石川遼のクラブセッティング最新版!パターまでの14本とシャフトも

スポンサーリンク

石川遼選手が日本プロゴルフ選手権2019で3年ぶりの復活優勝を飾るとともに、”プロゴルファー日本一”の称号を得ました。

身体的には腰痛に、技術的にはドライバーに悩まされてきた石川遼選手ですが、日本プロゴルフ選手権2019ではドライバーショットも好調で、これにパットもよく入っての優勝でした。

そんな石川遼選手の復活優勝を支えた14本のクラブセッティング最新版は、どんなものだったのでしょうか?

今回は、ドライバーからパターまでシャフトも含めた石川遼選手のクラブセッティング最新版14本を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

石川遼のクラブセッティング最新版

石川遼選手はあまりクラブセッティングを変えるタイプではありませんが、腰痛から復帰後はドライバーを、日本プロゴルフ選手権2019ではパターを変えています。

もっともパターに関しては元のエースパターに戻しただけということですから、変えたうちには入らないかもしれません。

石川遼選手の2021年最新のクラブセッティングは、ドライバー1本以下、フェアウェイウッドが3W(スプーン)1本、ユーティリティが2本、アイアンは5~8番の4本、ウエッジ5本、パター1本の14本の構成になっています。

最新版では5Wと7Wを抜いてユーティリティを2本入れ、さらに9番アイアンを抜いてウエッジを5本体制にするというクラブセッティングに大きく変更されています。

なお、ブランドは14本のクラブだけでなくボールまですべてキャロウェイで統一されています。

以前は全体的には非常にオーソドックスでパワーヒッターのクラブセッティングといった印象でしたが、現在はユーティリティやウエッジなど非常に個性的なクラブセッティングに変化してきているように思われます。

石川遼のドライバー2022

キャロウェイ:「ローグST MAX LS」(ロフト10.5度)
シャフト:?

石川遼選手の使用するドライバー2022は、「エピック MAX LS」から同じキャロウェイの「ローグST MAX LS」に変更しています。

ロースピンモデルということでロフト角は8.5度から10.5度に大きく変わっています。

石川遼のドライバー2021

キャロウェイ:「エピック MAX LS」(ロフト8.5度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD HD-7(長さ47.5インチ・フレックス:TX)

石川遼選手の使用するドライバー2021は、「マーベリック」から同じキャロウェイの「エピック MAX LS」に変更しています。

石川遼のドライバー2020

キャロウェイ:「マーベリック440」(ロフト9度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD XC-7(長さ45インチ・フレックス:TX)

石川遼選手の使用するドライバー2020は、460㏄の「サブゼロ」から440㏄の「マーベリック」に変更しています。

ヘッド体積が440㏄とやや小ぶりのモデルですが、おそらく石川遼選手にとってはこちらのほうがアドレスも取りやすく振りやすいのでしょう。

石川遼のドライバー2019

キャロウェイ:「エピックフラッシュ サブゼロ(トリプルダイヤモンド)」(ロフト9度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT-7(長さ45インチ・フレックス:TX)

ドライバーは、同じキャロウェイの「エピックフラッシュ サブゼロ(ダブルダイヤモンド)」を使用していましたが、腰痛からの復帰後はトリプルダイヤモンドに変えています。

石川遼のフェアウェイウッド2022

3W(スプーン)
キャロウェイ:「ローグST トリプルダイヤモンドT」(ロフト?)
シャフト:?

石川遼選手のフェアウェイウッド2022は、2021年の3W(スプーン)1本から3W(スプーン)と5W(クリーク)、7Wの3本体制から3W(スプーン)のみの1本体制に大きく変わっています。

そして、使用モデルも「エピック スピード」から同じキャロウェイの「ローグSTトリプルダイヤモンドT」に変更しています。

また、ロフト角やシャフトの詳細はわかっていませんが、ドライバーのロフトが大きく変わっていることを考えると3W(スプーン)のロフトもかなり寝かせていると推測されます。

石川遼のフェアウェイウッド2021

3W(スプーン)・7W
キャロウェイ:「エピック スピード」(13.5度・21度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD HD-7(フレックス:TX)

5W(クリーク)
キャロウェイ:「マーベリック サブゼロ」(ロフト17度)

シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT-8(フレックス:X)

石川遼選手のフェアウェイウッド2021は、これまでの3W(スプーン)1本から3W(スプーン)と5W(クリーク)、7Wの3本体制になっています。

そして、使用モデルも3W(スプーン)は長い間使用してきた「XR16」から同じキャロウェイの「エピック スピード」に変更、5W(クリーク)は新たに「MAVRIK サブゼロ」を入れ、さらに7Wに3W(スプーン)と同じ「エピック スピード」を採用しています。

石川遼のフェアウェイウッド2020・2019

3W(スプーン)
キャロウェイ:「XR16 フェアウェイウッド」(13.5度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT-7(フレックス:X)

石川遼選手のフェアウェイウッド2019・2020は、現在の最新モデルである「エピックフラッシュ サブゼロFW」ではなく、2016年モデルを使用しています。

ドライバーは最新モデルなのにフェアウェイウッドは旧モデルを選択しているのは、何か特別な愛着があるのでしょう。

あるいはうまくいっているスプーンで、わざわざ変える必要性を感じていないということかもしれません。

石川遼のユーティリティ2022

キャロウェイ:「APEX UW(ユーティリティウッド)」(21度・24度)

石川遼選手は前年はユーティリティを抜いていましたが、2022年はユーティリティ2本体制で臨みます。

ユーティリティ2022のモデルは、「APEX UW(ユーティリティウッド)」で、その名の通り、ウッドとユーティリティの中間をいくモデルです。

5Wと7Wの代わりになるモデルといっていいでしょう。

石川遼のユーティリティ2019

キャロウェイ:「Xフォージド UT アイアン」(21度)

ユーティリティはウッドタイプではなく、アイアンタイプを選択しています。

この辺りに長い距離でもできるだけピンポイントで攻めていきたいという石川遼選手の気持ちが見て取れます。

中空ボディ構造で、タングステン・インナーウエイトを内蔵することにより、低重心&高慣性モーメントでやさしさとコントロール性能を追求しています。

性能はいいですが、1本34,560円(税込)というお値段はちょっと高いですね。

石川遼のアイアン2022

5~8番アイアン
キャロウェイ:「APEX TCB」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

石川遼選手の使用アイアン2022は、前年と同じ「APEX TCB」ですが、9番アイアンを抜いた4本体制に変更されています。

抜いた9番アイアンはウエッジに変わっています。

石川遼のアイアン2021

5~9番アイアン
キャロウェイ:「APEX TCB」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

石川遼選手の使用アイアン2021は、2番~4番アイアンを外して5番アイアンからのセッティングに変わっています。

マッスルバックモデルから「APEX TCB」に変更となっています。

石川遼のアイアン2020

2番アイアン
キャロウェイ:「マーベリックプロ アイアン プロトタイプ」(19度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD115(フレックス:X)

4~9番アイアン
キャロウェイ:「APEX MBアイアン プロトタイプ」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

石川遼選手の使用アイアン2020は、ユーティリティ・タイプのアイアンを抜いて、代わりに「マーベリック」の2番アイアンを入れています。

4番からのアイアンのシャフトは、手元のしなりを抑えて粘り感があるダイナミックゴールドに近いフィーリングで振れるという「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」を数年前から採用しています。

石川遼のアイアン2019

3番アイアン
キャロウェイ:「APEXプロ アイアン」

4番~PW
キャロウェイ:「APEX MBアイアン」

アイアンは今シーズンから4番アイアン~PWに関してはマッスルバックのモデルに変更しています。

より一層の操作性を求めたのに加えて、音やフィーリングにもこだわっての変更とのことです。

ただし、3番アイアンのみ、やややさしいモデルを選択しています。

石川遼のウエッジ2022

43度・47度・52度・56度・59度
キャロウェイ:「JAWSウェッジ プロトタイプ」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

石川遼選手の使用ウエッジ2022は、4本体制から5本体制となりました。

モデルはすべて「JAWSウェッジ プロトタイプ」で統一されています。

石川遼のウエッジ2021

48度・52度・56度
キャロウェイ:「JAWS フォージド」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

59度
キャロウェイ:「マックダディ 2 ツアーグラインド」
シャフト:日本シャフト「NS PRO MODUS3 SYSTEM3+」(フレックス:X)

石川遼選手の使用ウエッジ2021は、従来通り4本体制となっていますが、モデルは48・52・56度が「JAWS フォージド」、59度のみ「マックダディ 2 ツアーグラインド」を採用しています。

 

石川遼のウエッジ2020

48度・52度・58度・60度
キャロウェイ:「マックダディ・フォージド」(48度・56度)
キャロウェイ:「Xフォージドウエッジ・ニュー・ビンテージ」(52度)
キャロウェイ:「JAWS ウエッジ」(60度)

石川遼選手のクラブセッティング2020の最も大きな注目ポイントがウエッジでしょう。

PWの代わりに48度のマックダディを入れて、60度のJAWSも新しく採用して試行錯誤を繰り返しています。

石川遼のウエッジ2019

50度・58度
キャロウェイ:「Xフォージド ウェッジ ニュー・ビンテージ」(50度)
キャロウェイ:「マックダディ 2 ツアーグラインド ウェッジ」(58度)

ウエッジは、キャロウェイの50度と58度の2本体制ですが、個人的には少々意外な気がしました。

ロフトの差も大きいですし、距離の穴ができてしまいそうな気がします。

その辺はクラブを開いたり、スイングなど技術でカバーしようということなのでしょうか。

石川遼のパター2022・2021・2020・2019

オデッセイ:「ブラックシリーズ プロトタイプ iX パター#9HT」

パターは、日本プロゴルフ選手権2019から変えていますが、以前から使用しているパターに戻しただけなので、やはりエースパターのフィーリングが安心感があるのでしょう。

日本プロゴルフ選手権2019では平均パット数が1.5870で2位だったということで、復活優勝に大きく貢献した1本といえます。

石川遼の使用ボール2022・2021・2020・2019

キャロウェイ:「クロムソフト X ボール」

石川遼選手の使用ボール2022はキャロウェイの「クロムソフトX」で、コア2層+カバー2層の4ピース構造で、飛距離性能に優れたタイプのボールです。

スピン性能にも優れ、打感はソフトですがノーマルと比べるとやや硬めです。

その他、主なプロゴルファーのクラブセッティング一覧(男子・女子別)は、こちらからどうぞ↓

プロゴルファーのクラブセッティング一覧を男子・女子別で!
こちらでは、主なプロゴルファーのクラブセッティング一覧を男子・女子別でまとめました。プロゴルファーのクラブセッティングを参考にしつつアマチュア・ゴルファーも体力やヘッドスピードなどを考慮して自分に合ったクラブを選んでいきたいところです。

石川遼のクラブセッティング最新版~まとめ

今回は、ドライバーからパターまでシャフトも含めた石川遼選手のクラブセッティング最新版14本を見てきました。

石川遼選手のクラブセッティング最新版は、ドライバー1本以下、フェアウェイウッドが3W(スプーン)1本、ユーティリティが2本、アイアンは5~8番の4本、ウエッジ5本にパター1本の14本の構成で、5W(クリーク)と7Wを抜きユーティリティを2本入れ、アイアンは9番アイアンを抜いてウエッジ5本体制になっています。

日本プロゴルフ選手権2019ではドライバーとパターの変更が見事に当たり復活優勝につながりましたが、あまりクラブは変えない石川遼選手とはいえ、調子に合わせて今後もクラブセッティングのマイナーチェンジは繰り返していくことでしょう。

コンディションさえ良ければ、どんどん勝てる選手だけにさらなる活躍を期待したいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※プロゴルファーは状況に応じて使用クラブを変えるため、実際使用するクラブセッティングは異なる場合があります。

クラブセッティング石川遼
スポンサーリンク
コタローをフォローする
ゴルフライフをエンジョイするためのサイト

コメント