マスターズGCレディース2021の賞金や出場選手は?テレビ放送も

スポンサーリンク

国内女子プロゴルフツアーのマスターズGCレディース2021が、2021年10月21日から兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部で開催されます。

前年2020年は新型コロナウイルスの影響により中止となりましたが、2019年大会では柏原明日架選手がうれしいツアー2勝目を飾っています。

日本女子プロゴルフ選手権と並ぶ国内女子ツアーの中でも屈指の高額賞金の大会でもあり、ツアー終盤戦最大の山場を迎えているといっても過言ではないでしょう。

各選手のモチベーションもアップし、マスターズGCレディース2021に照準を合わせている選手も多いと思われます。

そんなマスターズGCレディース2021の賞金はいくらで、出場選手などはどうなっているのでしょうか?

今回は、マスターズGCレディース2021の賞金や出場選手、テレビ放送などについて見ていきます。

スポンサーリンク

マスターズGCレディース2021の賞金

10月も下旬となると国内女子ツアーの賞金女王争いも佳境に差し掛かってくる時期です。

今年2021年のマスターズGCレディース2021の賞金総額は2億円、優勝賞金3,600万円で、国内女子ツアー屈指の高額賞金大会となっています。

かつてはメジャー大会の日本女子プロゴルフ選手権と並んで国内女子ツアーの最高賞金額のトーナメントでした。(2021年最高賞金額はアース・モンダミンカップの賞金総額3億円・優勝賞金5,400万円)

今期の残り試合賞金も少なくなってきている中で、賞金女王争いやシード権争いをしている選手にとっては是が非でも上位に食い込んで、多くの賞金をゲットしておきたいところでしょう。

競技は4日間72ホールで行われ、予選36ホールを終了時点で上位50位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出します。

マスターズGCレディース2021の賞金など概要は、以下の通りです。

マスターズGCレディース2021の賞金など概要
大会名称
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

開催コース
マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)中・西コース
6,571ヤード・パー72
兵庫県三木市久留美1848

開催期間
2021年10月21日(木)~10月24日(日)

賞金総額
2億円

優勝賞金
3,600万円

前回大会優勝(2019年)
柏原明日架

マスターズGCレディースの歴代優勝者と開催コース

最多優勝は大山志保選手の3回(2008・2011・2014年)、連覇は古閑美保プロのみ(2006・2007年)で、近年は韓国選手の強さが目立ちます。

開催コースは第1回大会から変わらず兵庫県三木市のマスターズゴルフ倶楽部となっています。

マスターズGCレディースの歴代優勝者は、以下の通りです。

マスターズGCレディースの歴代優勝者
2021年(第19回)?
2020年(第18回)新型コロナウイルスの影響により中止
2019年(第17回)柏原明日架
2018年(第16回)アン・ソンジュ(韓国)
2017年(第15回)上田桃子
2016年(第14回)全美貞(韓国)
2015年(第13回)李知姫(韓国)
2014年(第12回)大山志保
2013年(第11回)横峯さくら
2012年(第10回)キム・ソヒ(韓国)※横峯さくら、吉田弓美子とのプレーオフ
2011年(第9回)大山志保 ※ポーラ・クリーマーとのプレーオフ
2010年(第8回)横峯さくら
2009年(第7回)申ジエ(韓国)※福嶋晃子、三塚優子とのプレーオフ
2008年(第6回)大山志保
2007年(第5回)古閑美保
2006年(第4回)古閑美保
2005年(第3回)ポーラ・クリーマー(アメリカ)※天沼知恵子とのプレーオフ
2004年(第2回)宮里藍
2003年(第1回)竹末裕美

スポンサーリンク

マスターズGCレディース2021の出場選手

続いて、マスターズGCレディース2021の出場選手は、プロアマ合わせて108名が予定されています。

マスターズGCレディースはイ・ボミ選手やキム・ハヌル選手が所属する延田グループが主催する大会でもあり、両選手はもちろん出場を予定しています。

マスターズGCレディース2021の出場選手は、以下の通りです。

青木瀬令奈、淺井咲希、東浩子、穴井詩、新垣比菜、新武瑠衣、有村智恵、李知姫、イ・ナリ、イ・ボミ、石井理緒、石川明日香、稲見萌寧、岩井千怜、上田桃子、植竹希望、上野菜々子、上原彩子、臼井麗香、大出瑞月、大里桃子、大山志保、岡山絵里、沖せいら、柏原明日架、勝みなみ、金澤志奈、金田久美子、河本結、菊地絵理香、木戸愛、キム・ハヌル、木村彩子、工藤遥加、小祝さくら、香妻琴乃、小滝水音、後藤未有、サイ・ペイイン、西郷真央、酒井美紀、佐久間朱莉、ささきしょうこ、篠原まりあ、渋野日向子、全美貞、申ジエ、菅沼菜々、鈴木愛、セキ・ユウティン、髙木優奈、高橋彩華、竹内美雪、田中瑞希、田辺ひかり、田村亜矢、辻梨恵、鶴岡果恋、テレサ・ルー、永井花奈、仲宗根澄香、永峰咲希、西村優菜、西山ゆかり、野澤真央、濱田茉優、林菜乃子、原英莉花、原江里菜、比嘉真美子、蛭田みな美、黄アルム、福田真未、藤田さいき、藤本麻子、不動裕理、古江彩佳、ペ・ソンウ、ペ・ヒギョン、堀琴音、前田陽子、松田鈴英、真鍋早彩、三ヶ島かな、宮里美香、宮田成華、村田理沙、森田遥、安田彩乃、安田祐香、山路晶、山下美夢有、山城奈々、ユン・チェヨン、吉川桃、吉田優利、葭葉ルミ、吉本ここね、吉本ひかる、笠りつ子、若林舞衣子、脇本華、渡邉彩香

アマチュア選手
飯島早織、岩切美空、尾関彩美悠、北川紗玖楽

※出場選手は変更になる場合があります。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

イ・ボミのマスターズGCレディースの成績まとめ!優勝はいつ?
こちらでは、優勝が待たれるイ・ボミ選手のマスターズGCレディースのこれまでの成績をまとめました。高額賞金の大会として知られているマスターズGCレディースですがホステスプロのイ・ボミ選手にとっては特別な大会です。これまでの成績と優勝はいつ?

マスターズGCレディース2021のテレビ放送予定

マスターズGCレディース2021のテレビ放送は、地上波・BSはTBS系列で、CSはGAORAとゴルフネットワークで予定されています。

以前と比較して生中継の時間が増えているのがうれしいところです。

詳しい放送スケジュールは以下の通りです。

地上波:TBS系列
3日目 10月23日(土) 14:00~14:54(生中継)MBS
最終日 10月24日(日) 15:00~16:24(生中継)MBS

BS:BS-TBS
3日目 10月23日(土) 14:00~14:54(生中継)
最終日 10月24日(日) 14:00~16:24(生中継)

CS:GAORA
2日目 10月22日(金) 13:00~16:00(生中継)
3日目 10月23日(土) 18:30~19:30(録画)
最終日 10月24日(日) 18:30~20:00(録画)

CS:ゴルフネットワーク
3日目 10月23日(土) 8:00~10:45(生中継・とことん1番ホール)
最終日 10月24日(日) 7:30~10:15(生中継・とことん1番ホール)※最大延長12:00まで

※放送時間は変更になる場合があります。

マスターズGCレディース2021のライブ配信

マスターズGCレディース2021はテレビ放送の他、インターネットによるライブ配信も予定されています。

ライブ配信するのは「GOLFTV」(有料)で、国内女子ツアーにおいては9月の日本女子プロゴルフ選手権で初めてライブ配信し、前々週の「スタンレーレディスゴルフトーナメント」もライブ配信しています。

詳しい配信スケジュールや視聴料金などは、以下の通りです。

ライブ配信:GOLFTV
1日目 10月21日(木) 8:00~17:00
2日目 10月22日(金) 8:00~17:00
3日目 10月23日(土) 9:00~17:00
最終日 10月24日(日) 9:30~17:00

※配信時間は変更になる場合があります。

視聴料金
LIVE PASS:1,000円/月(9,000円/年)
PRO PASS:1,500円/月(13,000円/年)
※登録から7日間視聴無料

視聴など詳細は、こちらから ⇒ GOLFTV

マスターズGCレディース2021の賞金~まとめ

今回は、マスターズGCレディース2021の賞金や出場選手、テレビ放送などについて見てきました。

マスターズGCレディース2021の賞金総額は2億円、優勝賞金3,600万円で国内女子ツアー屈指の高額賞金となっています。

テレビ放送は、地上波・BSはTBS系列、CSはGAORAとゴルフネットワークで、インターネットによるライブ配信はGOLFTVで予定されています。

また、出場選手にはマスターズGC所属のイ・ボミ選手やキム・ハヌル選手などプロアマ合わせて108名が予定されています。

残り試合も少なくなり大きな山場を迎えている国内女子ゴルフツアーですが、もうこれ以上の高額賞金の大会は残されていません。

賞金女王争いは、最後まで目を離せそうにありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント