原英莉花のクラブセッティング2019最新版!シャフトは男子並み!

プロテストに合格して2018年からツアーに参加している原英莉花選手ですが、リゾートトラストレディス2019でついに念願のツアー初優勝を飾り、その後も優勝争いに何度も加わる活躍を続けています。

原英莉花選手は、黄金世代といわれる選手のひとりで、現在二十歳のゴルファーですが、あのジャンボ尾崎プロの愛弟子でもあります。

恵まれた身体能力を持ち、飛距離が武器なのはゴルフファンならすでにだれもが知るところですが、それを支える原英莉花選手の14本のクラブセッティング2019最新版は、どんな感じなのでしょうか?

今回は、初優勝を果たした原英莉花選手のクラブセッティング2019最新版を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

原英莉花のクラブセッティング2019最新版

原英莉花選手といえば、高い身長から繰り出される切れ味鋭いショットが魅力が思い浮かびます。

女子プロ屈指のスイングスピードの速さを見ていると、原英莉花選手のクラブセッティング2019最新版はかなりハードスペックなのではないかと想像されますが、思った通りシャフトなどスペックは男子プロ並みのかなりのハードスペックとなっています。

ウッド系はドライバー、スプーン、クリークの3本、ユーティリティは1本、アイアンは4番からのクラブセッティングでいかにもパワーヒッターという印象を受けます。

クラブ契約先はミズノですが、随所にこだわりも見せています。

では、詳しく見ていきましょう。

【過去のCM】ミズノゴルフCM 原英莉花プロ(30秒)

原英莉花のドライバー2019

ミズノ:「ミズノプロ モデルE」(8.5度)
シャフト:三菱テンセイCKプロオレンジ50(46.5インチ・フレックスX)

原英莉花選手のドライバーは、ミズノですが注目すべきはそのスペックでしょう。

ロフト角は8.5度、シャフトのフレックスXというのは女子プロ離れしていて、もはや男子プロ並みです。

やはり持って生まれた身体能力に加えて、師匠のジャンボ尾崎プロによる厳しいトレーニングによって相当なパワーを身につけているのでしょう。

アメリカ・ツアーのミシェル・ウィが同じようなタイプで、「日本のミシェル・ウィ」ともいえるクラブセッティングですね。

スポンサーリンク

原英莉花のフェアウェイウッド2019

ミズノ:「G410 フェアウェイウッド LST」(3番14度)
シャフト:三菱テンセイCKプロオレンジ60(43.5インチ・フレックスS)

テーラーメイド:「M2 フェアウェイウッド」(5番18度)
シャフト:三菱テンセイCKプロオレンジ70(42.75インチ・フレックスS)

フェアウェイウッドは2本で、スプーンとクリークを入れています。

おもしろいのはクリークのみテーラーメイドの「M2」を入れている点です。

以前はクリークもミズノだったようですが、よほど「M2」を気に入ったのでしょう。

テーラーメイドの「M」シリーズはプロゴルファーからの評価も高いだけにドライバーとスプーンにも波及するかもしれませんね。

シャフトのフレックスは、スプーン以下はSで統一されています。

原英莉花のユーティリティ2019

ミズノ:「GX ユーティリティ」(3番19度)
シャフト:MCH80(フレックスS)

多くの女子プロがユーティリティを2本バッグに入れている時代ですが、原英莉花選手は1本のみです。

ロフト角19度は、次のアイアンとの流れを意識した印象を受けます。

原英莉花選手のパワーなら3番アイアンも打ちこなせると思いますが、よりやさしく狙えるということでユーティリティを入れているのでしょう。

原英莉花のアイアン2019

ミズノ:「ミズノプロ918アイアン」(4番~PW)
シャフト:NSプロ1050GGH(フレックスS)

アイアンは4番アイアンからという流れで、シャフトはスチールのフレックスSということで、やはり女子プロとしてはかなりハードなスペックですね。

ユーティリティが1本なのは4番アイアンを入れているからで、ここにもパワーヒッターらしさが表れています。

ユーティリティからの飛距離の穴もなく、クラブセッティングとして完璧な流れといっていいでしょう。

原英莉花のウエッジ2019

マスダゴルフ:「スタジオウェッジ ジャンボモデル」(51度・59度)
シャフト:NSプロ モーダスプロトタイプ

ウエッジは、マスダゴルフの「スタジオウェッジ ジャンボモデル」ということで、もろに師匠の影響が見られます。

尊敬する師匠ですし、教わっていればイメージも似てくるということなのでしょうか。

51度と59度の8度のロフト角の差は、やや気になります。

原英莉花のパター2019

オデッセイ:「EXOパター ROSSIE」

パターは、タイトリストの「スコッティ・キャメロン」を使用していた時期もありましたが、現在はオデッセイを使用しています。

原英莉花の使用ボール2019

ブリヂストン:「ツアーBX ボール」

3ピース構造のスピン系のボールですが、飛距離性能も十分出るので高い評価を得ているボールです。

風に強く、打感もいいと評判です。

原英莉花のスイング


原英莉花選手のスイングは、長身を生かしたダイナミックで切れの良さを感じさせるスイングで、まるで男子プロのスイングを見ているようです。

スイングの速さもさることながら、最大の特徴はダウンスイングでのタメにあるのではないでしょうか。

高いトップでためたエネルギーをダウンスイングにおいても解放せずにインパクトに向かっていきます。

下半身はすでに飛球線方向に向かって動いていますが、クラブヘッドはまだ下りてきません。

そして、インパクトで一気にそれまでためていたエネルギーが解放され、ボールに伝えられます。

原英莉花選手は身長だけでなく、手足も長いので遠心力もかなりのものと思われます。

飛ばしの条件がすべて備わっていて、見ていて羨ましいスイングですね。

このショットにショートゲームさえかみ合えば、いくつ優勝してもおかしくなさそうな気がします。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

原英莉花の身長体重などプロフィールは?インスタグラムもおすすめ!
こちらでは、原英莉花選手の身長体重などプロフィールやインスタグラムなどについてまとめました。スラリとした長身を活かしたロングドライブが持ち味の原英莉花選手ですが身長もかなり高そうです。日本女子ゴルフ界にはいなかったタイプだけに気になります。

原英莉花のクラブセッティング2019最新版~まとめ

今回は、初優勝を果たした原英莉花選手のクラブセッティング2019最新版を見てきました。

原英莉花選手のクラブセッティング2019最新版は、クラブ契約先のミズノ中心ですが、随所にこだわりも見られパワーヒッターならではの男子プロ並みのスペックになっています。

師匠のジャンボ尾崎プロの影響からかスイングも強靭な体力を感じさせる非常にダイナミックなものです。

層の厚い黄金世代の中でも抜群の飛距離を誇る原英莉花選手ですが、今後の活躍からますます目が離せません。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※プロゴルファーは状況に応じて使用クラブを変えるため、実際使用するクラブセッティングは異なる場合があります。

コメント