとめ

今回は、全英オープンゴルフ2019の賞金と開催コース、歴代優勝者、テレビ放送予定などについて見てきました。

全英オープンゴルフ2019の賞金は、賞金総額は1,075万ドル、優勝賞金は193万5,000ドル(約2億1,000万円)、開催コースは、北アイルランドのロイヤル・ポートラッシュGCダンルースコースで、イギリス本土以外では1951年以来68年ぶり2度目の開催です。

テレビ放送は、地上波ではテレビ朝日で、CSではゴルフネットワークで生中継の予定です。

今年2019年からメジャー最終戦となった全英オープンゴルフですが、久しぶりのイギリス本土以外の開催ということでどうなるのか楽しみですね。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 全米プロゴルフ選手権2019の賞金と出場資格は?テレビ放送予定も

☞ 全米オープンゴルフ2019の日程と日本人出場者は?テレビ放送も!

☞ 全米女子オープンゴルフ2019の賞金額は?歴代優勝者と日本人選手

☞ 全米女子プロゴルフ選手権2019賞金と日本人選手は?テレビ放送も

☞ エビアン選手権2019の賞金と出場選手は?テレビ放送予定と結果

☞ 全英女子オープンゴルフ2019の出場資格と日本人は?テレビ放送も

コメント