ザ・ホンダクラシック2020の見どころは?日程・賞金など概要も

アメリカ男子プロゴルフツアーのザ・ホンダクラシック2020が、2020年2月27日~3月1日の日程で開催されます。

西海岸からフロリダに舞台を移し、ザ・ホンダクラシック2020は難コースとして知られるPGAナショナル ・チャンピオン・コースが開催コースとなりますが、マスターズまであと1か月少しとなり選手の調整も本格化してくることでしょう。

そんなザ・ホンダクラシック2020の見どころは、どんなところなのでしょうか?

今回は、ザ・ホンダクラシック2020の見どころや日程、テレビ放送予定などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ザ・ホンダクラシック2020の見どころ

ザ・ホンダクラシック2020の開催コースは、フロリダ州の名門PGAナショナルのチャンピオン・コースで、15番から17番の3ホールは、通称“ベアトラップ”と呼ばれ、ツアー屈指の難所として知られています。

2001年ジャック・ニクラスのコース改修によってできたPGAナショナルの名物ホールともいえ、“ベアトラップ”をどう乗り切るかがホンダクラシックの最大の見どころともいえます。

ただでさえ難しいコースの難易度をさらに上げるのがで、もうひとつの見どころといえるでしょう。

風が強く吹いた時のPGAナショナルの難しさは手をつけられないほどで、過去にも多くの選手が風に翻弄されてスコアを崩しています。

また、グリーンとラフにはバミューダ芝が混じり、この芝生への対応もコースを攻略するカギとなるでしょう。

ザ・ホンダクラシック2020の日程・賞金など概要

1972年から始まったザ・ホンダクラシックですが、1982年からは現在のホンダがスポンサーとなり、今年同一スポンサーの大会としては最長の38年目を迎えます。

いよいよツアーも西海岸シリーズを終え、フロリダ・シリーズに突入するとあって、ここからは徐々にマスターズを視野に入れた戦いになっていくことでしょう。

はたして、2020年はどんな結果が待ち受けているのでしょうか?

ザ・ホンダクラシック2020日程・賞金など概要
開催日程
2020年2月27日(木)~3月1日(日)

開催コース
PGAナショナル ・チャンピオン・コース(アメリカ・フロリダ州)

賞金総額
700万ドル

優勝賞金
126万ドル

前年優勝者
キース・ミッチェル(アメリカ)

ザ・ホンダクラシックの歴代優勝者(過去10年)

ザ・ホンダクラシックの過去10年の歴代優勝者を見ると、アメリカの選手だけでなく、インターナショナルな選手も多く優勝しています。

やはり風への対応が迫られた時には、アメリカ以外の選手にもチャンスが大きいように思います。

ザ・ホンダクラシックの過去10年の歴代優勝者は以下の通りです。

2019年 キース・ミッチェル(アメリカ)
2018年 ジャスティン・トーマス(アメリカ)

2017年 リッキー・ファウラー(アメリカ)
2016年 アダム・スコット(オーストラリア)
2015年 パドレイグ・ハリントン(アイルランド)
2014年 ラッセル・ヘンリー(アメリカ)
2013年 マイケル・トンプソン(アメリカ)
2012年 ローリー・マキロイ(北アイルランド)
2011年 ローリー・サバティーニ(南アフリカ)
2010年 カミロ・ビジェガス(コロンビア)

ザ・ホンダクラシック2020のテレビ放送予定

ザ・ホンダクラシック2020は、BSはNHKで、CSはゴルフネットワークでテレビ放送が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、わかり次第、更新予定です。

BS:NHK-BS1
3日目 2019年3月3日(日) ?
最終日 2019年3月4日(月) ?

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2019年3月1日(金) ?
2日目 2019年3月2日(土) ?
3日目 2019年3月3日(日) ?
最終日 2019年3月4日(月) ?

まとめ

今回は、ザ・ホンダクラシック2020の見どころや日程、テレビ放送予定などについて見てきました。

ザ・ホンダクラシック2020の見どころは、15番から17番の通称“ベアトラップ”と呼ばれる3ホールの難しさと風で、過去の優勝スコアを見ても一桁アンダーの結果が多く、今年2020年も接戦が予想されます。

ザ・ホンダクラシックの開催日程は2月27日~3月1日の4日間で、テレビ放送はBSはNHKで、CSはゴルフネットワークで予定されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント