アメリカンエクスプレス2020の試合形式は?日程とテレビ放送も

アメリカ男子プロゴルフツアーは2020年年明けのハワイ2連戦を終え、いよいよアメリカ本土の戦いに突入します。

その皮切りになるのが、アメリカ西海岸で開催されるアメリカンエクスプレス2020です。

2019年はデザートクラシックという大会名でしたが、2020年はアメリカンエクスプレスと大会名を変更しての開催となります。

これまでアメリカンエクスプレス2020はユニークな試合形式で開催されてきましたが、今年はどうでしょうか?

また、日程テレビ放送予定はどうなっているのでしょうか?

今回は、アメリカンエクスプレス2020の試合形式と日程、テレビ放送予定などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカンエクスプレス2020の試合形式

アメリカンエクスプレス2020の最大の特徴は、初日から3日目までは3つのコースをプロアマ形式でプレーする試合形式でしょう。

プロ1人とアマチュア1人がペアを組み、団体戦を行い、3日間で優勝チームを決めるという試合形式です。

そして最終日はメイン会場となるPGAウェスト・スタジアムコースで3日間の予選を通過したプロのみがプレーします。

プロアマ大会が予選を兼ねるため、組んだアマチュア・ゴルファーとの相性でスコアも左右されることもあろうかと思います。

日本では見られない、おもしろいシステムですね。

他にはAT&Tペブルビーチ・プロアマなどもこういった試合形式を採用しています。

アマチュア・ゴルファーもいっしょに同じコースでプレーするためだと思いますが、セッティングがやさしく、例年スコアの伸ばしあいになり、毎年20アンダーを超えるよいうなビッグスコアが続出します。

スポンサーリンク

アメリカンエクスプレス2020の日程など概要

2018年までは「キャリアビルダー・チャレンジ」、2019年は大会開催60周年アニバーサリーということで、以前の「デザートクラシック」へと大会名を戻しての開催で、2020年はさらにアメリカンエクスプレスという大会名称となりました。

大会名はかなりコロコロ変わっていますが、いよいよこのアメリカンエクスプレス2020からPGAツアーもアメリカ本土上陸とあって、ビッグネームも動き始めます。

そして、アメリカンエクスプレス2020は新たにフィル・ミケルソンが大会ホストを務めることになりました。

過去3年間はアンバサダーを務め、さらに地元ということで最もホストにふさわしい選手といえるでしょう。

4月のマスターズまではまだ時間がありますが、ビッグ・ネームたちの前半の最大の目標であるマスターズに向けて準備開始といったところでしょう。

そんなアメリカ本土第1戦アメリカンエクスプレス2020の概要は、以下の通りです。

アメリカンエクスプレス2020概要
開催期間
2020年1月16日(木)~2020年1月19日(日)

開催コース
PGAウェスト・スタジアムコース(アメリカ・カリフォルニア州)他

賞金総額
670万ドル

優勝賞金

前年優勝者
アダム・ロング(アメリカ)

アメリカンエクスプレスの歴代優勝者

2019年 アダム・ロング(アメリカ)
2018年 ジョン・ラーム(スペイン)
2017年 ハドソン・スワフォード(アメリカ)
2016年 ジェイソン・ダフナー(アメリカ)
2015年 ビル・ハース(アメリカ)
2014年 パトリック・リード(アメリカ)
2013年 ブライアン・ゲイ(アメリカ)
2012年 マーク・ウィルソン(アメリカ)
2011年 ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)
2010年 ビル・ハース(アメリカ)

アメリカンエクスプレス2020のテレビ放送予定

アメリカンエクスプレス2020は、BSではNHKで、CSではゴルフネットワークでテレビ放送を予定しています。
詳しい放送スケジュールは未定で、わかり次第、更新予定です。

BS:NHK-BS1
3日目 2020年1月19日(日) ?
最終日 2020年1月20日(月) ?

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2020年1月17日(金) ?
2日目 2020年1月18日(土) ?
3日目 2020年1月19日(日) ?
最終日 2020年1月20日(月) ?

まとめ

今回は、アメリカンエクスプレス2020の試合形式と日程、テレビ放送予定などについて見てきました。

アメリカンエクスプレス2020は、初日から3日目まで3つのコースをプロアマ形式でプレーするというユニークな試合形式で、2020年1月16日~2019年1月19日の日程で開催されます。

テレビ放送は、BSではNHKで、CSではゴルフネットワークで予定されています。

このアメリカンエクスプレス2020から、フィル・ミケルソンをはじめとしたビッグ・ネームも徐々に動き始めるのでツアーも徐々に本格化してくることでしょう。

アメリカ本土第1戦ということで、どんな戦いになるのか楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント