フォロー

パット

パターの距離感はフォローで出す!右手の感覚と振り幅がポイント!

こちらでは「パターの距離感はフォローで出す!右手の感覚と振り幅がポイント!」と題して、パターの距離感についてまとめました。入らない日にはどうやっても入らないのがパットです。筆者自身の経験からパターの距離感の出し方のあれこれを語っています。
スポンサーリンク