マスターズゴルフ2020の松山英樹ら日本人出場選手の結果速報!

新型コロナウイルスの影響によって延期となっていたアメリカ男子プロゴルフツアーのメジャー大会、マスターズゴルフ2020が、いよいよ11月12日(木)からアメリカ・ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催されます。

日本人のマスターズチャンピオンの誕生はまだ実現していませんが、今年2020年も松山英樹選手ら日本人出場選手は夢を追ってオーガスタに乗り込みます。

はたして、結果はどうなっているでしょうか?

今回は、松山英樹選手ら日本人出場選手のマスターズゴルフ2020の結果速報について見ていきます。

スポンサーリンク

マスターズゴルフ2020の松山英樹ら日本人出場選手

マスターズゴルフ2020に出場する日本人選手は松山英樹選手と今平周吾選手の2名です。

2018・2019年は日本人出場選手は4名でしたから、少し減ってさびしい印象を受けます。

松山英樹選手はツアー選手権出場予選通過者とワールドゴルフランキング50位以内の出場資格により7年連続9回目の出場、今平周吾選手はワールドゴルフランキング50位以内の出場資格により2年連続2回目の出場となります。

両選手ともマスターズゴルフには特別な思いを抱いており、上位進出、あるいは優勝に期待が高まります。

マスターズゴルフ2020の日本人出場選手~過去の成績

マスターズゴルフ2020に出場する日本人選手は松山英樹選手と今平周吾選手の2名ですが、両選手のこれまでのマスターズゴルフでの成績をチェックしておきましょう。

今平周吾選手は昨年2019年大会が初出場でしたが、残念ながら予選落ちに終わっています。

一方の松山英樹選手は初出場の2011年にローアマに輝き、さらにプロ入り後も度々優勝争いに加わるなどして最高位は5位(2015年)です。

今年2020年も好調を維持しての出場となるだけに優勝の期待は高まります。

松山英樹選手の過去のマスターズゴルフの成績は、以下の通りです。

松山英樹の過去のマスターズゴルフの成績
2019年 32位タイ
2018年 19位
2017年 11位タイ
2016年 7位タイ
2015年 5位
2014年 予選落ち
2013年 -
2012年 54位タイ
2011年 27位タイ(ローアマチュア)

マスターズゴルフ2020の日本人出場選手~直近の成績

松山英樹選手と今平周吾選手のマスターズゴルフ2020直近5試合の成績もチェックしておきましょう。

松山選手のほうは前週のヒューストンオープンで最終日63をマークして2位タイに食い込むなど調子が上向いています。

最高の状態でオーガスタに入れるのではないでしょうか。

一方の今平周吾選手は日本ツアーではトップ10に入っているもののアメリカツアーでは苦戦を強いられています。

マスターズゴルフ2020で何か、浮上のきっかけをつかんでもらえればと思います。

マスターズゴルフ2020に出場する2名の直近5試合の成績は、以下の通りです。

松山英樹の過去のマスターズゴルフ2020直近5試合の成績
ビビント・ヒューストンオープン(11/5〜8):2位タイ
ZOZO選手権(10/22〜25):28位タイ
ザ・CJカップ(10/15〜18):21位タイ
シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン(10/8〜11):予選落ち
全米オープン(9/17〜20):17位タイ

今平周吾の過去のマスターズゴルフ2020直近5試合の成績
ZOZO選手権(10/22〜25):66位タイ
日本オープン(10/15〜18):10位タイ
全米オープン(9/17〜20):61位
フジサンケイクラシック(9/3〜6):5位タイ
ゴルフパートナーエキシビション(非公式)(7/9〜10):10位タイ

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

マスターズゴルフ2020の優勝予想と見どころは?コース攻略は?
こちらでは、マスターズゴルフ2020の優勝予想やコース攻略の見どころなどについてまとめました。タイガー・ウッズの2連覇がかかりますが他の優勝候補も強力です。ツアー屈指の難コースの見どころなどマスターズゴルフ2020をわかりやすく紹介しています。

マスターズゴルフ2020の松山英樹選手ら日本人出場選手の結果速報

マスターズゴルフ2020は、1日目・2日目ともに日没サスペンデッドにより、48名の選手が第2ラウンドを終了できませんでした。

3日目朝にすべての選手が第2ラウンドを終了し、松山英樹選手は通算8アンダーの10位タイ、今平周吾選手は通算2アンダーの36位タイで予選を通過しました。

第3ラウンドを終えてトップは通算16アンダーのダスティン・ジョンソン(アメリカ)で、4打差の12アンダーでアブラハム・アンサー(メキシコ)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、イム・ソンジェ(韓国)の3選手が追う展開になっています。

最終ラウンドは、ダスティン・ジョンソン(アメリカ)が6バーディー、2ボギーの68でラウンドし、大会新記録の通算20アンダーで初優勝を飾りました。

期待の松山英樹選手ら日本人出場選手のマスターズゴルフ2020の結果速報は、以下の通りです。

マスターズゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~松山英樹

松山英樹選手は1日目68の好スタートを切ると2日目もトップと1打差の8アンダー5位タイまでスコアを伸ばし、15番ホールを終了したところで日没サスペンデッドとなりました。

3日目は第2ラウンドの残り3ホールのプレーから始まり、すべてパーで通算8アンダーで決勝ラウンドに入りました。

第3ラウンドは4バーディー、4ボギーの72、最終ラウンドも4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72と伸び悩みトップと12打差の通算8アンダーの13位タイで大会を終えました。

松山英樹の順位とスコア(最終結果)
13位タイ -8(68・68・72・72)

マスターズゴルフ2020の日本人出場選手の結果速報~今平周吾

今平周吾選手は1日目はパープレーだったものの2日目に70とスコアを伸ばし予選通過を果たしましたが、決勝ラウンドでスコアを伸ばせず通算イーブンパーの44位タイで大会を終えました。

今平周吾の順位とスコア(最終結果)
44位タイ E(72・70・72・74)

スポンサーリンク

マスターズゴルフ2020の結果速報

マスターズゴルフ2020上位選手の最終結果
優勝 -20 ダスティン・ジョンソン(65・70・65・68)
2位T -15 キャメロン・スミス(67・68・69・69)、イム・ソンジェ(66・70・68・69)
4位   -12 ジャスティン・トーマス(66・69・71・70)
5位T -11 ディラン・フリテリ(65・73・67・72))、ローリー・マキロイ(75・66・67)
7位T -10 パン・チェンツェン(70・66・74・68)、ジョン・ラーム(69・66・72・71)、ブルックス・ケプカ(70・69・69・70)
10位T -9 パトリック・リード(68・68・71・72)、ウェブ・シンプソン(67・73・71・68)、コリー・コナーズ(74・65・71・69)
13位T -8 松山英樹(68・68・72・72)、アブラハム・アンサー(68・67・69・76)、ケビン・ナ(73・68・69・70)、マーク・リーシュマン(70・72・70・68)

44位T E 今平周吾(72・70・72・74)、他

マスターズゴルフ2020の日本人出場選手~組み合わせとスタート時間

マスターズゴルフ2020は、1日目と2日目は同じ組み合わせで、予選ラウンドはアウトとインのツーウェイでのスタートとなります。

日没時間の関係で、1日目から最終日までスリーサムでのラウンドになります。

松山英樹選手と今平周吾選手の組み合わせとスタート時間は、以下の通りです。

松山英樹
1日目:午前7時11分(日本時間12日午後9時11分)インスタート
2日目:午後1時16分(日本時間14日午前3時16分)アウトスタート
1日目と2日目の組み合わせ
ウェブ・シンプソン(アメリカ)・マーク・レイシュマン(オーストラリア)

3日目:午後1時37分(日本時間15日午前3時37分)アウトスタート
イム・ソンジェ(韓国)・パン・チェンツェン(台湾)

4日目:午前8時45分(日本時間15日午後10時45分)アウトスタート
ケビン・ナ(アメリカ)、パトリック・カントレー(アメリカ)

今平周吾
1日目:午前11時5分(日本時間13日午前1時5分)インスタート
2日目:午前9時30分(日本時間13日午後11時30分)アウトスタート
1日目と2日目の組み合わせ
ジャスティン・ハーディング(南アフリカ)・ニック・テイラー(カナダ)

3日目:午後0時31分(日本時間15日午前2時31分)アウトスタート
アダム・スコット(オーストラリア)・キム・シウ(韓国)

4日目:午前8時12分(日本時間15日午後10時12分)インスタート
キム・シウ(韓国)・バッバ・ワトソン(アメリカ)

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

マスターズゴルフの歴代優勝者は?賞金配分と国内ツアーとの比較も!
こちらでは、マスターズゴルフの歴代優勝者と賞金配分・賞金総額はどうなっているのか?また国内ツアーと比較するとどうなのか、まとめました。ゴルフの祭典として知られるマスターズゴルフですが賞金においても大変魅力的な大会です。その賞金配分はどうなっているのか?

マスターズゴルフ2020の結果速報~まとめ

今回は、松山英樹選手ら日本人出場選手のマスターズゴルフ2020の結果速報について見てきました。

延期となっていたマスターズゴルフ2020が、いよいよ11月12日(木)にティオフとなります。

例年の暖かい春の開催と違って異例の肌寒い秋の開催となったマスターズゴルフ2020ですが、はたして日本人選手初のマスターズ制覇は見られるのでしょうか?

期待の松山英樹選手ら日本人出場選手のマスターズゴルフ2020の結果速報は、松山英樹選手が通算8アンダーの13位タイ、今平周吾選手が通算イーブンパーの44位タイでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント