ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地は?見どころと歴代優勝者も

スポンサーリンク

国内女子プロゴルフツアー2022年シーズンの開幕戦となるダイキンオーキッドレディス2022が開催されます。

出場選手たちはまずはこの2022年初戦のダイキンオーキッドレディス2022に照準を合わせてくると思われ、開幕戦ならではの見どころがあります。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により中止となったダイキンオーキッドレディスですが、今年2022年もオミクロン株の影響によって有観客かどうか気になるところではあります。

ダイキンオーキッドレディス2022の日程開催地はどうなっているのでしょうか?

今回は、ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地、見どころ、歴代優勝者、テレビ中継予定などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地

すでに海外男子女子ツアーと男子国内ツアーは開幕していますが、国内女子ツアーはダイキンオーキッドレディスが開幕戦となります。

ダイキンオーキッドレディス2022の開催日程は3月3日(木)~6日(日)までの4日間、開催地は例年通り沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で、女子ゴルフのトーナメントでは唯一の沖縄開催となります。

琉球ゴルフ倶楽部へは那覇空港や那覇市内から車で約30~40分ほどでアクセスはいいのですが、今年2022年も新型コロナウイルスの影響で無観客試合となる可能性があります。

追記:その後、1日あたりの観客数を3,000人を目安とした有観客試合として開催することが発表されました。

出場選手はプロ・アマ合わせて108名、予選ラウンド(36ホール)を終了して上位50位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出する予定です。

前回2021年のダイキンオーキッドレディスでは、小祝さくら選手が優勝を飾っていますが、はたして今年2022年はどうなるでしょうか?

ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地など概要は、以下の通りです。

ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地など概要
大会名称
第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

開催日程
2022年3月3日(木)~3月6日(日)

開催コース
琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)
6,590ヤード・パー72
〒901-0608 沖縄県南城市玉城字親慶原1

賞金総額
1億2,000万円

優勝賞金
2,160万円

前年優勝者
小祝さくら

スポンサーリンク

ダイキンオーキッドレディス2021の見どころ

ダイキンオーキッドレディス2022の注目選手としては、やはり昨シーズンの賞金女王・稲見萌寧選手をはじめとした若い世代の選手たちでしょう。

黄金世代で前年の優勝者・小祝さくら選手やその下のプレミアム世代の選手たちの仕上がりも気になります。

そして、アメリカツアー組の選手たちが出場も期待されますが、渋野日向子選手は同時期にシンガポールで開催予定のHSBC女子世界チャンピオンズに出場するため残念ながら欠場となります。

その他、畑岡奈紗選手、笹生優花選手、古江彩佳選手、上田桃子選手もHSBC女子世界チャンピオンズにエントリーしており欠場となります。

そして、沖縄のゴルフといえば風です。

風が吹いた時の各選手のゴルフが見どころとなるでしょう。

風が強く吹いた時のラウンドでは多くの選手が風に翻弄されてオーバーパー続出ということもありました。

歴代優勝者を見ても風に強い選手が多く、風対策が勝負の明暗を分ける可能性は大きいといえます。

スポンサーリンク

ダイキンオーキッドレディスの歴代優勝者

ダイキンオーキッドレディスは長いシーズンのひとつの試合ではありますが、スタートダッシュという意味でも大事な一戦といえます。

そして、開幕戦の優勝者がそのシーズンの賞金女王レースを引っ張っていることも多いので、このダイキンオーキッドレディスでの優勝がシーズンを占うひとつの指標にもなるといっていいでしょう。

ダイキンオーキッドレディスの歴代優勝者を見ると、2010年以降は韓国勢など海外勢に押され気味でしたが2019年に比嘉真美子選手が止めました。

最多優勝回数は不動裕理選手とテレサ・ルー選手(台湾)、アン・ソンジュ選手(韓国)の2回、連覇記録はテレサ・ルー選手の2連覇(2015・2016年)の1回のみです。

ダイキンオーキッドレディスの歴代優勝者は、以下の通りです。

ダイキンオーキッドレディスの歴代優勝者
2022年(第35回)西郷真央
2021年(第34回)小祝さくら
2020年(第33回)新型コロナウイルスの影響により中止
2019年(第32回)比嘉真美子
2018年(第31回)イ・ミニョン(韓国)
2017年(第30回)アン・ソンジュ(韓国)
2016年(第29回)テレサ・ルー(台湾)
2015年(第28回)テレサ・ルー(台湾)
2014年(第27回)オー・サタヤ(タイ)
2013年(第26回)森田理香子 ※横峯さくらとのプレーオフ
2012年(第25回)斉藤愛璃 ※三塚優子、李知姫(韓国)とのプレーオフ
2011年(第24回)インビー・パーク(韓国)
2010年(第23回)アン・ソンジュ(韓国)
2009年(第22回)三塚優子
2008年(第21回)宋ボべ(韓国)
2007年(第20回)米山みどり ※辻村明須香とのプレーオフ
2006年(第19回)西塚美希世
2005年(第18回)藤野オリエ
2004年(第17回)宮里藍
2003年(第16回)不動裕理 ※中野晶とのプレーオフ
2002年(第15回)藤井かすみ
2001年(第14回)不動裕理
2000年(第13回)藤野オリエ
1999年(第12回)井上陽子
1998年(第11回)金愛淑(韓国)※村井真由美、大金寿子とのプレーオフ
1997年(第10回)高又順(韓国)※具玉姫(韓国)とのプレーオフ
1996年(第9回)リー・ウェンリン(中国)
1995年(第8回)マーニー・マクグァイヤ(ニュージーランド)
1994年(第7回)福嶋晃子
1993年(第6回)城戸富貴
1992年(第5回)パティ・シーハン(アメリカ)
1991年(第4回)エミー・ベンツ(アメリカ)
1990年(第3回)高須愛子
1989年(第2回)パティ・リゾ(アメリカ)
1988年(第1回)黄璧洵(中国)

スポンサーリンク

ダイキンオーキッドレディス2021のテレビ中継予定

ダイキンオーキッドレディス2022のテレビ中継は、例年通り地上波TBS、BSはBS-TBS、CSはTBSチャンネル2とゴルフネットワークで予定されています。

また、テレビ放送の他、RBCラジオでは大会期間中、生中継でダイキンオーキッドレディスの情報をお届けします。

テレビ中継の詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波:TBS系列
1日目 2022年3月3日(木) 17:20~17:50(録画・RBCローカル)
2日目 2022年3月4日(金) 24:15~25:15(録画・RBCローカル)
3日目 2022年3月5日(土) 15:00~15:54(生中継・TBS・MBS・RBC他)
最終日 2022年3月6日(日) 15:30~16:54(録画・TBS系全国ネット)

BS:BS-TBS
2日目 2022年3月4日(金) 18:30~19:30(録画)
3日目 2022年3月5日(土) 19:00~20:00(録画)
最終日 2022年3月6日(日) 17:30~18:54(録画)

CS:TBSチャンネル2
2日目 2022年3月4日(金) 10:30~12:30(16〜18番ホール生中継)
3日目 2022年3月5日(土) 9:20~12:15(1番ホール生中継)
最終日 2022年3月6日(日) 7:30~10:15(1番ホール生中継)

CS:ゴルフネットワーク
2日目 2022年3月5日(土) 13:00~14:00(録画)
3日目 2022年3月5日(土) 23:30~翌0:30(録画)
最終日 2022年3月6日(日) 20:15~23:45(録画)

※放送時間は変更になる場合があります。

国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールやメルセデスランキングは、こちらをご参照下さい↓

国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールは?メルセデスランキングも
こちらでは、国内女子ゴルフツアー2022のスケジュールやメルセデスランキングなどについてまとめました。

ダイキンオーキッドレディス2022のライブ配信予定

ダイキンオーキッドレディス2022はテレビ中継の他、動画配信サービス「GOLFTV」にてインターネットによるライブ配信も予定されています。

「GOLFTV」の視聴は有料で、視聴契約が必要です。

詳しい配信スケジュールは、以下の通りです。

ライブ配信:「GOLFTV」
1日目 2022年3月3日(木) 11:00~17:00
2日目 2022年3月4日(金) 9:30~15:30
3日目 2022年3月5日(土) 11:00~16:00
最終日 2022年3月6日(日) 9:30~15:00

※配信時間は変更になる場合があります。

「GOLF TV」の視聴や料金など詳細は、こちらからどうぞ↓
「GOLF TV」

ダイキンオーキッドレディス2021の日程と開催地~まとめ

今回は、ダイキンオーキッドレディス2022の日程と開催地、見どころ、歴代優勝者、テレビ中継予定などを見てきました。

ダイキンオーキッドレディス2022は3月3日(木)~6日(日)まで4日間の日程で、沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で、女子ゴルフのトーナメントでは唯一の沖縄開催となります。

出場選手は、2022年開幕戦ということで出場資格を持つほとんどの選手が出場してくるものと予想されます。

見どころは、黄金世代を中心とする若い世代の選手たちの仕上がりと強風が吹いた時のゴルフをあげたいと思います。

歴代優勝者は海外勢に押され気味でしたが、近年は日本人選手が盛り返しており、確実に世代交代が進んでいます。

なお、新型コロナウイルスの影響によりダイキンオーキッドレディス2022は1日3,000人を上限とした有観客試合となり、テレビ中継は地上波はTBS、BSはBS-TBS、CSはTBSチャンネル2とゴルフネットワークで放送予定、ライブ配信は「GOLFTV」で予定されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

国内女子ツアー
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント