ほけんの窓口レディース2022のチケット情報とテレビ放送は?歴代優勝者も

スポンサーリンク

国内女子プロゴルフツアーのほけんの窓口レディース2022が、福岡県の福岡カンツリー倶楽部・和白コースで開催されます。

すでに有観客で開催されることが発表されていますが、入場制限もあるためチケットは早い段階でのソールドアウトが予想されます。

発売日などチケット情報はどうなっているのでしょうか?

今回は、ほけんの窓口レディース2022のチケット情報とテレビ放送予定、歴代優勝者などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ほけんの窓口レディース2022のチケット

ほけんの窓口レディース2022は、3日間各日5,000人を目安とした入場制限の有観客試合として開催されます。

2022年シーズンのこれまでの大会同様、当日券や3日間通し券の販売はなく日付指定の前売券のみの販売となります。

チケットの発売日は4月20日(水)で、販売場所は会場となる福岡カンツリー倶楽部とセブンチケット、ローソンチケットです。

枚数限定で販売予定枚数に達し次第、販売終了となるので、現地での観戦をご希望の方は早めのチケット購入をおすすめします。

ほけんの窓口レディース2022のチケット情報の概要は、以下の通りです。

ほけんの窓口レディース2022のチケット情報の概要
チケット料金
5月13日(金):3,000円(税込み)
5月14日(土)・15日(日):4,000円(税込み)

チケット発売日
2022年4月20日(水)

チケット購入場所
セブンチケット
全国のセブンイレブン(マルチコピー機)、セブンチケット(Webサイト)にて発売
2022年4月20日(水) 10:00~来場日の前日23:59まで(店頭)

ローソンチケット(Lコード:84869)
全国のローソン・ミニストップ店頭の「Loppi」、ローソンチケット(Webサイト)にて発売
2022年4月20日(水) 10:00~来場日の前日23:59まで(店頭)

福岡カンツリー倶楽部(開催コース)
2022年4月20日(水)~5月8日(日)

スポンサーリンク

ほけんの窓口レディースのテレビ放送

ほけんの窓口レディース2022のテレビ放送は、地上波はTBS系、CSはゴルフネットワークとGAORAで予定されています。

地上波は最終日のみ全国ネットで中継、CSではゴルフネットワークは1番ホールを中心とした生中継、GAORAは2日目と最終日の録画中継となります。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波:TBS系
1日目 2022年5月13日(金)
RKB 25:55~27:25(録画)

2日目 2022年5月14日(土)
RKBほか九州・沖縄TBS系列7局
14:30~15:54(生中継)

TBS、MBS、CBC、HBC、RCC
15:00~15:54(生中継)

最終日 2022年5月15日(日)
TBS系列全国ネット
15:30~16:54(録画)

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2022年5月13日(金)
8:00~11:00(とことん1番ホール生中継)
20:00~23:00(とことん1番ホール録画)

2日目 2022年5月14日(土)
7:00~10:15(とことん1番ホール生中継)
19:00~22:15(とことん1番ホール録画)
23:15~24:45(録画)

最終日 2022年5月15日(日)
7:30~9:30(とことん1番ホール生中継)
13:30~15:30(とことん1番ホール録画)
23:00~24:30(録画)

CS:GAORA
2日目 2022年5月14日(土)
19:30~21:00(録画)

最終日 2022年5月15日(日)
19:30~21:00(録画)

※放送時間は変更になる場合があります。

スポンサーリンク

ほけんの窓口レディースのネット中継

ほけんの窓口レディース2022はテレビ放送の他、インターネットによるライブ配信も予定されています。

ネット中継するのは「GOLFTV」と「DAZN」で有料のライブ配信となりますが、外出中でも楽しめるので自宅でテレビ観戦できない方にはおすすめの視聴方法です。

配信時間も長いので、じっくりと楽しめそうです。

ネット中継の詳しい配信スケジュールは、以下の通りです。

ネット中継:「GOLFTV」・「DAZN」
1日目 2022年5月13日(金) 10:15~16:30(生中継)
2日目 2022年5月14日(土) 9:45~16:00(生中継)
最終日 2022年5月15日(日) 8:30~14:30(生中継・表彰式終了まで)

・「GOLFTV」公式サイトはこちら

・「DAZN」公式サイトはこちら

※配信時間は変更になる場合があります。

ほけんの窓口レディースの歴代優勝者と開催コース

続いて、ほけんの窓口レディースの歴代優勝者と開催コースを見ていきましょう。

歴代優勝者は韓国勢を中心とする海外選手と日本人選手が拮抗する形になっていますが、歴代賞金女王の名前も多く見られます。

最多優勝回数は不動裕理選手とイ・ボミ選手(韓国)と鈴木愛選手の2回、連覇記録はイ・ボミ選手と鈴木愛選手の2連覇があります。

開催コースは第1回大会から福岡県で開催されており、2000~2011年までは福岡センチュリーゴルフ倶楽部、2012年以降は福岡カンツリー倶楽部・和白コースに定着しています。

ほけんの窓口レディースの歴代優勝者と開催コースは、以下の通りです。

ほけんの窓口レディースの歴代優勝者
2022年(第22回)渡邉彩香 ※高橋彩華とのプレーオフ
2021年(第21回)大里桃子 ※ささきしょうことのプレーオフ
2020年 新型コロナウイルスの影響により中止
2019年(第20回)イ・ミニョン(韓国)
2018年(第19回)鈴木愛
2017年(第18回)鈴木愛
2016年(第17回)申ジエ(韓国)
2015年(第16回)イ・ボミ(韓国)
2014年(第15回)イ・ボミ(韓国)
2013年(第14回)オナリン・サタヤバンポット(タイ)
2012年(第13回)朴仁妃(韓国)
2011年(第12回)佐伯三貴
2010年(第11回)横峯さくら
2009年(第10回)斎藤裕子
2008年(第9回)イム・ウナ(韓国)
2007年(第8回)全美貞(韓国)※不動裕理とのプレーオフ
2006年(第7回)李知姫(韓国)
2005年(第6回)宮里藍
2004年(第5回)不動裕理
2003年(第4回)具玉姫(韓国)
2002年(第3回)久保樹乃 ※木村敏美、山崎礼奈とのプレーオフ
2001年(第2回)塩谷育代 ※那須美根子とのプレーオフ
2000年(第1回)不動裕理

ほけんの窓口レディースの開催コース
2012年~ 福岡カンツリー倶楽部・和白コース(福岡県)
2000~2011年 福岡センチュリーゴルフ倶楽部(福岡県)

スポンサーリンク

ほけんの窓口レディースの日程と賞金

ほけんの窓口レディースは、2000年から「ヴァーナルカップRKBレディース」の大会名称で始まりました。

その後、スポンサーの変更により何度か大会名称が変わり、2013年以降は「ほけんの窓口レディース」として開催されています。

ほけんの窓口レディース2022は5月13日(金)~15日(日)の3日間の日程で、福岡県の福岡カンツリー倶楽部・和白コースで開催されます。

賞金は賞金総額1億2,000万円・優勝賞金2,160万円で、2013年の大会名称変更以降は変わりありません。

出場選手は108名(予定)で、競技は54ホール3日間で行われ、予選36ホール終了時点で上位50位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出する予定です。

ほけんの窓口レディース2022の概要は、以下の通りです。

ほけんの窓口レディース2022概要
大会名称
ほけんの窓口レディース

開催日程
2022年5月13日(金)~5月15日(日)

開催コース
福岡カンツリー倶楽部・和白コース(福岡県)
6,299ヤード・パー72
〒811-0216 福岡県福岡市東区上和白1318-1
TEL:092-606-2931

賞金総額
1億2,000万円

優勝賞金
2,160万円

前年優勝者
大里桃子

大会名称の変遷
2013年~「ほけんの窓口レディース」
2010~2012年「フンドーキンレディース」
2001~2009年「ヴァーナルカップレディース」
2000年「ヴァーナルカップRKBレディース」

ほけんの窓口レディースの賞金額の推移
2013年~ 賞金総額1億2,000万円・優勝賞金2,160万円
2010~2012年 賞金総額8,000万円・優勝賞金1,440万円
2009年 賞金総額1億円・優勝賞金1,800万円
2005~2008年 賞金総額1億2,000万円・優勝賞金2,160万円
2001~2004年 賞金総額1億円・優勝賞金1,800万円
2000年 賞金総額8,000万円・優勝賞金1,440万円

国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールなどは、こちらをご参照下さい↓

国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールは?メルセデスランキングも
こちらでは、国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールやメルセデスランキングなどについてまとめました。

ほけんの窓口レディース2022のチケット

今回は、ほけんの窓口レディース2022のチケット情報とテレビ放送予定、歴代優勝者などについて見てきました。

ほけんの窓口レディース2022は3日間各日5,000人を目安とした入場制限の有観客試合となり、チケットは日付指定の前売券のみで4月20日(水)から発売となります。

テレビ放送は地上波がTBS系、CSはゴルフネットワークとGAORAで、ネット中継は「GOLFTV」と「DAZN」で有料のライブ配信が予定されています。

歴代優勝者は海外選手と日本人選手が拮抗する形で、最多優勝回数は不動裕理選手とイ・ボミ選手(韓国)と鈴木愛選手の2回、連覇記録はイ・ボミ選手と鈴木愛選手の2連覇があります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

国内女子ツアー
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント