日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送・ネット中継予定は?

国内女子プロゴルフツアーのメジャー第1戦、日本女子プロゴルフ選手権2020が、9月10日から岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催されます。

かつて男子国内ツアーの「ミズノオープン」も開催されたリンクスコースでの開催ということで、いつもの日本女子プロゴルフ選手権とは違った見どころのある大会となりそうです。

今回は、日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送・ネット中継予定、開催コースと見どころなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送予定

日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送は、地上波ではテレビ朝日系列、CSではスカイAで生中継が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波-テレビ朝日系列
3日目 9月12日(土) 15:00~16:25 生中継
最終日 9月13日(日) 14:00~15:55 生中継

CS-スカイA
1日目 9月10日(木) 8:00~18:00 生中継
2日目 9月11日(金) 8:00~18:00 生中継
3日目 9月12日(土) 8:00~13:55 生中継
最終日 9月13日(日) 8:00~13:55 生中継

※放送時間は変更になる場合があります。

スポンサーリンク

日本女子プロゴルフ選手権2020のネット中継予定

また、日本女子プロゴルフ選手権は、例年インターネットによるライブ配信も行われています。

2020年の日本女子プロゴルフ選手権も、1組目のスタートから最終組のホールアウトまで無料で完全生中継を予定しています。

インターネットによる詳しいライブ配信スケジュールは、以下の通りです。

インターネットライブ配信
1日目 9月10日(木) 6:00~17:30
2日目 9月11日(金) 6:00~17:30
3日目 9月12日(土) 7:00~最終組ホールアウトまで
最終日 9月13日(日) 7:00~大会終了まで

視聴は、You Yube JLPGA公式チャンネルから!

日本女子プロゴルフ選手権2020の開催コースと見どころ

2020年の日本女子プロゴルフ選手権は、開催コースがいつもと違った特徴があります。

開催コースは岡山県のJFE瀬戸内海GCですが、日本では数少ない本格的なリンクスコースになります。

瀬戸内海に埋め立てて造られたJFE瀬戸内海GCはスコットランドのような趣きに加え、池を巧みに配したレイアウトが大きな特徴です。

50年を超える日本女子プロゴルフ選手権の歴史の中でもリンクスコースでの開催はほとんどなく、風が吹けば全英オープン並みの難易度になるには間違いないでしょう。

また、コースセッティングもファーストカットラフをなくしたり、池周辺の芝を短くカットしたりと細かいところまで難易度を高める工夫がなされるなど、選手たちは気が抜けません。

OBゾーンが少ないためロングヒッター有利に思えますが、随所にトラップがあるため決して気を抜けない戦略的なコースといえます。

これらラフやウオーターハザード、そしてリンクス特有の風に選手たちがどう対処していくかが見どころとなるでしょう。

日本女子プロゴルフ選手権2020の開催コースの概要

コース名称
JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部

開場
1991年(平成3年)4月29日

設計
加藤俊輔

ヤーデージ
トーナメント・ティー:7480ヤード
レギュラー・ティー:6433ヤード

コースレート
72.8

所在地
〒714-0063 岡山県笠岡市鋼管町19-2

TEL
0865-66-4570

過去のトーナメント開催
1998年~2006年 男子ツアー「〜全英への道〜ミズノオープン」
2019年 女子ツアー最終プロテスト、など

リンクスコースの詳細については、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ゴルフ場のリンクスの意味とは?特徴やイギリスと日本の名門コースも
こちらでは、ゴルフ場のリンクスの意味・特徴とは何か、まとめました。ゴルフ発祥の地スコットランドのゴルフ場といえばリンクスです。強風と深いバンカーなどが印象的なリンクスですがリンクスの特徴はそれだけではありません。他にもおすすめの日本のリンクスを紹介。

日本女子プロゴルフ選手権2020の出場選手と初日の組み合わせ・スタート時間

日本女子プロゴルフ選手権2020の出場選手は132名が予定されており、予選の第2ラウンド終了時点で60位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出する予定になっています。

予選ラウンド2日間はアウトとインコース、前半と後半に分かれてのスタートとなります。

日本女子プロゴルフ選手権2020の出場選手と初日の組み合わせ・スタート時間は、以下の通りです。

アウトスタート
前半
6:50 岸部桃子、佐伯朱音、木下彩
7:00 井上りこ、松原由美、吉川桃
7:10 森田遥、エイミー・コガ、河野杏奈
7:20 菊地絵理香、東浩子、サイ・ペイイン
7:30 ユン・チェヨン、柏原明日架、笠りつ子
7:40松田鈴英、ささきしょうこ、吉田優利
7:50 古江彩佳、福田真未、鈴木愛
8:00 永井花奈、臼井麗香、大出瑞月
8:10 大城さつき、リ・ハナ、仲宗根澄香
8:20 佐藤絵美、酒井千絵、福山恵梨
8:30 下川めぐみ、吉田弓美子、川岸史果

後半
11:10 福田侑子、辻梨恵、岩橋里衣
11:20 小貫麗、吉野茜、竹内美雪
11:30 前田陽子、不動裕理、金澤志奈
11:40 勝みなみ、渡邉彩香、笹生優花
11:50 ペ・ヒギョン、安田彩乃、原英莉花
12:00 稲見萌寧、李知姫、濱田茉優
12:10 穴井詩、野澤真央、宮里美香
12:20 原江里菜、全美貞、淺井咲希
12:30 木戸愛、篠原まりあ、セキ・ユウティン
12:40亀田愛里、山田成美、山下美夢有
12:50 澁澤莉絵留、石川陽子、山戸未夢

インスタート
前半
6:50 但馬友、石山千晶、城間絵梨
7:00 後藤未有、菅沼菜々、宮﨑乙実
7:10 高橋彩華、吉本ここね、植竹希望
7:20 安田祐香、酒井美紀、小祝さくら
7:30 比嘉真美子、上田桃子、田中瑞希
7:40 若林舞衣子、大山志保、成田美寿々
7:50 西村優菜、永峰咲希、三ヶ島かな
8:00 イ・ミニョン、葭葉ルミ、大里桃子
8:10 鶴岡果恋、木村彩子、イ・ソルラ
8:20 加賀其真美、藤田光里、山城奈々
8:30 槇谷香、小林咲里奈、柳澤美冴

後半
11:10 香妻琴乃、権藤可恋、川﨑志穂
11:20 川満陽香理、松森彩夏、新田彩乃
11:30 髙木優奈、工藤遥加、上原美希
11:40 イ・ナリ、大西葵、蛭田みな美
11:50 S.ランクン、新垣比菜、藤本麻子
12:00 青木瀬令奈、テレサ・ルー、沖せいら
12:10 有村智恵、吉本ひかる、西郷真央
12:20 岡山絵里、新海美優、藤田さいき
12:30 脇元華、武尾咲希、田辺ひかり
12:40 山本薫里、小林由枝、石川明日香
12:50 小倉ひまわり、木佐貫めぐみ、小野祐夢

※スタート時間と組み合わせは変更になる場合があります。

日本女子プロゴルフ選手権2020の日程・コースなど概要

日本女子プロゴルフ選手権2020の日程・コースなど概要は、以下の通りです。

日本女子プロゴルフ選手権2020の日程・コースなど概要
大会名称
第53回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

開催日程
2020年9月10日(木)~9月13日(日)

開催コース
JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)

賞金総額
2億円(2019年)

優勝賞金
3,600万円(2019年)

前年優勝者
畑岡奈紗 -17

日本女子プロゴルフ選手権の歴代優勝者(過去20年)と開催コース

2019年 畑岡奈紗(三重県・チェリーヒルズゴルフクラブ)
2018年 申ジエ(富山県・小杉カントリークラブ)
2017年 李知姫(岩手県・安比高原ゴルフウラブ)
2016年 鈴木愛(北海道・登別カントリー倶楽部)
2015年 テレサ・ルー(長崎県・パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ)
2014年 鈴木愛(兵庫県・美奈木ゴルフ倶楽部)
2013年 イ・ボミ(北海道・恵庭カントリー倶楽部)
2012年 有村智恵(滋賀県・タラオカントリークラブ西コース)
2011年 三塚優子(千葉県・キングフィールズゴルフクラブ)
2010年 藤田幸希(グランデージゴルフ倶楽部)
2009年 諸見里しのぶ(岐阜県・岐阜関カントリー倶楽部)
2008年 辛炫周(石川県・片山津ゴルフ倶楽部・白山コース)
2007年 飯島茜(広島県・リージャスクレストゴルフクラブ・グランドコース)
2006年 宮里藍(北海道・ニドムクラシックコース・ニスパコース)
2005年 不動裕理(滋賀県・名神八日市カントリークラブ)
2004年 肥後かおり(栃木県・太平洋C&A益子コース)
2003年 不動裕理(埼玉県・太平洋C&A江南コース)
2002年 具玉姫(兵庫県・太平洋クラブ六甲コース)
2001年 日吉久美子(栃木県・ロペ倶楽部)
2000年 高村亜紀(福島県・リベラルヒルズゴルフクラブ)

日本女子プロゴルフ選手権2020~まとめ

今回は、日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送・ネット中継予定、開催コースと見どころなどについてまとめました。

日本女子プロゴルフ選手権2020のテレビ放送は、地上波はテレビ朝日系列、CSはスカイAで生中継が予定されており、You Yube JLPGA公式チャンネルではインターネットによるライブ配信も予定されています。

開催コースは岡山県のJFE瀬戸内海GCで、本格的なリンクスコースでいつもは違った難しさのあるコースです。

リンクスコースにつきものの風やラフなどへの対処が見どころとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント