ジェネシス招待2021の賞金とテレビ放送は?日本人の結果速報も!

スポンサーリンク

アメリカ男子プロゴルフツアーのジェネシス招待2021が、アメリカ・カリフォルニア州のリビエラCCで2月18日~21日の4日間の日程で開催されます。

ジェネシス招待は大会名称が何度か変更になっている大会ですが、第1回大会が1926年に始まった歴史ある大会です。

タイガー・ウッズがアマチュア時代に初めてPGAツアーに出場した大会でもあり、前年2020年からはタイガー・ウッズが主催者となり大会の格(賞金・シード権)も一気に上がりました。

今回は、ジェネシス招待2021の賞金とテレビ放送、日本人選手の結果速報などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ジェネシス招待2021の賞金

ジェネシス招待は上述のように前年2020年に大会の格が上がり、これに伴い賞金総額が2019年の740万ドルから930万ドル(優勝賞金167万4,000ドル)に大きく跳ね上がりました。

また、オープン競技から招待制に変わり、出場選手が144名から120名に絞られ、優勝者のシード権も2年間から3年間になり名実ともに準メジャーといってもい大会に変貌しています。

3年間のシード権という意味では、世界ゴルフ選手権(WGC)、アーノルドパーマー・インビテーショナル、ジャック・ニクラス主催のザ・メモリアル・トーナメントに肩を並べるまでになりました。

アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラス、タイガー・ウッズというスーパースターが主催の3試合は今後もますます発展し、将来はメジャー大会にまで成長する可能性も秘めているといってもいいでしょう。

スポンサーリンク

ジェネシス招待2021のテレビ放送

ジェネシス招待2020は、BSはNHKで、CSはゴルフネットワークでテレビ放送が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

BS:NHK-BS1
3日目 2021年2月21日(日)
午前6:00~午前8:00(生中継)

最終日 2021年2月22日(月)
午前6:00~午前8:30(生中継)

CS:ゴルフネットワーク
1日目 2021年2月19日(金)
午前4:00~午前8:00(生中継)
午後7:00~午後10:00(録画)

2日目 2021年2月20日(土)
午前4:00~午前8:00(生中継)
午後10:30~翌午前1:30(録画)

3日目 2021年2月21日(日)
午前3:00~午前8:15(生中継)
午後7:00~午後10:00(録画)

最終日 2021年2月22日(月)
午前3:00~午前8:45(生中継)
午後1:30~午後4:30(録画)、午後9:30~翌午前0:30(録画)

※放送時間は、変更になる場合があります。

ジェネシス招待2021の日程と開催コースなど概要

ジェネシス招待2021は、2月18日~21日の4日間の日程でカリフォルニア州ロサンゼルス郊外の名門・リビエラCCで開催されます。

毎年、ベント芝とポアナ芝が混じったグリーンとキクユ芝が使用されたフェアウエーとラフに手こずる選手が多いのも特徴で、これにどう対応するかも勝敗を分ける大きなポイントとなりそうです。

ジェネシス招待2021の日程と開催コースなど概要は、以下の通りです。

ジェネシス招待2021の日程と開催コースなど概要
開催日程
2021年2月18日(木)~2月21日(日)

開催コース
リビエラ・カントリークラブ(アメリカ・カリフォルニア州)
7,322ヤード・パー71

フェデックスカップ・ポイント
550ポイント(優勝者)

賞金総額
930万ドル

優勝賞金
167万4,000ドル

前年優勝者
アダム・スコット(オーストラリア)

ジェネシス招待の歴代優勝者(2000年以降)

2000年以降のジェネシス招待の歴代優勝者を見るとアメリカ勢が強く、2007年以降アメリカ人以外の優勝は、2011年のアーロン・バデリー(オーストラリア)と2020年のアダム・スコット(オーストラリア)の2回のみです。

ババ・ワトソンの3勝やフィル・ミケルソンの連覇が光ります。

2020年は久しぶりにオーストラリア勢が優勝しているだけに、インターナショナル勢の活躍が期待されます。

なお、ジェネシス招待の大会ホストであるタイガー・ウッズの優勝はまだありません。

2000年以降のジェネシス招待の過歴代優勝者は、以下の通りです。

ジェネシス招待の歴代優勝者(2000年以降)
2020年 アダム・スコット(オーストラリア)
2019年 J.B.ホームズ(アメリカ)
2018年 ババ・ワトソン(アメリカ)
2017年 ダスティン・ジョンソン(アメリカ)
2016年 ババ・ワトソン(アメリカ)
2015年 ジェームス・ハーン(アメリカ)
2014年 ババ・ワトソン(アメリカ)
2013年 ジョン・メリック(アメリカ)
2012年 ビル・ハース(アメリカ)
2011年 アーロン・バデリー(オーストラリア)
2010年 スティーブ・ストリッカー(アメリカ)
2009年 フィル・ミケルソン(アメリカ)
2008年 フィル・ミケルソン(アメリカ)
2007年 チャールズ・ハウエルⅢ(アメリカ)
2006年 ローリー・サバティーニ(南アフリカ)
2005年 アダム・スコット(オーストラリア)
2004年 マイク・ウィア(カナダ)
2003年 マイク・ウィア(カナダ)
2002年 レン・マティース(アメリカ)
2001年 ロバート・アレンビー(オーストラリア)
2000年 カーク・トリプレット(アメリカ)

ジェネシス招待2021の日本人の結果速報

ジェネシス招待2021に出場する日本人選手としては、松山英樹選手のみが出場を予定しており、前年の2020年大会では通算8アンダーでトップと3打差の5位タイでフィニッシュする活躍を見せています。

ジェネシス招待2021の日本人選手の結果速報は、日本人選手として唯一の出場となった松山英樹選手ですが、予選落ちとなりました。

ジェネシス招待2021~最終結果

ジェネシス招待2021の最終結果は、最終日、マックス・ホーマ(アメリカ)とトニー・フィナウ(アメリカ)が通算12アンダーで並んでホールアウトし、プレーオフの結果、マックス・ホーマが優勝し、ツアー2勝目を飾りました。

1日目からトップを走ってきたサム・バーンズ(アメリカ)はプレーオフに1打及ばず通算11アンダーの3位でフィニッシュ、さらに通算9アンダーの4位にキャメロン・スミス(アメリカ)が入りました。

ジェネシス招待2021の上位選手の結果速報は、以下の通りです。

ジェネシス招待2021の最終結果
優勝 -12 マックス・ホーマ
2位 -12 トニー・フィナウ
3位 -11 サム・バーンズ
4位 -9 キャメロン・スミス
5位T -7 マシュー・フィッツパトリック、ビクトル・ホブラン、ジョン・ラーム
8位T -6 ワインドハム・クラーク、ダスティン・ジョンソン、フランチェスコ・モリナリ、マット・ジョーンズ
12位T -5 アレクサンデル・ノーレン、パトリック・ロジャース、テイラー・グーチ

ジェネシス招待2021日本人の2日目の結果速報~松山英樹

松山英樹選手の2日目の結果速報は、2バーディー、4ボギーの73でラウンドし、トップと14打差の暫定84位タイで予選通過に終わりました。

松山英樹の2日目の順位とスコア:84位タイ +2(71・73)

ジェネシス招待2021の2日目の上位選手の結果速報
1位 -12 サム・バーンズ
2位T -7 ホアキン・ニエマン、タイラー・マクンバー、ジェイソン・コクラック、ダスティン・ジョンソン
6位T -6 マックス・ホーマ、ワインドハム・クラーク、ジョーダン・スピース
9位T -5 アレクサンデル・ノーレン、パトリック・カントレー、マシュー・フィッツパトリック、キャメロン・スミス、スコット・ハリントン

84位T +2 松山英樹

ジェネシス招待2021日本人の1日目の結果速報~松山英樹

松山英樹選手の1日目の結果速報は、2バーディー、2ボギーの71でラウンドし、トップと7打差の50位タイのスタートになりました。

松山英樹の1日目の順位とスコア:50位タイ E(71)

ジェネシス招待2021の1日目の上位選手の結果速報
1位 -7 サム・バーンズ
2位T -5 マシュー・フィッツパトリック、マックス・ホーマ
4位T -4 アレクサンデル・ノーレン、ワインドハム・クラーク、ホアキン・ニエマン、パトリック・カントレー、マット・ジョーンズ、スコッティー・シェフラー、タイラー・マクンバー、ジェイソン・コクラック
12位T -3 キーガン・ブラッドリー、ジョーダン・スピース、ブルックス・ケプカ、ダスティン・ジョンソン、フランチェスコ・モリナリ、テイラー・グーチ、セバスチャン・ムニョス

50位T E 松山英樹

日本人のスタート時間と組み合わせ~松山英樹

松山英樹選手のジェネシス招待2021のスタート時間と組み合わせは、以下の通りです。

2日目のスタート時間と組み合わせ
スタート時間:5時16分(日本時間)インスタート
組み合わせ:キーガン・ブラッドリー(アメリカ)、マシュー・ウルフ(アメリカ)

1日目のスタート時間と組み合わせ
スタート時間:0時46分(日本時間)アウトスタート
組み合わせ:キーガン・ブラッドリー(アメリカ)、マシュー・ウルフ(アメリカ)

ジェネシス招待2021の賞金とテレビ放送~まとめ

今回は、ジェネシス招待2021の賞金とテレビ放送、日本人選手の結果速報などについて見てきました。

ジェネシス招待2021の賞金は、賞金総額930万ドル、優勝賞金167万4,000ドルで、優勝者には世界ゴルフ選手権(WGC)などと同じ3年間のシード権が与えられます。

テレビ放送は、BSはNHKで、CSはゴルフネットワークで生中継が予定されています。

ジェネシス招待2021の日本人選手の結果速報は、日本人選手として唯一の出場となった松山英樹選手ですが、予選落ちとなりました。

最終結果は、プレーオフの末、通算12アンダーでマックス・ホーマ(アメリカ)が優勝し、ツアー2勝目を飾りました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント